SABATON「HEROES ON TOUR」


SABATON「HEROES ON TOUR」 (2016)

LOUD PARK 15で初来日し、圧倒的なインパクトを残したスウェーデンのパワーメタル・バンド、SABATONのライブ映像作品。
CDだったりBlu-rayだったりと、色んな仕様がある本作ですが、私はDVDのみ2枚のエディションを購入しました。

ディスク1には『WACKEN OPEN AIR 2015』でヘッドライナー(!)を務めた時の模様が、ディスク2には自身が主宰するフェスである『SABATON OPEN AIR 2015』でのライブの模様が収録されています。共にフルスケールのショウ。

WACKENのような深夜まで続くフェスでは最終出演者がヘッドライナーとは限らないわけで、事実、SABATONがプレイしているBLACK STAGEの隣にあるTRUE METAL STAGEには、次の出演者であろうJUDAS PRIESTのバックドロップが掲げられています。これ、ダブル・ヘッドライナーってことなんでしょうね。

その年のWACKENのタイムテーブルを調べてみると、
 SABATON 20:30~22:00
 JUDAS PRIEST 22:15~00:00

ってなってますね。

SABATONのステージは会場が徐々に暗くなってゆく時間帯に行われており、映像を見ていても、日本の感覚だと「夕方かな?」って感じの光景なんですが、実際はめっちゃ夜やんけ。プリーストの時間帯なんてオイラもうネムネムだよ。

で、肝心のSABATONのライブですけど、こりゃド派手なエンタメ・ショウですね。めっちゃ楽しい。
ラウパ来日の際にも持ち込んだきたDrセットと一体化した戦車、これをステージ上に2台投入。それが動いたり、砲身からドッパンドッパンとパイロをぶっ放したりします。その戦車関連以外にも相当な量のパイロが使われており、これはKISSのショウよりも派手かもなぁー、等と思いながら見てました。

そういった演出面での楽しませ方はあれど、基本的にこのバンド、曲が分かり易いんですな。これは強い。
適度にシンフォを絡めた、キャッチーなメタル。合唱したくなるもんね。
その曲の強力さを後押しするのが、メンバーのパフォーマンスですね。Joakim Broden(Vo)の歌唱力、キビキビしたリズム隊、タイプの異なる2人のギタリストのコンビネーション、ガッツィーなコーラス・ワーク。いずれも不安なところが全くなく、実にパワフルかつ的確です。両ギタリストの手元がアップになったシーンも多く、Thobbe EnglundとChris Rorlandのスタイルの違いがよく分かるのも◎。

そしてこのバンド、パフォーマンスしている時のメンバーの表情が良い。オーディエンスを笑顔にする魅力があります。
特にJoakim Brodenの存在ね。終始グラサン(サングラスというよりグラサンと言いたい何かがあるw)を掛けており、感情が最もストレートに現れるパーツである目が隠れているにも関わらず、なんでそんなに表情豊かなんだこの人?っていう。
つーか、グラサンが顔の一部と化しているからだな。
さいたまスーパーアリーナで初めてSABATONを観た日本のファンは、この笑顔にヤラれてしまったわけですけど、それはこのWACKENの地でも同様。見ていて嬉しくなっちまうと同時に、コイツ、(初めての)日本でだけあの会心の笑みをしていたわけじゃないんだなと、ジェラシーを覚えます(笑/ある意味、当たり前だ)。まぁそりゃWACKENのヘッドライナーは嬉しいだろうけどねー。
あと、エネルギッシュ極まりない胡散臭い動きがサイコーよね。Ghost Divisionが始まった瞬簡に吹き出しちゃう。ニヤニヤとかじゃなくて爆笑に近いw


続いて、ディスク2の『SABATON OPEN AIR 2015』。
SABATONが主宰するフェスとしては、船上でライブを行うという「クルーズ」というのもありますが、こちらは野外フェスになります。日本では考えられないほどのビッグ・アーティストなんですな。
場所は、スウェーデンのファールンにある、スキーのジャンプ場でしょうか。ライブが始まる前にはドキュメンタリーっぽい映像も収録されており、フェス開催に至るまでの簡単なストーリーを楽しむことができます。
因みにこのフェス、2015年の鯖豚以外のラインナップは、KREATORSONATA ARCTICACANDLEMASSLEAVES' EYESFALCONER等々になります。すげー豪華!

