誉田哲也『ドンナ ビアンカ』

誉田哲也_ドンナビアンカ
誉田哲也『ドンナ ビアンカ』 (新潮文庫)

誉田哲也の、女刑事・魚住久江シリーズの2作目、『ドンナ ビアンカ』を読みました。
1作目『ドルチェ』は短編集でした(感想は→コチラ)が、これは長編。

虫けら同然の人生で、初めて落ちた本気の恋。それは俺に心からの幸福と、地獄を招いた――。大手外食企業役員と店長が誘拐された。練馬署強行犯係の魚住久江は、一課時代の腐れ縁・金本らと捜査に召集される。だが身代金受渡しは失敗、切断された体の一部が送りつけられる。やがて捜査線上に浮かんだのは、一人の中国人女性。一課復帰を拒み所轄を生きる女刑事が、事件の真相を追う!

作風は変わってませんね。サクサクと読むことができる上に、長編ならではの面白さもある。
1作目よりは好きー。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


1作目の同様、主人公の強力な魅力で引っ張ってゆく小説ではありません。どちらかというと主人公・魚住というより、村瀬の方に感情移入するもんね。魚住の客観的な視線を以って淡々とかつ冷静に、でも温かい視線で、そして丁寧に描写される事件模様。
そんな具合ですので、同じ誉田作品でも姫川玲子シリーズほど読後に強烈なものを残さないし、武士道シリーズほど主人公(達)を愛おしく思わない。誘拐という現在進行形の事件を描いているおかげで、かろうじてミステリ的なスリリングさを堅持してはいるものの、村瀬と瑶子の今後がどうなっちゃうのかしらもう!?ってヤキモキするのが物語の主軸な気がします。

読みながら「誘拐という設定を作者がどう纏め上げるのだろうか」という楽しみを感じますが、それはあんまり報われないかな。事件の構図は割と早い段階で薄ぼんやりとしながらも気づきますし…。
まぁそういうトリック面を味わう小説ではないということで。


シリーズ物の今後の楽しみとして、魚住と練馬署の同僚である峰岸との関係の行方が気になりますね。
(いや、別に気にならない)

スポンサーサイト

COMMENT 0