Mardelas「Mardelas Ⅱ」


Mardelas「Mardelas Ⅱ」 (2016)

KING RECORDSのNEXUSレーベルからのメジャー2ndアルバム。
前作「Mardelas Ⅰ」(2015)の記事で、「次作のタイトルが「Mardelas Ⅱ」じゃなかったら怒る」って書きましたが、ほんとにツーだったツー。 1年ちょいというハイペ-スでのリリースとなりました。


1曲目、隙間のあるオールドスクールなリフがリードするハードロック曲①神風は、MVとして先行公開されました(→コチラ)。前作の時も思ったんですけど、このバンドはMVにする曲の選択を間違っているんじゃないのかなぁ? どうして、アルバム中、最もつまらない/そっけない/意外性の無い曲を選ぶのかね? 下手に冒険しない、優等生的なHR(ハードロックであって、決してメタルの感触じゃない)は、ある意味このバンドらしいところがあるとは思いますが、どうにもインパクトに欠けるオープニングですね。

そののせいでしょうか、シングルを聴いた時にはピンとこない、それどころか酷評と言っても過言ではない感想を書いた②千羽鶴 -Thousand Cranes-(ここではアルバムVre.)がやけに魅力的に響く(笑)。別に、一転して好きな曲になるってことはないんですが、アルバムの中で聴いた方が良いですね。ギターが頑張ってます。同シングルからの曲は⑨4 Dice(こちらもアルバムVer.)も収録されていて、これも印象が良くなってる。Keyが目立つようになったことで、そっけなさが薄らいだかな?
共にシングルVer.とアルバムVer.、聞き比べてないどころか、シングルの方はブログにアップしてから一度も聴いてないので、ぼんやりとした感想になってしまいますが。

これらの曲は、所謂「今までのMardelas」路線を踏襲した曲ですが、その他の曲には「新しいMardelas」を感じさせる曲もあって、全体としては1stより振り幅が広くなっていますね。
蛇石マリナ(Vo)の趣味であろう昭和歌謡全開な④蛇に牡丹 -snake & peony-、意図的に“チャラ”さを出した乾杯系ソング⑤Cheers!!、ロック・バラードではなくもはやJ-POPバラードと言ってよさそうな⑩a little starあたりの楽曲はその最たるところですし、hibiki(Ba)が初めてMardelasに曲提供した⑦HA☆NA☆BIなんて、かなり“遊び”の要素を感じるド明るい曲で、このバンドがここまで突き抜けてくるのかと驚かされます。
のような「隙間曲」を提供する/できるというのも、マリナと及川樹京(Gt)がこのバンドの(特に制作面での)中心にあり、hibikiはそこから一歩引いたような立場にあるゆえでしょうか(事実この曲、最後のほうに出てきた楽曲らしい)。

試行錯誤して自らの可能性を追求して幅を広げていくことは良いと思いますし、バンドが長いスパンで活動してゆくには必要不可欠なことかもしれません。ただ、本作については、その試みが成功している部分とう~~ん??と疑問に思う部分と、両方あるのよね。

成功している点としては、聴き易くなってるってのはそうだし(それが自分の好みに当てはまるかどうかは置いといて)、ライブを組み立てる上で選択肢が増えるということもある。
ただ、それよりも強く感じたのは、樹京のGtプレイが面白くなっていること。意外なことに(失礼)、かなり頑張ってます。お行儀の良いスタイルだけじゃなくて、枠から逸脱するように奔放に弾いてる場面がチラホラ。特にソロね。リフ・メイキングに関しては、相変わらず定石に則ったような、あまり意外性を感じないものが多いですが(というか、本作では作風の変化により「リフ」の重要性が下がっている)。
もしかしたら、曲調が広がったこととは関係ない部分もあるかもしれませんが、例えばでのブルージーなプレイ(特にエンドソロが◎)なんて、曲調がこういったプレイを必要としていたから、と言えるんじゃないでしょうか。

