VEKTOR「TERMINAL REDUX」


VEKTOR「TERMINAL REDUX」 (2016)

アメリカのプログレッシヴ・スラッシュメタル・バンドの3rdアルバム。前作「OUTER ISOLATION」(2011)からもう5年も経ってるのね。

まずね、ジャケに胸躍るよね。ガンダム世代やSF好きにはめちゃめちゃ響いてくるアートワーク。音を聴く前からプラス方向のバイアスが掛かっちゃう、そんな秀逸さですよこれは。前作のジャケも素晴らしかったですけどね。

全10曲73分超という、かなり長尺のコンセプト・アルバムです。

VOIVODDESTRUCTION」とも評される、このバンドの音楽性。
DESTRUCTIONっていうのは、David DiSanto(Gt&Vo)の声質によるところが大きいでしょう。摩擦係数の大きい金切り声。
VOIVODっぽいっていうのは、近未来的ムード演出、そしてプログレッシヴ・ロック/メタル的な曲展開の導入かと思います。前作で彼らの音に触れた時には、これこそがインテレクチュアル・スラッシュメタルなんじゃないのかと、思ったものです。それだけ、「知的」で、かつ「スラッシュ」としても申し分無かった。

ただ、本作でこの従前の音楽性からちょっと離脱、
…というんじゃないんだけど、バンドの持ち味はそのままに、よりドラマ性を増した方向にシフトしていますね。女性Voをゲストに迎えた曲の存在や、Davidが歌唱表現の幅を広げてきたこと(逆にハイトーン・金切り声シャウトはそれほど使っていない)は分かり易い点ですが、演奏面でも、より振り幅広く、明暗・動静のコントロールがダイナミックになってきたのを感じます。
ストーリーの内容は把握していませんが、物語世界を描くのにより適した演出・表現方法が求められた結果かもしれません。

スラッシュはあまり得意ではない、というかそれほど多くは聴いていない私ですが、これはめちゃくちゃ好みの方向性。
正直に言うとDavidの声は好きなタイプじゃないんですが、このバンドはその他の部分がツボ過ぎる。というか、さらにツボってキた。
リフとリズムのアイデアの豊富さ、練られた曲展開、時折顔を出すドラマティックなメロディ、なおかつ即効性も抜群。私の好みとの相性からすると、理想的なスラッシュかもしれません。しかも、スラッシュの要素のある○○とかじゃなくて、スラッシュらしいスラッシュとして。精緻に整い過ぎて暴虐性を失ってしまうんではなく、しっかりと荒々しさを保っているのが良いです。


冒頭から総力戦の如きドラマティズムを叩きつけてくる①Charging The Voidも、②Cygnus Terminalの終盤のメロディックな展開も、③LCD (Liquid Crystal Disease)⑥Pteropticonの引き攣るようなリフも、間奏のスピード感が凄まじいことになっている⑦Psychotropiaも素晴らしいんですが、このアルバムを特別な作品にしているのが、終盤の展開。

⑧Pillars Of Sandのピロピロ・ギターにいやがうえにも興奮は高まり、クリーンのアルペジオが美しいバラード・タイプの⑨Collapseへ。「バラード」と言ってもDavidのやや濁りのあるダミ声で歌われるので、そこには不器用さや剥き出しの叙情が赤裸々に現れているのよね。ラテン・フュージョンっぽさ漂うパートを経て、後半、アグレッシヴかつ怒涛の展開へと雪崩れ込む様がッ!!!!!! もうギターが泣きまくりでどうにでもして! ←
ラストを飾るのが、本作最長、13分半を超える⑩Recharging The Void。大作なんだけど走ること疾ること。と対を為すような要素と位置付けにある曲ですが、こちらのほうが大団円に相応しく、よりドラマティックですね。クリーンVoと女性コーラスを使った清廉で神秘的なセクションではPINK FLOYDの領域へと迫り、プログレメタル的拮抗を経て10:30、2本のギターがハモるメロディックな疾走の中、全開のクワイヤとダミ声捲し立てが襲い掛かる様に鳥肌!

クッ…、、目から汁が……ッ!

最後の最後にこの2曲が待っていると知っていること、これが大きい。特にね。この曲が無くても飽きずに聴くことのできるアルバムだとは思うけれど、最大級のご褒美というかデザートがあるって分かってたら、その“道中”がより楽しくキラキラしてくるよね、ってそういうことです。
完璧。


アーティスティックでインテリジェントなスラッシュの逸品。
それでいて動物的なところも併せ持つという傑作。
凄いよこれ。

【お気に入り】
⑩Recharging The Void
⑨Collapse
①Charging The Void
③LCD (Liquid Crystal Disease)
⑧Pillars Of Sand
②Cygnus Terminal

スポンサーサイト

COMMENT 0