UROBOROS「ZODIAC」


UROBOROS「ZODIAC」 (2016)

天才歌姫・上木彩矢を擁するUROBOROSの2ndミニアルバム。

なんかアー写の彩矢たぁあんが、kawaii!! どころか、kakkoii!! を飛び越えて、kowai!! になってるんですけど(笑)

デビュー作「ANOTHER ARK」(2015)のリリース後、バンドとしてはCD購入者抽選のシークレット・ライブを一本やったのみで、制作活動を続けてきた結果、短いスパンでこの続編が届けられました。
因みに、そのシークレット・ライブの模様は本作【HD EDITION】のBlu-rayで見ることができます(が、私はBlu-ray再生機器を持っていない=買ってないので、まだ見てましぇえん)。

メンバーの出自や音楽性については、デビュー作の感想やバンド始動時の記事(→コチラ)を参考にしていただきたいのですが、基本路線はその前作から変わってません。これだけ間を空けずに作ってるんだからそりゃ変わらんだろとも言えるし、バンドのコンセプトがしっかりしているから揺らがないとも言える。
このUROBOROS、バンドという形態をとっているとはいえ、その音楽性や世界観は黒瀬圭亮 (Composer,Manipulate)が思い描くヴィジョンに依っている部分が非常に大きく、「プロジェクト」と呼んだ方がしっくりきそう。かつ、この2枚目のリリースを経て、音源制作の中心は彼と上木の2人だという構図がさらにはっきりしてきたように思います。インタビューを読むと、コンポーザーである黒瀬が作詞者である上木に対して、かなり細かく(曲の)テーマの説明をしたように受け取れますし。

シンフォニックで、メロディックで、暗くって、技巧的なHR/HMが、7曲(イントロ1曲含む)。
強いて言えば、意図的に曲調を散らしていたように思えた前作よりも、焦点が絞れているのが異なる点でしょうか。方向性はより重く、より攻撃的でダークに。同時に、歌詞から想起されるイメージには、ヒロイックさとファンタジックな色合いを強く感じるので、ダーク・ヒーロー的なカッチョ良さもある。
しかし、上木がこういう歌詞書けるとはなぁ…(驚)

デビュー作は、ウチのブログでも年間ベスト記事で選んだくらいなので、相当気に入っている作品だったのは勿論なんですが、その評価には、提示された音に対する「驚き」と「今後への期待」も含んでいました。
その「驚き」とは、黒瀬の世界観と上木のVoの相性の良さ(というより、両者の化学反応か)、J-POP/ヴィジュアル系音楽を通過した上でのシンフォニックHR/HMとしての質の高さ、バンド・イメージを含めたアウトプットの統一感等々、様々な要素に依るものでしたが、特に英詞の乗せ方と、英詞であっても彼女のVoの良さがまったくスポイルされていないことにはぶっ飛びました。
そして、本作のイントロ①Chokmahに続く②FROM HELLを聴いて、その英詞のこなれ方がさらに進化/深化していて、さらにぶっ飛んだんだよぉぉおお!!
なんだこのヒリヒリとしたスリル感と絶妙な節回しは。

大雑把に言うと、ヴァース~ブリッジが英詞、サビが日本詞という構成は前作から変わっていません。英詞の分量は増えていますけどね。
しかし、その精度というか、英詞に対する追い込みっぷりは凄まじいものがありますね。元々メロディへの言葉の乗せ方は異様に巧い上木ですが、英語で歌うことを得意にしていたとは思えません。しかしこの曲()で、そしてこのミニアルバム全体で聴くことのできる、英詞と日本詞が自然と一体になっている様子に、あたしゃあ大いにビビりまして。
ブックレットのクレジット上は「ジェニファー」「Rei Mastrogiovanni」となっていますが、英詞パートを(おそらくは)英語を母国語とする人にチェックしてもらったようですね。イングリッシュとしての発音やイントネーションが正確かどうかは判断できないところがありますが(オイラ、英語さっぱり喋れんし聞けんし)、曲の中で違和感は覚えないし、むしろ絶妙なハマり具合と節回しが異常なほどかっこいいフックになってますわコレ。特には、収録曲の中でもとりわけ日本詞と英詞を目まぐるしく行き来するキラーチューンですし。

前作にあった特徴や美点は確実に継承されている作品だと思います。
上木のVoの“ロック”を感じさせるノリ・特徴的な歌い回しが、濃厚な黒瀬ワールドの中で一切失われていないのも同様だし、シンフォと(バンド演奏の)メタリックさのバランスが良好な点もしかり。音質もクリア。
サビメロを意図的に際立つように作ってあるのは、J-POP/歌謡曲の方法論によるものであるような気がしますし、それによって、重く激しい音楽にも関わらず、かなり聴き易く仕上がっています。この「聴き易さ」、黒瀬のメロディセンスに依るところも大きいですが、(以前にも触れた通り)上木の声にある「華」がそうさせるってのはあるでしょうね。例えば④ZODIACのサビにあるような、音程がクイッと上がる時の歌唱なんてサイコーですわ。
また、このバンドのメジャー感漂う佇まいってのは、彼女のVo(および、存在それ自体)のおかげでもありますが、メロディがクサ過ぎないってところにも依っているような気はします。クサメタリック(?)になってもおかしくない音楽性であるにもかかわらず、野暮ったさが皆無だもん。黒瀬の作るメロディがそうなのか、上木とのケミストリーによってそうなっているのか…??