このディスク2はちと特殊で、映像はフェスのステージのものなんですが、音源はスタジオ・ライブのものを被せてあります。というのも、ドキュメンタリー部分でその説明がなされていますが、録画&録音したはいいものの、ライブ音源をマルチトラックに落とすのをミスり、使えなくなってしまったからです。
DVDには、ライブ映像にスタジオ(ライブ)音源を重ねた「ライブアングル」のほか、スタジオでその音源収録をしている模様を写した「スタジオアングル」の両方が収録されています。「スタジオアングル」の方は、パソコンで当日のライブ風景を流しながらそれに合わせて歌唱と演奏をライブ・レコーディングしているわけですけど、DrのHannes van Dahlだけ別のブースで録ってて、なんだか可哀想に(笑)。まぁしょうがないですけど。

で、この『SABATON OPEN AIR』、基本的にはWACKENのショウと同じような雰囲気なんですけど、よりステージが小さくファンとの距離が近いにも関わらず、同じ演出をしてるから逆にスリリングなんですよね。「うわ、パイロ危ねッ!」とか(笑)
また、基本同じことをやってたとしても、ちょっとずつ選曲が違っていて嬉しいし、ラストの花火の凄さ・壮観さはWACKEN以上かもしれません。


エネルギッシュなバンドのパフォーマンスと、それに応える熱いオーディエンスを収めた、素晴らしい映像作品。
あと、ドキュメンタリー部分では、関わっているスタッフやファンもすっげー楽しそうに映ってるのがいいよね。ま、編集したりはしてるんだろうけど。


DVD 1
【LIVE AT WACKEN 2015】
01.Final Countdown~The March To War
02.Ghost Division
03.To Hell And Back
04.Carolus Rex
05.No Bullets Fly
06.Resist And Bite
07.Far From The Fame
08.Panzerkampf
09.Gott Mit Uns
10.The Art Of War
11.Soldier Of 3 Armies
12.Swedish Pagans
13.Screaming Eagles
14.Night Witches
15.Primo Victoria
16.Metal Crüe

BONUS MATERIAL
【NOCH EIN BIER – SABATON With Bohemian Symphony Orchestra Prague】
01.The Art Of War
02.The Final Solution


DVD 2
【SABATON OPEN AIR 2015】
01.Final Countdown~The March To War
02.Ghost Division
03.To Hell And Back
04.Carolus Rex
05.Panzer Battalion
06.Wolfpack
07.Attero Dominatus
08.7734
09.Union
10.The Art Of War
11.Saboteurs
12.Coat Of Arms
13.En Livstid I Krig
14.Resist And Bite
15.Swedish Pagans
16.Night Witches
17.Primo Victoria
18.Metal Crüe

スポンサーサイト

COMMENT 4

DD  2016, 06. 29 [Wed] 12:14

 彼らの楽曲ってどちらかというと、初期のACCEPTに北欧系のメロディを混ぜたような感覚ですよね(パフォの形態に多少MANOWARも入ってるかも)?

 聴いた感じが力強さを感じたので、新譜を注文する予定です。

 どんな曲が新譜に入っているのか、楽しみです。(彼らのも結構いろんなCDが多いので、どれを取るべきか迷うところ)

Edit | Reply | 

かつ丼  2016, 06. 29 [Wed] 20:07

新作、発売日が分かった瞬間に
予約しました(笑)
あと初?の日本をテーマにした
曲が収録されているみたいですね
歴史好きとしては嬉しい限り

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 06. 29 [Wed] 21:10

DDさん、

仰る通り、メロディ使いは北欧系ですね。メンバーにKeyはいませんけど、かなり大々的にフィーチャーしてることもその印象を強めているかもしれません。

私も全部を聴いているわけではないのですが、現時点での最新作「HEROES」はなかなかの秀作です。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 06. 29 [Wed] 21:13

かつ丼さん、

私は価格や仕様を見て、輸入盤ですかね。あー、でもライブDVD付きの国内盤ありましたね…。。

「シロヤマ」ですね。「歌詞にも“SAIGO=西郷"が登場する」ってのがなかなかそそりますw

Edit | Reply |