J・A・シーザー リサイタル 2016 「荒野より」@新宿FACE

J・A・シーザー リサイタル 2016 「荒野より」 新宿FACE (2016/5/3)

jaシーザーリサイタル2016_20160503

『J・A・シーザー リサイタル 2016 「荒野より」』を観てきました。2日間のうち、初日のみ。
寡聞にしてJ・A・シーザーのことはほとんど知りません。名前を聞いたことがある程度。かつ当日どんなものが(ことが?)ステージで披露されるか、あんまり分かっていないまま足を運びました。無謀ですな。「まぁ、歌と演奏と演技と踊りだろ?」みたいな(笑)

というのも、プログレメタル・バンドLoszealのヴォーカリストである蜂谷眞未の歌唱を聴くことが、主な目当てだったため。
Loszealデビュー盤「Ideal World」(2015)は素晴らしい内容でしたし、ウチのブログでもその年の年間ベスト記事で選んだほど、気に入っていました。そして、そこに収められた彼女の歌唱は、正に衝撃的とも言える個性に満ちたものでした。
Loszealは今まで一度だけライブをやったことがあるんですけど、当日、私は別の場所でウェーイ!ウェーイ!してたので、そのステージを観ることは叶わず。それ以来、バンドとしての活動は止まってしまいました。というか、メンバー個々がそれぞれの活動に忙しかったんでしょうね。特に、蜂谷は元々女優さんということもあって舞台関係の仕事の予定が色々入っていた模様。
そんなこんなでLoszealのステージを観るのがいつになるか分かんないので(笑)、「もう待ってられんわ!」となって、ちょうど予定を入れられそうなこの日、行ってみようかな、と。因みに、(Loszealの)Baの本郷拓馬と、アルバムにコーラスで参加していたオペラ歌手の竹林加寿子もこのリサイタルの参加メンバーです。というか、おそらくLoszeal自体、このJ・A・シーザー絡みのプロジェクトから派生して生まれたバンドなんじゃないですかね。

会場は、新宿FACE。新宿BLAZEの近くにあり、どうやら同じ系列のイベント会場のようです。初めて行くハコで……、、って実際行ってみたら分かりましたが、ココ、以前は新宿LIQUIDROOMだった場所ですね。懐かしいわー。現在はプロレス等の興行をよく開催しているようです。そういう格闘技の時は、中央にリングが設置される座席スタイルなんでしょうけど、この日は最奥にステージが設定された「劇場スタイル」。
全席指定で、パイプ椅子が並べてあります。当日券はあったようですが、席はソールドアウトしてるように見えるくらいギッシリ埋まってます。客層は老若男女幅広く、雰囲気と服装から察するに、普段ロックのライブというよりは演劇に親しんでいる方々っぽく見受けられる。折り込んであるフライヤーも劇団関係のものがほとんどだし、これは舞台を観に行くという意識が強い客層なんだろうな…と、今更ながら、気づくワタクシ(笑)

ステージは高くて観やすいですが、天井はそれほど高くないビルなので、やや圧迫感は感じますね。また、ステージ上だけでなくフロア前方部分も(通路も!)演出の為に使っており、役者さん達が色々演技していました。日程が迫ってきてからチケットを取ったため、私の席はかなり後方でしたし、着席して鑑賞するスタイルだったので、何をやっているのかほとんど見えませんでしたけどね。
フロアの真横左右にはスクリーンが設置してあり、そこにステージの様子やら歌詞やらイメージ映像やら過去の公演の模様等々が映し出されます。それがなかなか粒子の荒い映像でして(わざとだろうな)、アングラ的雰囲気を盛り上げるのに一役買っていたのはポイント。


出演メンバーを以下にコピペしておきます。


<< 出演 >>
 J・A・シーザー(Vo,Gt,ティンパニ&パーカッション)

 【演奏:AsianCrackBAND】
 飛永聖(Gt)
 a_kira(Gt&Key)
 本郷拓馬(Ba)
 ARUHI(Piano)
 田中まさよし(Dr)

 【演奏】
 谷本健治(Organ)
 山田弥生(Flute)
 多治見智高(Violin)
 大野晶靖(Tuba)

 【コーラス】
 竹林加寿子(ソプラノ)
 斎木智弥(テノール)
 川口詩子(ソプラノ)
 安保弘介(テノール)

 【歌唱】
 蜂谷眞未
 石川詩織
 アマンダ・ワデル(5/3のみ)
 籠原帝子(5/4のみ)
 森ようこ(5/3のみ)

 【演劇実験室◎万有引力】
 高田恵篤
 伊野尾理枝
 小林桂太
 木下瑞穂
 飛永聖
 森ようこ
 高橋優太
 服部愛弓
 今村博
 山本美里

 【舞踏】
 岡庭秀之(開座)

 【スペシャルゲスト】
 榊原ゆい(Vo)



すんげぇ大所帯だな!

