Gacharic Spin@渋谷O-WEST

Gacharic Spin Superガチャピ~ンチ!!~サポートボーカル大集合 渋谷O-WEST(2012/5/6)

Gacharic Spin(以下、ガチャピン)のワンマン公演を観に渋谷O-WESTに行ってきました。ヴォーカリスト不在のツアーをサポートVoを迎えてのり切った彼女らですが、今回はそのサポートVoを(ほぼ)全員集めてのワンマン・ライブです。※LIGHT BRINGERのFuki殿がVoを務めた横浜公演のレポはコチラ
前回O-WESTに行ったのはGOLDBRICKの時か、等と考えながらかなり後ろの方の整理番号で会場入りしました。今回ソールドアウトということで会場かなり満員状態です。しかも男率の驚異的な高さよ。LIGHT BRINGERよりも女性少なそうですね。しかしフル・アルバムも出してないバンドがO-WESTソールドとは恐れ入る。

定刻18:00を少しまわってスタート、時間にして全部で2時間強だったでしょうか、結論から言うとこんなに楽しいライブはそうそうないですよ旦那、ってくらい楽しかったです。私、先日のLIGHT BRINGERでも陰陽座でも「楽しい楽しい」とかのたまわってますが、まぁしょうがない。何年か分の「楽しい」をここで消化してるんでしょう、きっと。

ガチャピンのミュージシャン・シップの高さは前回の横浜公演の際に思い知らされたわけですが、今回はそれにプラスしてサービス精神旺盛というか、いかに観客に楽しんでもらおうと考えているか、という部分が特に伝わってきましたね。勿論、横浜公演がそうじゃなかったのではなく、ワンマンの、特にサポートVoが集まるというスペシャルな場でこそのスペシャルなものを見せたい、一緒に楽しみたいというメンバーの思いを感じた、ということです。分かりにくい表現ですが。

オレオレオナ様(Key&Vo)の裏(?)の顔である鈴木玲緒奈を合わせて計8名のサポートVoが、1曲毎に入れ代わり立ち代わり登場して、単独で、はたまたツインでヴォーカルを担当するという形式でした。これが非常に効果的で、ステージ進行にメリハリや(良い)緊張感を与え、次に何が起こるかのワクワク感も維持できるという素晴らしい仕掛けでした。でも、このやり方は大変ですよね、演者としては。そりゃ、一人のVoが何曲か連続して歌って→次のVo→次のVoと繋いでいって最後にまとめてみんなで歌おっか、みたいな流れの方がよっぽど楽でしょう。ガチャピンがその方法を採るとは思いませんでしたけど。
サポートVoはその声質によってガチャピンに合う合わないの差はありましたが、気にはなりませんでしたね。Fuki殿はどちらかと言うと「合わない」方で、実際は「合わせてる」という風に思っていますが、横浜公演の方がバンドに馴染んでいた印象です。それは選曲によるのかもしれませんし、(今回は)ワザとなのかもしれません。私は後者かな、と思ってますが。ガチャピンのフロントを一人で担当する今までの公演と、みんなで分担して、その中で自分の持ち味を発揮する今回のワンマンとではヴォーカリストに求められる役割が異なりますから。かなり「ラブリー声」を披露していたように思います。一番ガチャピンのキャラに合っていたのはBLiSTARのMAYUさんだったかな。東木ヒトミさん(←可愛い)の変に色付けをしないVoも担当した曲に合っていて良かったと思います。

サポートVoの熱演も素晴らしかったのですが、やはりバンドの地力が凄まじ過ぎました。前回に続いて言っちゃいますが、はな(Dr&Vo)ですよやっぱり。以下、横浜のレポをセルフ引用します。

一番の驚きは、はな(Dr)。「あなたは女Mike Terranaですか!」と言いたくなるくらいパワフル。ヴォーカルをとっている時も乱れないし。そして叩き方がかっこいいのなんの!人類史上最も「カッコイイ」叩き方をするドラマーはCozy Powellなわけだ(断言)が、二番目ははなちゃんだ(再び断言)。つまり存命な中では金メダル。特に高めにセットしてあるシンバルをひっぱたく時が神。

興奮したまんま書いた前回のレポですが、まったく訂正する必要はありません。だってホントに凄ぇんだもん。今回のライブ、カメラが入っていたので映像化するのかもしれませんが、はなちゃんのドラムの凄さがちゃんと見ている人に伝わるとは思えないんですね。もどかしいなぁ。あの音の迫力は現場でないと味わえないように思います。チューニングがどうとか、会場での音作りがどうとか、性別がどうとか全く関係なくただただ凄いです。ワイルド&タイト&ビッグで。

そして今回ファン急増中のオレオレオナ様が光っておりました。もうね、一挙手一投足全てがかっこよくて見逃せないんです。キャラ爆発の喋りはいけるし、煽る時・演奏する時の動きがいちいち絵になるし。あ、ヴォーカルもね。
勿論2人だけじゃなくて、バンド4人の自己研鑽っぷりが素晴らしい。大袈裟な言い方ですが、タイト極まりない演奏をしてる上に、振付したりして常にアクションしてますからね。かつ、そのアクションがそれ自体を見せるためじゃなく、客を盛り上げる/楽しませる手段として使われているとこがいいですね。演奏ありき、でね。アイデアだけでなく、フィジカルな訓練も相当積んでるんだと思います。

さてさて、きりがないので私なりに感じたことを箇条書きに。
・新曲披露。1曲はFuki殿担当か?
・その新曲の出来が素晴らしい。
 ミドルテンポでアンセミックな、「モノクロイド」
 仕掛けがいっぱいのシリアス系、「ヌーディリズム」名曲
 特に「ヌーディリズム」のメロディの秀逸さに泣いた。はなのピンと張った声が曲に合う。
・「Alive」のアコースティック・アレンジ素晴らしい。ちょっぴりjazz風ラストはspanish風。
・「Ben-Jan-Dan」聴けて良かった。サポートVo紹介とお絵描き。
・ハイライト「ハンティングサマー」
 回すためだけにショルダーKey持つオレオ→浮き輪で客席頭上をザリガニ・サーフ
・ダンサー増加の「Juicy Beats」
・「どうする事もできない愛の行方」で感じたバンドの底力
・KOGAちゃんが泣くのはセットリストの一部みたいなもん

まだまだ見どころ沢山ありましたが…。

2.5期のガチャピンですが、この後の大阪と名古屋のワンマン公演が終了したら、しばらく国内ライブハウスでのライブ活動はお休みするみたいです。ヴォーカル探しをして体制をきっちりしてから再始動をするんでしょう、おそらく。
その日を楽しみにしていたいと思います。

本当に足を運んで良かったと思える、「楽しい」ライブでした。
スポンサーサイト

COMMENT 2

ドイツ特派員  2012, 05. 09 [Wed] 20:54

いいバンド

お疲れです!私は大阪でメタリックスピン女神バージョンが最初でしたが、ほんと楽しそうで、それがミュージシャンシップから来るものだからなおさら楽しい。まあ、Koga先生が泣くのは曲になってるみたいですw。はなちゃんは凄いですよね、まあパンテラ好きだし、で、叩いてるのはPVでも無茶苦茶カッコいいし、歌上手いし、実は結構可愛かったりするし。いいバンドだと思います。

でも、やっぱりけしからん服装が(以下略w

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 05. 10 [Thu] 20:18

ドイツ特派員さん、

曲名はKoga's Cryingでしょうか?(笑)

普段ドラムに関してはあまり口出さない私ですが、はなちