パスピエ「永すぎた春/ハイパーリアリスト」

パスピエ_永すぎた春ハイパーリアリスト
パスピエ「永すぎた春/ハイパーリアリスト」 (2016)

「ヨアケマエ」に続く、2016年第2弾シングル。
新曲3曲+カヴァー1曲の計4曲を収録して税抜き1,000円って、(シングル盤としては)破格の安さですね。パスピエって若いファンが多いからこの価格設定って嬉しいでしょうし、逆に言うと、こういう試みをやっているから若いファンが(も)集まるんじゃないかとか考えちゃう。このバンド、マーチャンも安いしね。
既にファンになっている人からガッツリ吸い上げてやろうってスタンスのアーティストには、見習って欲しいよほんと。

リードトラックが2つある、「両A面」シングルです。
前作でちょっと驚かされた、リズム隊を目立たせることによってバンドの力強さを押し出したような音作り、これが踏襲されています。いいね、とても好み。

①永すぎた春
一般的にシングル曲というと、一発で耳に残るような「ツカミの良さ」が求められるような気がしますが、これがそういうタイプの曲じゃない。どこかフワンフワンした感じが漂っているし、浮遊感のあるサビなんてここだけ目立たせようという意図は全く感じず、むしろ全体の流れの中に埋没させようとしてるかのよう。なんだか歌謡曲というより洋楽ロックっぽさを感じる曲作りなのよね。それでいて、そこはかとなく日本情緒があるんだけど。
MVは → コチラ。

②ハイパーリアリスト
「何千回だって~ 何万回だって~」というサビのリフレインで一気に視界が開けるような、よりはずっとシングル曲っぽいシングル曲。今までのパスピエ流リードトラックの特徴を順当に引き継ぐタイプだと思います。
MVは → コチラ。

③REM
一聴、メロコアっぽい疾走感に驚きますが、すぐにリズムの凝り具合やシンフォの取り入れ方が、パスピエならではの個性を主張していることに気づきます。大胡田なつきが歌うからこその切なさがありますし。スピードを上げながらサビに突入するところなんて堪らんですね。個人的には彼らの楽曲の中でも上位に来るであろうキラー・チューン。これは良いわ。
しかしヴァースの単音リフはこのバンドには珍しいパターンかも。

④今日も雨
シンガーソングライター、倉橋ヨエコのカヴァー。寡聞にして存じ上げない方です。
ポツリポツリと丁寧に言葉を置いてゆくような大胡田の歌唱がほとんど全てを決定付けているような曲ですね。まぁ地味っちゃあ気味なんですけど、ただ、ラストのジャジーなピアノソロがすんごく良くって、そこまで辿り着くのが楽しみになるのです。


タイプの異なる4曲を収録した、聴き応え抜群のシングル。
まだまだ彼らの(というか成田ハネダの)アイデアは枯渇してなさそう。

スポンサーサイト

COMMENT 0