SIRIUS ROAR「QUALIA」


SIRIUS ROAR「QUALIA」 (2016)

名古屋の女性Vo・メロディック・スピード・メタル・バンドのデビュー・アルバム。
Twitterの「国産インディーズメタル詳しいぞ界隈」(?)でちょっと話題になっていた作品です。

ずばり一言で言うと、「女性Vo版SONATA ARCTICAでしょう、これは。
なんせ狼ジャケだし。
絶・天狼抜刀牙。

ソナタっつっても色々と音楽的変遷を辿っているバンドなだけに、イメージが定まらないかもしれませんが……、、ってそんなこたァないッ!
ソナタと言ったら「疾走感」「キラキラ」「クサメロ」という、我々(?)が愛した初期、1st~3rdまでの「あの」SONATA ARCTICAですよ。
徹頭徹尾メロスピ。
シンフォ風味の強いメロスピ。
溢れる北欧臭。
メロディの煽情力も高い。
衝撃的だと言ってもよいですね。

どこかで聞いたことのある典型的フレーズはそこそこ多いです。それは「型」に忠実だってことであり、その分、安心印がバッチリ押されています。もうキラッキラですわ。「キラキラしてるのだ~いスキ!」なんですよ、メロスパーは。私は別にメロスパーってわけじゃないですけど。
技巧的な主張もあり、演奏力は軽く本家を凌ぐでしょう。特にリズム隊。ライブでは分からないですけど。プログレメタル的な雰囲気を醸し出してるパートもチラホラあります。個人的にはGtの泣きっぷりに強く魅かれました(これはソナタにはあまり感じられない美点)。

ただ、Vo面に関しては「非常に惜しいアルバム」という印象ですね。
紅一点のERIKA嬢(Vo&Violin)の声は好き。めっちゃ好き。HR/HMを歌うのに適したガッツィー&男勝りタイプでは決してない、透明感のあるJ-POP声といってもいいような、やや細めの“普通”声。そのクセの無いVoが、全く余計な色を付けずにメロディの良さをストレートに伝えてくれます。歌唱力で圧倒するタイプではないけれど、必要十分以上の歌い手だと思いますし。とても好印象です。
では何が「惜しい」かと言えば、毎回のように指摘しちゃって申し訳ないような気もしてる(ほんとはしてない)んですが、やっぱ英詞なんですよね。どうして誰も彼も英語で歌おうとするかなぁ?
歌詞は日本語と英語の入り混じりですが、英詞で歌いきれてないところがチラホラ。発音もそうですけど、譜割りもそう。曲が速いからってのもあるんですけど、ただそこに言葉を置いてゆくことに精一杯なところがあります。フレーズの詰め込みに留まり、「歌」になっていないというか。ま、何を歌っているか分からないってことはないですし、程度としてはほんと些細。
また一方で、英詞だからこそこの北欧色の強さがあるとも言え、なんかもどかしいですね(笑)。まぁ私の好みとしては、もう少し日本語詞を増やしていただいた方が…って感じでしょうか。

②Grievous Cry④Moment⑦Revelation⑨Theseといった、典型的北欧メロスピ曲がバンドの主軸だとは思いますが、メロディ・センスと楽曲構成力に秀でていると思うので、ピアノが映える大作バラード⑩Rose Of Truthも素晴らしく響きます。
イントロ~疾走曲に入ってゆくという流れをアルバム冒頭とド真ん中に配置することで、A面B面的な構成になっていることもポイント。

疾走曲中心の作風ながら、そんな中、透明感の高いポップな哀メロが弾ける⑧Turn Overの存在がギラリと光ります(マサ・イトー的言い回し)。あとは③Twilight Timeも同様に気に入っているんですが、この辺が好きなのは、ファスト・チューンよりそういう(ポップな)タイプの曲の方が、ERIKA嬢の良さがさらに活きているように感じるからかもしれません。はアウトロの泣きまくりのGtソロも良いんですよ。
あ、因みに初期ソナタには(良い意味で)ヤケクソ染みた青臭さがありましたが、このバンドの場合、もっと洗練されているので、疾っているとはいえ、そういう青春真っ盛り的ムードは希薄ですね。曲によってはソナタというよりSTRATOVARIUSっぽい。要するに北欧です。要するにMyツボです。


現在、バンドはKey奏者を募集しているようです。音楽性的にも専任の人を入れた方が良いでしょうね。また、ERIKA嬢のクレジットは「ヴォーカル&ヴァイオリン」となっていますが、正直どれが(生の?)Violinの音なのか分かりません。Keyがふんだんに使われているせいもあり、Violinのフィーチャー度合はハテナ・マークです。彼女、ステージでViolin弾くのかな。
※2016/7/8追記:Violinを使っているのは、アルバム後半の序曲的な⑥Sonataのみだそうです。


高品質なメロスピの傑作。
気品の中にちょっぴりJ-POP風の親しみやすさを感じるのがいい。
本作はデビュー作であるだけに過去のマテリアルを形にしたアルバムだと思いますが、今後、このレベル以上の楽曲群を量産できるとしたら末恐ろしいですね。
いや、恐ろしくないです。
非常に楽しみです。

【お気に入り】
⑧Turn Over
③Twilight Time
②Grievous Cry
⑦Revelation
④Moment
⑩Rose Of Truth

スポンサーサイト

COMMENT 0