テリー・ヘイズ『ピルグリム』

テリーヘイズ_ピルグリム_1 テリーヘイズ_ピルグリム_2 テリーヘイズ_ピルグリム_3
テリー・ヘイズ
『ピルグリム〔1〕 名前のない男たち』
『ピルグリム〔2〕 ダーク・ウィンター』
『ピルグリム〔3〕 遠くの敵』
(山中朝晶 訳、ハヤカワ文庫)


映画の脚本家として活躍していた作者による、小説デビュー作。
処女作にも関わらず、いきなり(文庫本)3巻というヴォリューム。そしてそれがその年の各ランキングに選ばれちゃうっていうんだから破格。

アメリカの諜報組織に属する十万人以上の諜報員を日夜監視する極秘機関。この機関に採用された私は、過去を消し、偽りの身分で活動してきた。あの9月11日までは……引退していた男を闇の世界へと引き戻したのは<サラセン>と呼ばれるたった一人のテロリストだった。彼が単独で立案したテロ計画が動きはじめた時、アメリカは名前のない男にすべてを託す!巨大スケールと比類なきスピード感で放つ、超大作サスペンス開幕。

<サラセン>の存在とそのテロ計画は、アメリカ政府の知るところとなった。暗号名<ピルグリム>を与えられた男は、すぐに追跡を開始する。敵の目標は?その手段は?手がかりはたった二回の電話傍受記録のみ。トルコへ飛んだ<ピルグリム>は、そこで謎めいた殺人事件に遭遇する……一方<サラセン>のテロ計画は決行へ向けて着々と進んでいた。はたして<ピルグリム>の追跡は実を結ぶのか?超大作白熱の第2弾!

<サラセン>のテロ計画は、ついにその準備を終え、実行の日が迫っていた。かすかな手がかりをつかんだ<ピルグリム>は、最後の望みをかけて<サラセン>の過去を追う。まったく姿の見えなかった敵の姿がおぼろに浮かびかけ、衝撃が<ピルグリム>を襲う。だが、計画決行までの時間は残り少ない。意を決した<ピルグリム>はついに危険極まりない賭けに出るが……雄大なスケールで驚異のマンハントを描く超大作、完結!


ここ数年で読んだ海外モノの中でもトップクラスの面白さじゃなかろうか。
凄いよこれ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


いやもうこれは面白い。
面白過ぎる。

多少の展開の強引さはありつつも、全3巻の長さが全く無駄にはなっていないし、濃密でかつスピード感があるという感覚を保ちつつ一気読み。訳文もスムーズでストレスなく読むことができましたし。

この長大なヴォリューム(というと大袈裟かもしれませんが)は、テロ計画の準備を綿密に描いているからというのもありますが(この部分がめっちゃ面白い!)、<ピルグリム>と<サラセン>という2人の主人公の過去や生い立ちを描写するのに大きく紙面を割いているから、というのが要因でしょうね。所々で、2人に関する印象的なエピソードを盛り込み、どちらも疎かにしていない。丁寧。で、それが後々、物語の終盤で効いてくるんだ…。
遊牧民を(も)指す<サラセン>、巡礼者/放浪者を指す<ピルグリム>。テロリストと諜報員の行路は、正に無数の国を旅するかのよう。そういった地球レベルの舞台、アメリカ大統領(良いキャラ!)まで巻き込んだスケールの大きさを持った小説でありながら、最終的には2人のプロによる「個の戦い」に落とし込んでいる。そこが凄い。その手腕が見事。2人の人物造形に魅かれ、ストーリーに引き込まれることによって、読み手が感じる切迫感や緊張感の度合いがまるで違いますから。

「わたし」による回想文という体裁をとっているがゆえに、物語の行き着く先をぼんやりと想像をすることができます。それでもなお失わないスリル感とページをめくるドキドキ感。脚本家出身の作家のミステリに時々ある、単なるテンポの良いだけの作品になっていないところがめちゃくちゃ好印象ですね。読者をむやみやたらと振り回してる感が無いんだ。

基本的には「<サラセン>の計画を追う<ピルグリム>」という構図が物語の大筋ですが、肉付けされた脇役陣の人となりも大きな読みどころ。“個”の物語の趣きの強さについては先に書いたところですが、最終的に物語を決着させるのは、2人に結びついた人との絆だったりするんですよね。それは家族だったり仲間だったり。
そのクライマックスに至って、<ピルグリム>については「一人ではない」ということ、反対に<サラセン>については彼の孤独が浮き彫りになるってのが胸にクる。

<ピリグリム>というのは本書のタイトルであり、主人公のコードネームでもありますが、文中でそれが登場する場面はごく少ないです。最初に「わたし」がテロ計画について知らされて追跡命令を受けた時。それ以降には登場したっけかな?? それくらいの頻度。
それゆえに、遂に<サラセン>との対面&対決を経た物語終盤、オーバルオフィス(=大統領執務室)へと電話連絡する際にその単語が出てきた時にハッとするのです。
それ以降の展開は涙なしには読めん。
傑作。


これ、シリーズ物らしくて、この3冊がトリロジーの第1部らしいです。でも、ここまで最大限にスケールを広げた作品を初めにもってきちゃうと、「世界を股に掛けた諜報戦」という同じ路線で作を重ねると竜頭蛇尾になっちゃう気がしますねぇ…。思いっきり。「ピルグリム」という“個”へとよりフォーカスした作品にならざるを得ないような気がします。

スポンサーサイト

COMMENT 2

VKTRS  2016, 09. 23 [Fri] 18:53

記事を読むのはは寸止めしました。

管理人さんの大オススメなんで、読んでからこの記事を読もうと思って寸でのところで読み止めましたw
読んだ後で良かったら他の方の感想をみるのも好きなんですよね。
違う感じ方や気づきにうならされたりとか。
読み終わったらまた書き込みにきます~。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 09. 24 [Sat] 10:44

VKTRSさん、

わわわわ、責任重大ですな(笑)
VKTRSさんにとって楽しめる作品であることを祈っておりますm(__)m

Edit | Reply |