KAMIJO生誕祭 『 Rose Fes -Supported by UUUU- 』@ 東京キネマ倶楽部&ダンスホール新世紀

KAMIJO生誕祭 『 Rose Fes -Supported by UUUU- 』  東京キネマ倶楽部&ダンスホール新世紀 (2016/7/18)

kamijo_rosefes_20160718_timetable.jpg

妙にケバケバしい 艶やかなアクトが勢揃いとなった、KAMIJO兄貴の生誕祭イベントに行ってきましたぁん。
場所はキネマ倶楽部。そして同じ建物の2階にある、ダンスホール新世紀。Shall we ダンス? これ以上は無いってほどピッタリな会場ですな。

13:00開演のイベントですが、私が会場に着いたのは14:30くらい。受付でリストバンドとタイムテーブルをもらって2階⇔5階を行き来、入退場も自由な仕組みです。長丁場なだけにこれは助かります。実際に外に出るかどうかはともかく、ルール上そうなっているかどうかで、(大袈裟だが)気の持ちようが大きく変わるのだ。


DEATH METERU
エレベーターは関係者用になっていましたので、階段を昇ってキネマ倶楽部に着くと、ちょうど始まるところでした。VersaillesJupiterのTERU(Gt)によるデスメタル・バンドとのこと。なんだこのユニット名は(笑)。VoはKAMIJOソロでコーラスとってるCHISEI、BaはCROSS VEINのShoyoたぁんです。
暗転したら「ダフォッセ、ラッセ、クッセ」っていうから、あぁこりゃSLIPKNOTだな、と。
で、全編SLIPKNOTのカヴァーだった。
デスメタル成分はあるけどデスメタルじゃないじゃん(笑)。TERUのことだから(?)北欧色強めなのを期待してたんだが。硬派なところだとAT THE GATESあたり。軟派なのだとIN FLAMESあたり。
シングルGtだからか、リズム隊だけやたら目立っていましたね。リフのザクザク感がもっと欲しかったです。全体的にタイトじゃなくって垂れ流し感強し。CHISEIも声は太いもののキビキビしてないし、どこか調子っぱずれだし。
まー、遊びと言えば遊びなんだが。
<セットリスト>
全てSLIPKNOTのカヴァー。
742617000027からのPeople = Shitで始まって、The Heretic AnthemとかWait And Bleedとか。
良く覚えてねぇ!
つーか、「あーこんな曲あったなぁ…」とか思いながら聞いてて、曲の判別ついてねぇ!(笑)


ここで「KAMIJO PARADE」なるものがある予定でしたが、中止ですと。
つーか、場内放送のお兄さん、ボソボソ喋ってて何言ってるかよく聞き取れないです…。
あと転換は1回ずつ即席の幕でステージを覆って行われるんですが、音合わせ含めてどうも進行がグダグダな気がします…。
これはイベント全体が押すフラグか、、


DEZOLVE
KAMIJOソロバンドの山本真央樹(Dr)が在籍するフュージョン・バンド。
彼のDrはKAMIJOソロには合っていない、というかHR/HMタッチの楽曲には合っていないと考えますが、フュージョンなら話は別。真央樹(24歳)でさえ最年長という、めっちゃ若いバンドでした。でも出してる音は、このイベントの場では異質であろう、本格派フュージョン。しかもインスト。
「まおきー!」「かわいー!」等というイエロー・ヴォイスが飛び交い、その人気者っぷりにちょっと驚きますが、馴染みが薄いであろう音楽性を前にした観客からはポツポツと離脱者が…、、
個人的にはなかなか面白かったですけどね。
本領発揮とばかりの真央樹はめっちゃ上手いものの、これ見よがしなプレイはほとんどしません。それよりはメロディ楽器であるところのGtやKeyを前面に出している感じ。で、そこにブリブリとBaが絡んでゆく。技巧の応酬こそあれ、それほどロック的熱量を帯びている音ではないですね。カラッとした大人のフュージョン。
自分達のオリジナルを4曲プレイ。最後の曲意外にも、もっとはっちゃけたところや派手なインタープレイがあっても良かったと思います。