メロディックなHR/HMを標榜しているバンドが、ファスト/スピード・チューンで聴き手を一気に引き込むことができるってのは、ある意味当たり前という気もしますし、それができなきゃ致命的だろ、くらいには思います。事実、UROBOROSの“そのタイプ”の楽曲は問答無用にオイラの興奮秘孔を突いてくるわけですけど、彼らの凄みってのはミドルテンポの曲がそれに劣らず強力だってことにも現れていると思うんですね。上木の歌い上げる歌唱がより映えるのが、激重ミドルのドラマティック・チューン。
前作で最もやっべぇぇええ!!ってなった曲はRed Moonだし、本作の③LOST EDEN⑤Infectionも同様にやっべぇぇええ!!ってなります。のサビメロの、グワッと心臓鷲掴みにされる感じは至高。カミキズム120%よ。

演奏に現代的なエッジがあるのも特徴でしょうね。
ゴシカルで古典的な匂いが濃いのに、仕上がりはモダン。チグハグな印象にならないのは、アレンジの賜物とKeyやオケが上手く接着しているからでしょうか。
演奏陣である、大村孝佳(Gt)、中村泰造 (Ba)、笹渕啓史(Dr)各人のプレイはさすがです。大村のGtについては、めっちゃ巧いんだけど、とりわけ個性の強い人だとは思っていなくってですね、でも何でも弾ける人であるがゆえに、このUROBOROSには完璧に調和してる。ソロは割と短くまとめてはいるものの、その鋭さはネ申!って感じだし、リフに絡めるようにピッキング・ハーモニクスやチョーキングを捻じ込んでくる様はエゲツナイDEATH! 重さを保ったまま疾ることだけでなく、跳ねるような躍動感あるパターン(とか)にも強いリズム隊と共に、世界観を過不足無く伝えるという意味では最高の人選でしょうね。
因みに、には前作から引き続き元DELUHI・現Far East DizainのLeda(Gt)が参加してます。こちらもゾクゾクするほどの流麗さで◎。


……とかなんとか、ウダウダ書いてるのがバカバカしくなるほど、ほんとは、むをおおおおおおおおおおおおおおおコレ凄いよぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!!って叫びたいだけなんだ。

前作で感じた、「今後への期待」という部分にも完璧に応えた作品に仕上がったんではないでしょうかね。
歌唱、演奏、メロディ、歌詞、アレンジ、アートワーク周りのイメージ創出…etc…、、全てが明確なヴィジョンの下にガッチリ噛み合った傑作。
具現化したい音世界がはっきりとしているプロジェクトゆえに、今後、似て非なる楽曲を量産できるのか、違和感を覚えさせずに領域を広げてくるのか、はたまた別の地平を目指すのか……、どの方向に向かっても難しいような気もするけれど、興味は尽きないですね。

上木彩矢のことはGIZA時代から大好きで、楽曲にあまり恵まれていない時期には「なんて勿体ないんだ」と思い、彼女の良さが活かされていない環境には(別に関係者でもなんでもないんだけど、一ファンとして)悔しい思いを感じたりもしたんですけど、UROBOROSでこうも見事に私の望んでいた形(バンド組んでしまえ、と思っていた)で“復活”“帰還”してくるとは…。。。。

彼女のヴォーカル。
歌の巧さだけでなく、その声には、凛とした佇まいや妖艶さ、母性を感じる大らかさがあり、そしてUROBOROSの音楽性とはやや無縁だけど、I Sing This Song For Youみたいなめちゃめちゃキュートなところがあることも知ってる。
繰り返し本作を聴いていて、こんなにも上木彩矢の歌が好きだったなんて、と我ながら驚いています。改めて。
何もかもが好みだわ。愛してますよもう。

しかしUROBOROSの、特にこの「ZODIAC」の有り様ってのは、ヒゲスカ的理想郷なんじゃないか、とも感じるなぁ。

【お気に入り、というか特に悶絶】
⑤Infection
②FROM HELL
④ZODIAC
③LOST EDEN
スポンサーサイト

COMMENT 0