対して後者の、疑問に思う部分。
正直に言うと、こっちの方が多いの。
というか、おっきいの。

マリナに関しては、このブログでも繰り返しているように、正統派HR/HMを歌う女性ヴォーカリストとしては逸材だと思います。歌唱については勿論のこと、作詞者として曲調に合った歌詞を書くことやメロディへの言葉のハメ方も上手いし。
ただ、個性の強い歌い手なだけに、やはりどうしても曲調や曲が求める世界観によっては、合う/合わないっていうのが出てきてしまうわけです。で、今回のこの「Mardelas Ⅱ」は、幅を広げた分、彼女のVoには合わないと感じる曲が出てきたし、「ここまで行っちゃうと(私個人の感性としては)ダメかも」という境界線/閾値が見えてきちゃったような気がします。

単純に言うと、歌唱が板についてない、そういう曲がちらほらある。

歌詞の内容に準じた歌い分けができるという点では、彼女を高く評価しているつもりでしたが、「正統派HR/HMを歌う」という枠から外れると、そこまで器用な人ではないのかもしれない、ということを露呈してしまったかなと。
確かに、はばっちりハマってるし、で吐息まで使って“スレた女子”感を出しているところは、「こんな歌い方ができるんだ!」と驚きました。しかし、上手くハマらない曲では、また、のような曲であっても、彼女が得意とする“いつものビブラート歌唱”に戻っちゃう(もしくは戻りそうな)場面があるんですよね。そこで魔法が解ける。歌詞の中のキャラになりきれていないのか、はたまた、まだそこまで多様な“声”を使い分けることができないのか。

は幼児虐待というか捨て子がテーマのようで、ちょっと幼さを感じさせる抑えた歌唱を披露していますが、我慢できなくなって今にもシャウトしちゃいそうな気もして、ある意味ちょっとスリリング(笑)。
で、一番厳しく感じたのは、実はhibiki曲である。ヴァースのラップ調歌唱にあーだこーだ言うつもりはないんですが、この青春真っ盛り的なキュートなノリは、マリナにはちょい無理がある。いや、うんと無理がある。この乙女っぷりは彼女には荷が重かったな。引っ掛かりのあるリズムが面白いし、曲自体はまぁ悪くないんですけど、図らずも、hibikiの歌メロ・センスとふっきーの相性が良いことを証明してしまったような曲か…な、、…… ι(´Д`υ)
(禁断の、「もしもふっきーが歌ったなら…」という思いがこみ上げてきちゃうもん…)

う~~ん、マリナのVoに対する私のストライク・ゾーンが狭すぎるだけかなぁ??


至らない(と思う)点にばかり目が行くってことはどういうことかって言うと、マイナス点を捻じ伏せるだけの強みに乏しいってことなんですよね。
Gtの泣き成分は前作以上なんですけど、楽曲が放つムードには狂おしいほどの慟哭は感じられず。問答無用の正統派HMの凄みをぶつけてくる曲が無いし、単純に激しさが足りないアルバムなのかも。前作を聴いた時点では、マリナの正統派HMド真ん中歌唱じゃない部分に魅かれていた自分でさえ、このアルバムはちとヌルく感じます。ジャケは無骨で硬派だが、中身はそんなことはなく。

同じキングだからってわけでもないんですけど、なんかこのバンド、陰陽座になりたがってるようにも感じましたね。「和風」ってことではなくて、間口を広く設けたり、音楽性に縛られずに自分達の個性を貫くという点において。そうなるには、上にも書いた通り、マリナのVoでは合わなかったり役不足だったりというのが浮き彫りになっちゃうんだけど。
ま、この1枚だけでバンドの向かう方向性が変わったと判断するよりは、色々やってみて「球種を増やした」っていう風に捉えたいですね。
次作ではヘヴィな方向に揺り戻してくるような気がする。

【好きな曲もあるんですよ】
⑧Moonlight Mirage
メロスピ的な哀愁が滑らかに駆け抜けるコレはかなりの良曲!異様に効いてるボトムと神秘的なKeyが良い仕事してます。
③Loner
疾るGtに爽快感を感じる曲調、ガツガツ刻むリズムが◎。
⑩a little star
歌唱はともかく、このメロディは好きー。


あ、最強のリズム隊である、hibikiと弓田“Yumi”秀明のプレイは今回も素晴らしいです。やっぱり最高。
もっとクリアにBaが分離して録音されていればなお良かったですけどね。

スポンサーサイト

COMMENT 0