ダンスホール新世紀にKayaをチラッと観に行こうとしましたが、進行が押してるので時間がねぇ!
諦めてそのまま次の夢劇場待機。


夢劇場
「夢劇場」つったらDREAM THEATERでしょう。
参加メンバーに「Mao」って書いてあるのは知ってたけど、MaoってあのMaoか!ってなったのは当日。本人がツイートしてたから(笑)
というわけで、LIGHT BRINGERFuki CommuneのMao(Key)に、Versailles/元Jupiterのリズム隊2人に、KAMIJOバンドのMeku(Gt)の4人による、ドリムシ・インスト・カヴァー・セッションです。Maoの参加は(Drの)YUKI繋がりでしょうね。
YUKIはこういうテクニカル系の音楽が好きだって知ってたけど、MASASHI(Ba)もそうなのね。ドリムシTシャツを着てた彼、John Myungオマージュで高い位置でベース構えて弾いたら、弾き難くて驚いた、とか言ってましたが。

薔薇の末裔の2/5がいるし、現KAMIJOバンドのリードGtがいることもあって(Mekuへのイエロー・ヴォイスも大きい)、やっている音楽の内容とは不釣合いなほどファンが集まってます。
そしてそれに見合う熱演だったと思います。フロアの大半を占める女性ファンの中には、圧倒されてるのか、ドリムシを知らないのか、単に出している音自体に興味が無いのか分かりませんが、ポケーッとなっている人も多かったと思います。だが少数ファン(私含む)は大喜び。YUKI自身、すっげー楽しそうにプレイしてたしね。

上手い。巧い。げきうま。

Maoは横に置いた楽譜を見ながらの演奏でした。逆に言うと、よく横向きながらあれだけ忙しく弾けるわけで、やっぱり彼はすげーよ、すげー。一番好きな鍵盤奏者よ。
Mekuはあんまりギター・ト-ンに個性がある人じゃないんだけど、これは巧いわ。そのクールさが小憎らしいくらいスムーズな運指がやばしやばし。
タイプ的にはパワー・ヒッターではないYUKIですが、スネアのキメの時の響きは、驚くほどMike Portnoyでした。
MASASHIいっつもポーカーフェイスだから分からないけど、結構ミスってたような気はする(笑)。巧いけど。

インスト・パートの長さには定評のある(?)ドリムシですが、純粋に丸々1曲インストゥルメンタルというと、各アルバムに1曲ずつくらいかしら? 必然的に取り上げる曲は決まってくるわけですけど、好きなアルバムなだけに「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」(1999)からの2曲は嬉しかったですね。
特にラストのThe Dance Of Eternityな。この最高難度鬼畜楽曲の名前を、YUKIが紹介した瞬間に「マジか…、、やるの…か…?」という溜め息が漏れ出た。
コレが凄まじかった。この1曲でチケ代の元は取った。軽々と。
ユニゾンの嵐ですわ。GtとBaに、GtとKey、そして全楽器一丸となって。何も考えずに観てると、誰に視線を向ければいいのか分からなくなるくらい見所が多いので、意識的にMaoを観るようにした時間が長かったんですけど、すげー。ものすげー。フレーズ一発一発の難易度やタイム感もそうなんだけど、一瞬で音色を次々と変えつつ弾きこなしてゆく様子がもうネ申懸ってますがな。
山本さぁぁああん!!
Stream of Consciousnessをやらなかったのは、私が失神しちゃわないように気を使ったんでしょうな(時間足りないからだろ)。
そういえばMao、懐かしのPURE ROCK JAPANの時のTシャツだったね。“EXTRA”じゃなくてラブリーで本戦出た時のやつ。
<セットリスト>
1.Overture 1928 (DREAM THEATERカヴァー)
2.Erotomania (DREAM THEATERカヴァー)
3.Hell's Kitchen (DREAM THEATERカヴァー)
4.The Dance Of Eternity (DREAM THEATERカヴァー)


CROSS VEIN
さぁさぁオレ的メイン・アクトですよ。
しっかし客減ってるなぁ…。。まぁ、しょうがないか。ちょうどダンスホール新世紀とも被ってるし、向こうではそろそろ主賓である兄貴が登場する時間でもありますしね。
持ち時間は25分。目いっぱい詰め込んだとして、5曲か…? 時間に追われるってのは貴族らしくないような気もするが、このご時勢しょうがない。

お馴染みのJULIA嬢によるピンポンパンポ~ン前説からスターt…、、ってオイオイ、全然時間に追われてねーな! いつも通りじゃないか(笑)。それに続くのがRoyal EternityのSEからの大作Eternal Dreamということで、こりゃ4曲しかできんなw
アルバム「ROYAL ETERNITY」のジャケのドレス+ティアラ姿の麗しきJULIAたぁんは、かつてこの会場で行われたワンマン公演の如く、ババーンッとバルコニー状のサブステージから登場!
「逝くわよ!」
行くわよってあなた、イベントの主役でもないのにそういうド派手な事やると、女性V系ファンから嫌われるよw (いいぞもっとやれ

