CHARON「SONGS FOR THE SINNERS」


CHARON「SONGS FOR THE SINNERS」 (2005)

相互リンクさせていただいているフレさんのブログ「ロック好きの行き着く先は…」で最近何点かゴシックものを紹介されてましたが、それに触発されて男声ゴシックものの傑作、CHARON「SONGS FOR THE SINNERS」です。
CHARONはフィンランドのゴシック・メタル・バンド。カロンの渡し守の「カロン」ですね。カコイイ。昨年(?)残念ながら解散してしまいましたが、本作は結果的にラスト・アルバムとなってしまった5th。痛恨の極みですわ。音楽的には、最強のメランコリック・メタル・バンドSENTENCEDをズズッとゴシック寄りに持って行ったような感じでしょうか。J-P Leppaluoto(Vo)の色気たっぷりのディープ歌唱がVille Laihiala様と同タイプであることもその印象を強めています。J-Pの方がよりセクシーでグラマラス、Ville様の方がよりざらついて男っぽい声ですかね。

突然だが、男前ヴォイス選手権というのがあると仮定しよう。トーナメント方式で、誰の声が一番「男前」か?を競う競技だ。いや、待ってくれ。ツッコミたい気持ちは分かるし過去に同じような記事読んだことあるかもしれない。よく分かるがもうちょっと続けさせて欲しい。さてこの選手権、決勝戦の取組は間違いなく「J-P Leppaluoto VS. Ville Laihiala」だ。若き刺客J-Pと最強の王者Ville。接戦接戦、勝負つかずの延長戦…の末、「J-P、お前には負けたよ」「Villeさん、こちとらもう指一本動きまへんがな」…互いに相手を称えつつガッと抱き合う、といった展開だろうか(意味不明)。

と、いうくらいJ-Pの声は「男前」です(笑)

ノリノリ・ゴシック系よりは重量感がありつつもノッペリとした質感とは無縁にダイナミックにロックする、そんな作風にJ-Pのセクシー・ヴォイスによる哀愁メロディが乗る楽曲は完全にMyツボど真ん中。おまけに時々ゲスト女性Voをフィーチャーしたり、ギターが短いながらも印象的なソロをとったりとしっかり存在感があるのが堪らん。
雰囲気モノに陥り易いこのジャンルにおいて、本作の各曲のキャラ立ちの良さは素晴らしいと思います。いきなり女性Voで始まる①ColderからCHARON独特の世界に引きずり込まれます。耽美な雰囲気に逃げずに、しっかりと盛り上がるアレンジと明確なメロディ・ラインが素晴らしいです。かといって妖しさはいささかも曇らず。この曲だけじゃなくてアルバム全編に共通して言えることですが。Gtソロ良し。②Deep WaterはJ-Pの渋声が映える名曲。ギターのテーマ・メロディ、サビ後のブリッジ・パート~Gtソロのフックのある流れが◎。④Rain⑦Ride On Tearsは数少ないアップテンポの曲ですが、ヒリヒリするような叙情を纏わせているところがポイントです。J-Pのヴォーカル、「男前」度全開。特に前者のサビの歌い回し、「Tragedy by trust,~」のところ最高。
上記の曲が気に入ってますが、他の曲も重苦しくドゥーミィな曲、諦観溢れるバラード、グラマラスかつドラマティックな曲と(割と)幅広く揃っており飽きさせません。
そしてそして本作の(個人的)評価を数段レベルアップさせる神曲にして終曲バラード⑩House Of The Silent。女性Voとチェロを絡ませながら気怠げな声で歌うJ-P。静かに、でもダイナミックに展開する、この胸を締め付けるメロディは何なの!?甘過ぎないのがいいなぁ。その珠玉の歌メロを受けて、ランニング・タイム3:48程から始まる号泣のギター・ソロ。エンド・ソロ・ファン(私だ)垂涎の2分半の名演。完璧だわ。

文句無しの名盤です。

因みに製作はバンドと名手Mikko KarmilaによってFINNVOXスタジオで行われています。また、元SENTENCED、現THE MAN-EATING TREEのVesa Ranta(Dr)がアートワークを担当、AMORPHISのSanteri Kallio(Key)とTomi Koivusaari(Gt)がゲスト参加とフィンランド的に最高の体制が整えられています。

【お気に入り】
⑩House Of The Silent
④Rain
⑦Ride On Tears → PV
②Deep Water
①Colder → PV
スポンサーサイト

COMMENT 2

フレ  2012, 05. 19 [Sat] 19:54

メモメモ…

ふ〜ん、こういうのがあるんだ…。
メモしときます(笑)。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 05. 19 [Sat] 23:22

フレさん、

コレおすすめです。
フレさんが男声ゴシック・メタルをあまり聴かないことを承知で強くオススメです(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【CHARON「SONGS FOR THE SINNERS」】
  • CHARON「SONGS FOR THE SINNERS」 (2005)相互リンクさせていただいているフレさんのブログ「ロック好きの行き着く先は…」で最近何点かゴシックものを紹介されてましたが、それに触発されて男...
  • 2012.05.20 (Sun) 01:05 | まとめwoネタ速neo
この記事へのトラックバック
  •  Charon - Songs for the Sinners
  • Charon - Songs for the Sinners (2005)  先日自分がゴシック系を取り上げていた頃にブログ「重金属と共にあらんことを」をやってるヒゲスカさんが自身のブログでこのCharonっつうのを取り
  • 2012.05.29 (Tue) 21:30 | ロック好きの行き着く先は…