ステージは壁いっぱいに広がり、それほど狭くはないんですが、なにしろこの人数と機材ですから、最初はどこに何が設置してあるか、誰がどこにスタンバっているのか、さっぱり分かりませんでした。そもそもシーザーと蜂谷、本郷の3人しか判別できないのでね、私。

折り込みのパンフ、というかチラシには、あらかじめショウ進行が記載されていました。途中休憩ありの6部構成。定刻になるとゾロゾロとほとんど全員の出演者が登場し、そこから3時間弱におよぶステージでした。

楽器や歌唱・合唱、照明だけでなく、様々な小道具(椅子やら額縁やら書物やら諸々の服飾関連の品…)を用いて、視覚面でも訴えかけるステージ。やはり演劇の要素は強いですね。バンドのロック演奏をバックにそれぞれの担当が歌い、演じる。演奏陣は固定で、ほぼステージに出ずっぱりです。で、歌唱担当やコーラス担当、演技担当、小道具担当の人達が曲毎に入れ代わり立ち代わりする形式。
そういうステージ進行なので、【歌唱】と冠されている人たちの出番がとりわけ多いわけではなかったです。ソロ、もしくはデュエットでヴォーカルを担当するのは2曲ほど。アマンダ・ワデル(超絶美女!)のみ、歌唱のほか、コーラスや英語&ドイツ語の朗読等々で大活躍でしたが。

全6部、各部それぞれ、音楽的傾向が異なっていました。共通しているのは、暗く退廃的、昭和っぽい匂いとちょっと猟奇趣味的雰囲気がある点。で、時々ロマンティック。
各部を、おおまかに説明すると以下のような感じでしょうか。
・ゲストVoの榊原ゆいをメインVoに据えての、【第1部】少女革命ウテナ。
・ドロドロした演劇色が強まった、【第2部】ある家族の血の起源。
・スピード感あるロック演奏をバックにシーザーが歌う、【第3部】シーザー 名曲集。
・2曲ずつメイン女性Voが交替しつつムーディな曲を中心にした、【第4部】歌姫絶唱。
・中近東ロマン強めの曲をシーザーが歌う、【第5部】シーザー アラビア想ふ名曲集。
・そして、冒頭と、ラストの「荒野より」で、全員合唱による“シーザー流オペラ”と表現できそうなものを提示。

これね、【第2部】と【第4部】はちょっと趣きが異なるんですけど、私が今までに触れた音楽の中で一番近いのは、THERIONなんじゃないですかね? 勿論、初期のデスメタル時代ではなく、クラシックやオペラの要素を取り入れ、かつその後70年代アングラ音楽へと系統していった、現在のTHERION。ですので、当然LUCIFERIAN LIGHT ORCHESTRA的な色も濃く感じる。まぁ、もっとメロディ使いは日本的だったりするんですが。
そのままLoszealの音楽にも通じるところはありますわね。影響源としては逆なんでしょうけど。

上記THERIONっぽさってのは、合唱や分厚いコーラスってのに依るところも大きいですが、AsianCrackBANDの演奏、そしてそこに管楽器や弦楽器を織り交ぜたバンドサウンド全体が、70年代HR~プログレッシヴ・ロックの要素を感じさせるところにあります。まるっきりRAINBOWみたいなパートも(笑)。
肝は、バンマスのa_kiraのギターワークと、田中まさよしのド派手なドタバタドラミングですかね。各種鍵盤類や、頻繁にソロを取っていたViolinも含めて、バンド演奏の主張はかなり強めで、“音楽として”聴きに来た私にとっては実に美味しいものでしたが、インパクトという点ではこの2人のプレイがデカかったです。(リズムは飛永聖に任せて)常にソロやテーマメロを弾きまくりのa_kiraは、速弾きもバンバン披露してたんですけど、感触はメタルというよりハードロック的なギターでしたね。田中のDrプレイはとにかくアクションが大きい。派手な動きになるようにわざとシンバルを高い位置にセットしてるんじゃないかと疑うほど(笑)。相当ラウドなHRプレイをしていたと思うんですが、Drだけ目立つことのないように、しっかり音量バランスが調整されていたのは見事でした。それは他の楽器にも言えること。フルート・ソロもちゃんと聞こえましたし。

バンド演奏は、パートによっては(特に【第3部】)プログレメタルっぽさすら感じさせ、こりゃあ身体が自然に揺れちゃうことはおろか、メロイック掲げながらヘドバンかましちゃうような熱さがありますよ。だって、演奏してるメンバーだってガンガン頭振ってるし、こんなにギターは泣きまくったり、Violinが引き攣るような叫びを上げているんですよ? まぁ、着席して静か~に鑑賞するスタイルなので必死に我慢しましたが(笑)