やはりこの会場とバンドとの相性、そしてJULIA嬢のステージ映えは格別です。凄まじい非日常感。私はステージをちょうど真正面から観ていたんですが、ほの青い光りが降り注ぐforget-me-notのイントロでの彼女の姿は、とりわけ印象的なものでした。

あらかじめアナウンスされていたHIZAKI(Gt)のゲスト参加は、3曲目のMaid of Lorraineで実現。まぁこの曲だろうとは思っていましたね。彼、こういう曲好きそうだし。豪華なトリプルGt編成での演奏となりましたが、ひしと視線をキメつつこれでもかとリードを弾きまくるHIZAKIの姿にニヤニヤせざるを得ません。CVメンバーと、特にJULIA嬢と並ぶとその非日常感がさらに増すんだよなぁ(笑) また、CVのギターチームの中にいると、ひーたんの音ってかなり粘っこいのね、と感じました。

明るいメロスピ、Brightest Hopeで締め。Kelly Simonzのバンドで何度もこのキネマ倶楽部でプレイしているYosuke(Dr)は、少々固いところもありつつ、ダイナミックな叩き方とパワフルな音でバンドに馴染んできたし、KeiTaro(Key)はところどころ自分らしいアレンジを盛り込んで、楽曲に新鮮な風をもたらしている。KAMIJO兄貴への祝いの言葉を盛り込んだ後説まで、短いながらもしっかりと自分達の世界観を押し付k…いや、押し出したステージでした。
ワンマンじゃなくてもいいから、ここキネマ倶楽部のステージで演奏するCVは何度も観たいですなー。
<セットリスト>
1.Royal Eternity~Eternal Dream
2.forget-me-not
3.Maid of Lorraine (with HIZAKI)
4.Brightest Hope


CVが終わってキネマ倶楽部のステージはちと間が空くので、外に出て休憩。
鶯谷という場所柄、「休憩」という単語に妙に引っ掛かるものがあるかもしれないが、単にドトールでコーヒーしてただけです。
で、マッタリしてたら、Kelly SIMONZ's bAd TRIBEの出番が終わってた(苦笑)


薔薇の末裔
8月7日、舞浜アンフィシアターでの完全復活ライブの前からして、ショーケース・ライブをやったり、ここで短いステージを披露したりと、何かと色々小出しにしていてキャッキャウフフ、おまえら仲良いじゃねーか状態の薔薇の末裔ことVersaillesの5人です。
メンバーはあんまりもったいぶることなく登場。KAMIJO兄貴も「あっためている時間はない」と言っていたように、なんせ20分間という短い持ち時間ですからね。

さて、何をやるかと思えば、THE RED CARPET DAYzombieという、観客を煽りまくるパートがある曲。後者はこの曲数にしてはちょっとレアな選曲だし、前者の様々なパーツを違和感なくコラージュして繋げたような構成は改めてヘンな曲だなーと思いました(褒めてる)。
あー、やはりこのバンドの各メンバーのバランスは好きですね。楽器陣だけじゃなくて、兄貴のVoも同期も含めた全体の音のバランスね。特に2人のキャラの違いを感じさせながらグイッと前に出てくるギター・プレイの妙には改めて感じ入るところがありました。

私にとってはこのバンドを知ることになった衝撃の名曲、Aristcrat's Symphonyで締め。最高だわ。舞浜での復活が非常に楽しみになってきました。
<セットリスト>
1.THE RED CARPET DAY
2.zombie
3.Aristcrat's Symphony


テツandトモ
ラストのKAMIソロまでどうやって時間を潰そうかなと思案しつつ、そのままキネマ倶楽部のホールで、お笑いコンビのテツandトモのステージを観ることに。
特に期待もしていなかったんですけど、これがめっぽう楽しかったです。転換作業をしているメインステージ部分は目隠しされた状態で、サブステージ上で行われた笑いあり喋りあり歌あり曲芸(?)ありの盛り沢山の20分でした。観ている人を楽しませる為のあれやこれやのアイデア、その周到な準備、当意即妙のやり取り等々に、単純に感心いたしましたわ。まずもってプロの喋りって、滑舌や声の通りからして違うね。
「なんで彼らが出演してるの?」という疑問ですが、実はKAMIJO兄貴と、そしてVersaillesとはワーナー・ミュージック・ジャパンのレーベル・メイトとのことで、今までも色々とやりとりはあったそうな。そんな“テツ” “ツテ”を利用してか、ゲストにKAMIJO自身を向かえてのレアな共演は面白かったです。ノリで自分達の持ちネタである「なんでだろう」のコラボをさせたり(それに応じる兄貴もいいひと過ぎるw)、歌に合わせてKAMIJOに対する質疑応答を引き出すところなんて上手過ぎる。主役を立てた上で笑いを取っているのが分かるから気持ち良いですね。
いやー、良いものを見せてもらいました。


転換が!
長い!
何でだ!?


