KAMEN RIDER GIRLS「Rush N' Crash/Movin'on」

kamenridergirls_rushncrash_movinon.jpg kamenridergirls_rushncrash_movinon_ord.jpg
KAMEN RIDER GIRLS「Rush N' Crash/Movin'on」 (2016)

5人編成になった、覆面乗手的ガールズ・ユニット=KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)のシングル。10枚目。両A面扱いの2曲と、そのインストゥルメンタルVer.を収録。
なんかシュールなジャケだなぁ。2種類並べると余計に。

①Rush N' Crash
「作曲:DJ HurryKenn + 作詞:藤林聖子 + アレンジ:Ryo」、かつヴォーカル・ディレクションは鳴瀬シュウヘイということで、典型的KRGSカッコイイ系のアップテンポ曲です。OTODAMA SEA STUDIOのライブで初めて聴いた時に確信しましたが、超好みの路線ですわ。ヘヴィなギター・リフと、曲中何度もドドドドッ!って拍車を掛けてくるDrパターン(打ち込み?)が特徴の曲で、猛烈にかっこええ。ちょっと暗めのヴァースから、掛け声パートを含むブリッジで明度を増して、ギュイーンッ!ってギターから爆発力を備えたサビに入って視界がパッと開けるという流れも、正に王道ですね。
私は特に、2番の後の「奇跡はー! 今の時間と繋がっているよ」のところがすっげー好きで、歌詞の内容と相まってブワッと鳥肌立つんですよね。そこから雪崩れ込むGtソロも、タッピングを織り交ぜたりして聴き応え抜群。
しかし「カオスティック ワールド」って歌詞はさすがにナシだろ(笑)。ケイオティック(=Chaotic)でしょふつー。

②Movin'on
がバンド・サウンド主体のHR/HMだとすると、こちらは打ち込み主体のポップ・チューン。
この曲、渋谷duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンの時に初披露されましたが、その時のレポ前シングル曲であるNext stageを指して「これ、もしかして同じ人が書いてるのか…?」って書きましたが、それがどうやら正解だったようで (ドヤァ 実際はそのKAYと、etsucoという人の共作としてクレジットされています。
Next stageと同様、哀愁のある歌メロこそが楽曲の肝となりますが、打ち込みによる(実際以上に感じる)スピード感とグイグイと前に進んでゆく推進力がより強いです。ハワイで撮ったMVの映像も、いつにない爽やかさ&ガーリーさでウヒョー♡
MVのショートVer.は → コチラ。

3トラック目は③[GIRLS TALK vol.1]というボーナストラックで、文字通りメンバーが喋ってるものです。しかもかなりのヴォリューム(40分超え)。
収録曲目を最初見た時は、「おいおい、お喋りなんて入れなくていいから曲をもっとくれよ」って思いましたが、インタビュー形式じゃなくて女子会での会話のようなフリーダムさが上手く働いたんでしょうか、いざ聴いてみるとこれがめっぽう面白い。一応、台本というか企画内容は決められており、それに沿ってリーダーである井坂仁美が進行を務めるんですが、なんだろなこのメンバー達の飾ってなさというか、素を剥き出しというか、アイドルっぽくないというか。むしろ芸人というか(笑)。つーかめちゃくちゃ仲良いなw
メンバー全員が揃ってないのに収録始めちゃうとか、物真似とか、ドッキリとか、(アイドルなのに)う○この話とか、黒い眼帯とか、おっ○いとか…etc…。
あまりに面白いので、[GIRLS TALK vol.2]が収録されている通常盤も買っちゃった。お喋り聴きたいがために。それ以外の収録曲は同じなのに。
そして、何でこんなお喋りを何回も聴いてんだ俺?、ってなりました(笑)。


ついき
 ↓



【CD+DVD】形態のDVDには、②Movin'onのMVと、今年5月にハワイで行われた『ホノルル駅伝&音楽フェス2016』に参加した際のドキュメンタリー映像が収録されています。

調べてみると、ホノルル駅伝って全6区なんですね。なので5人のGIRLSだと1区間足りないわけで、遠藤三貴が2回走ってる。
因みにチームKRGSのゼッケン・ナンバー=108番は、煩悩の数ですね(関係ない)

ドキュメンタリー映像は、インタビューを織り交ぜながら5人が走る様子を順番に映していますけど、黒田絢子が一番余裕があるかな。ニコニコしながら走ってるからそう感じるのかもしれないけど。で、逆に一番キツそうなのは井坂仁美。走りながら喋ってるけど、そうなのよ、普段からランニングに親しんでいるわけじゃない人が長距離を走ると、背中と肩が痛くなるのよ。姿勢を維持するための筋力が足りなくて。(経験者談)

CDでのトークもそうですけど、この映像を見ていて改めて感じたのは、音楽的な部分と全く関係ないところでいうと、アイドルって、メンバー同士がお互いに仲良さそうじゃないと(少なくとも傍から見た時にそういう風に映らないと)、魅力的には思えないんだな、っていうこと。私にとってはね。ピリピリしたところが表出してほしくはないな。
その点から言うと、メンバーの卒業(=脱退)が続いた後に加入したのが、ホンワカした黒田絢子で良かったな、とは思います。

あ、そうそう。
Movin'onのMVで、黒田嬢、厚底の靴で踊る草原でのシーンがすげぇやりづらそうですよね。最後の方なんてよろけてないか?ww


スポンサーサイト

COMMENT 0