ミステリアスな、でも喋ると穏やかなオジちゃんなシーザーは、Robert Fripp(KING CRIMSON)のように座って演奏するスタイル。自ら歌う時はGtを片手に、それ以外はティンパニを叩いていることが多かったですかね。あとは指揮者というか、全体の進行を見張っているような現場監督的な感じ。因みに、シーザー自身がこうやって沢山の人の前で歌うこと自体、とても珍しいことのようです。3度目ですって。ライブも2年半ぶりだとか。
そんなシーザーの声は、ディープで渋い。ただ、節回しには日本臭さというか、ちょっと演歌っぽさがあって、これは演歌を早回しにしてHR/プログレの演奏の上に乗っけたみたいだな、とか思いながら聴いていました。あと、アリスっぽいなとも思った。谷村新司的な(笑)。アリスチャンピオン(笑)。思わず、堀内孝雄が登場して「You're king of kings!」って合いの手入れるかと思っちゃいましたよ ←


そんなわけで蜂谷の歌唱をガッツリ聴くという感じではありませんでした。実質、2曲+アルファ。
担当した曲は、この日から先行発売された「寺山修二劇中歌少女詩集」というCD(物販で購入した)からのバラード調のもので、Loszealらしいメタリックさは皆無でしたので、彼女のVoの劇的&激的な面を聴くことは叶いませんでした。ただ、さすがは女優と言うべきでしょうか、表情や仕草を用いて実際の年齢を飛び越えた役柄(この場合は少女か?)を演じ、歌う様は見事でした。それは同CDで蜂谷と共に歌唱を担当している石川詩織についてもしかり。
蜂谷は妖艶さのある低音がまず目立っていましたが、高音部や声を張り上げるパートでは(Loszealでも聴くことのできる)猥雑さや素っ頓狂な響きがあって、とても良かったです(全然褒めてるような表現じゃないけど確実に褒めてる)。石川は透明感のある声が魅力でした。

メインVoを担当していた人以外も、コーラスも含めて、歌い手であると同時に(時にはそれ以上に)役者なんだな、と感じたステージでした。シーザー曲の中での役柄を演じることに第一義があり、さらにそこにどうやったら自分の個性を注ぎ込めるのか、というスタンスですかね。歌い手の中では唯一人、役者というよりヴォーカリストという印象が勝っていた(そう感じたのは担当した曲のせいかも)榊原ゆいは、MCで喋るまで本人だと分からなかったよ。中華風の衣装と仮面?メイク?のせいで(笑)


しかし、緻密に構築された、静かな中にも熱狂のある、素晴らしいステージでしたね。特にラストの「荒野より」は圧巻だった。ド迫力。人間の声の持つパワーに圧倒されましたよ。大団円に相応しく、各パートが順番にソロを取り、それに合わせてスクリーンにメンバー紹介風の映像が流れるのがクール過ぎた。

時々でもいいから、こういう普段のライブとはちょっと違った、でも関連性のあるアートに触れることは、自分にとってとても重要です。感性をフレッシュに保つ一助となるだけでなく、新たな視点に気づかせてくれるし、自分の好きな対象の長所を(時には短所も)再確認する場にもなるし。
チケット代は6,000円ということで、金額だけ考えると安くはないですが、これだけ出演者/関係者が多く、かつ練りに練り上げられたステージを見せられちゃあ、安過ぎるという印象しかないですね。つーか、普段行ってる対バン・イベントが逆に割高なんだ。
とても楽しめた、貴重な機会でした。

<演目>
【第1部】少女革命ウテナ
【第2部】ある家族の血の起源
【第3部】シーザー 名曲集
      ~休憩~
【第4部】歌姫絶唱
【第5部】シーザー アラビア想ふ名曲集
【第6部】荒野より

スポンサーサイト

COMMENT 4

koma  2016, 05. 04 [Wed] 13:47

No title

通りすがりの者です(笑)

ドラムの田中さんはLoszealの1stライブでサポートで叩いてた方ですね!
(私もそのライブ観てませんがw)
https://twitter.com/LoveShowers13/status/625053755738750976

Edit | Reply | 

のぶ  2016, 05. 04 [Wed] 20:50

レポありがとうございます!
すごい…本当に大所帯ですね!J.A.シーザーは大好きなのですが、身毒丸しか知らないので、ファンとはまだ言い難いです(笑)
それでもJ.A.シーザーの世界観は好きですので、手に入る音源は入手したいなと考えています。
今回のレポを見て、もっと気になってしまいました!楽しみです♪
ありがとうございましたm(._.)m

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 05 [Thu] 13:10

通りすがりのkomaさん、

むをおおおおお!やっぱりそうですよね!?
物販でも田中さんのCDのところにLoszealのアルバムが一緒に並べられていたようですし。

すごく色々なタイプの曲を叩けそうですし、あぁ…Loszealのライブ観たいなぁ…(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 05 [Thu] 13:16

のぶさん、

こちらこそ読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

シーザー作品の一つ一つを取り上げたステージは時々やっているようですが(フライヤーも入ってましたし)、彼のキャリア全体にスポットを当てた今回のような公演は珍しいようですね。
音源は多過ぎて、手を付けようにもどれを…??って感じになっております(笑)

Edit | Reply |