Princess & Queen
Kaya(Vo)にHIZAKI(Gt)に、LAREINEのリズム隊という、4人組女形セッション・バンド。真っ白い衣装にチェンジしてきたHIZAKIたぁんにもビビったが、JULIA嬢よりさらにヴォリューミーな衣装に包まれたエリマキトカゲ的なKayaが登場した時には、思わず吹き出しちゃった(笑)。で、そのメンバーの登場シーンに1曲分以上の時間使ってるだろっていうw
選曲はカヴァーを3曲。持ち時間は25分なのに。登場シーンを引っ張りに引っ張るから(笑)。ディレイ掛けまくりのHIZAKIのプレイも興味深かったですが、Kayaのキャラはそれ以上に面白いね。「歌ってる時、男」、「喋ってる時、女」なのよね。MCまで含めてトータルとしてこの人の表現なんでしょうけど、それが素なのか、はたまた成りきりっぷりが凄いのか、ヘンに世界観を崩すことなく貫ききっているのが稀有。声域はそれほど広いようには感じませんでしたが、その範囲内で上手い。ただ、何でも歌えるタイプのヴォーカリストというよりは、曲を選びそうな歌唱である気はしましたね。ここで歌った曲はそれなりにハマっており、見事でした。
<セットリスト>
1.au revoir (MALICE MIZERカヴァー)
2.fiancailles (LAREINEカヴァー)
3.Shout & Bites (Versaillesカヴァー)


相変わらず
転換が!
長い!
既に40分くらい押してる?


Fleur
LAREINEメンバーによるステージ。Voは勿論、兄貴です。
このバンド、一部歌メロには「オッ」となる曲はあれど、あんまりピンとこないのよね。メルヘンチック過ぎる。そして演奏にあんまり面白みが無い。特に、リズム隊弱いなぁ。Princess & Queenのステージでも、年末のKAMIJOライブでも感じたことですけど。気のせいか、兄貴の歌唱も無理矢理というか、キツそうな場面が多いようだし。
つーか、時間押してるんだから、曲終わったら花なんてゆっくり投げてないで、早く引っ込んでくれよ~。
<セットリスト>
1.emeraude ~海に魅せられて~
2. Fleur
3.再会の花



KAMIJO Birthday Ceremony
この日のトリには、KAMIJOとコーラス・グループ=Be Choirによる「SYMPHONY OF THE VAMPIRE」を題材にしたコラボ・ステージが予定されていますが、そもそもこの企画、昨年の12月に同じここキネマ倶楽部でやったのが最初で、今回は2回目となります(バック・バンドのメンバーは異なる)。
ステージ後方のスクリーンにて、その時の映像が流されます。1回目に不参加だった私は、そのチラ見せされる映像だけでもちょっとクるものがありますね。当初のイベント名は「もしもBe ChoirがKAMIJOとコラボレーションライブをしたら」を略して「もしクワ」だったようですが、(VTRで)KAMIJO兄貴が「私から提案があります」「MOSHIJOはいかがですか?」とか言い始めて、何言ってんだこの人?ってww
で、この映像が次回コラボの告知になってまして、今年の12月11日に再び両者のコラボ・ライブが行われる予定で(1回目と同じ参加者のよう)、題材は1stフルアルバム「Heart」とのこと。
この告知映像の作りとナレーションがまた大仰なことこの上ないんですよね。

 これはもはやライブではない。

 彼の…、芸術だ。

 HE →  ← ART
 
 (合体ッ!)
 
 HEART


ってくだり、親父ギャグやんけw
というわけで、「MOSHIJO The Next Stage」だそうです(笑)

告知タイムが終わると、テツandトモと髭男爵が司会者として登場、Birthday Ceremonyの時間となりました。ソロバンド・メンバーとBe Choirの面々に加え、一部出演者をステージに迎えて、KAMIJO兄貴へハッピー・バースデーの歌とケーキが贈られました。兄貴、超嬉しそう。そういやJULIAたぁんも本番と同じドレスで参加してましたが、アレ、またこのために着たのかしら?
時間がかなり押しているからでしょう、このセレモニーは短めに済ませましたね。あのくらいの長さで十分よ。一人一人おめでとうコメントなんて貰ってたら、えらいことになってたでしょうからね。


KAMIJO & Be Choir
さて、先の映像で期待値が上がりまくってしまった、Be Choirコラボのお時間です。
セレモニーの後、出演者のみステージに残り、Vive le Roiの合唱が興奮を高めます。
この「SYMPHONY OF THE VAMPIRE」、KAMIJO兄貴の生み出した最高作だと思っており、メロディの煽情力にはズバ抜けたものがあります。CD音源で聴いていても何かよく分からない汁があちこちから出ちゃうのに、それが生クワイア入りってどうなっちゃうの?って。

第一楽章「Presto」が始まった途端、ゾクッとした。
ちょっとコレもしかして物凄いものを観ているんじゃないのか…??

当たり前のことかもしれないですけど、メインVoであるKAMIJO兄貴の声とクワイアの音量バランス、押し引きがめっちゃ的確じゃないすか。兄貴のVoを立てつつ、ここぞというところで時に力強く、時に繊細に楽曲を彩るクワイアが、もう素晴らしいなんの。翳りのあるメロディを明るくぶち壊すこともなく、反対にしっとりし過ぎてロック的なダイナミズムを失うでもなく。
これはもう相互理解と敬意の賜物なんだな、と思いましたよ。
Be ChoirのメンバーからのKAMIJO世界への理解と共感。
KAMIJO兄貴によるBe Choirチームの表現への敬意。

黒い衣装に統一したBe Choirメンバー、男女混成で20数人ほどだったでしょうか、しかつめらしく“お仕事”しているわけじゃないところが良いですね。ヘッドセットマイクを装備したリーダーの長谷川雅洋氏を筆頭に、楽曲の世界観を壊さないための統一感はあれど、自由闊達な雰囲気が素敵です。個々の表情が楽しそうだし、メロイック掲げるし、パートによってはめっちゃ煽るし。でも出しゃばっていないっていう。
観ていてとても気持ちの良い、プロ意識溢れるパフォーマンスでした。

そんなクワイア陣に対して、バンド・メンバーはどうかと言うと、これはいつも通りの感じでしょう。兄貴の歌唱や煽りや踊り(笑)も、いつもと同じです。殊更しゃちほこばっているわけではありません。「SYMPHONY OF THE VAMPIRE」の魅力を余すところなく引き出そうとするバンドと、それを軽々とグレードアップさせるクワイア陣。そういった構図。双方のぶつかり合いではなく、手と手を取り合っての共同作業的ニュアンスを感じました。
やはり、先述したように、そこにあるのは「敬意」なのよね。

第一楽章「Presto」から第七楽章「Throne」まで、全編がハイライト。それでも「遺されたロザリオ~」のところで必ず涙がブワッと溢れ出すんだよなー。つまり2回。

本当に素晴らしく、そして貴重なステージを観させていただきました。サイコー。
12月のステージも是非とも観たいと思います。
<セットリスト>
SE:Vive le Roi
『 SYMPHONY OF THE VAMPIRE 』
1.第一楽章「Presto」
2.第二楽章「Sacrifice of Allegro」
3.第三楽章「Royal Tercet」
4.第四楽章「Dying-Table」
5.第五楽章「Sonata」
6.第六楽章「満月のアダージョ」
7..第七楽章「Throne」


チケ代6,500円って安過ぎだな!
イベントを通しての感想は、どのバンドもステージ登場に時間かけ過ぎ! その時間で1曲できるだろ!(笑)

…っていうことじゃなくて、昨年末のZepp DiverCity Tokyoでのライブでも感じたことですが、歴史を少しずつ少しずつ積み重ねること、そしてKAMIJOの“着飾ってはいるけど飾ってない”人柄ありきの生誕イベントだったなぁ、ということです。ま、彼の音楽的才能ありきの話ですけど。

みんな大好きなんだわ、この吸血鬼のこと。


個人的には、“大事なことは三度繰り返す”的なKAMIJO兄貴の煽りとメンバー紹介が一日のうちに何度も聞けて、もう堪らんス。
勿論、素っ頓狂ハイトーン語尾上げアレンジがデフォな。


スポンサーサイト

COMMENT 0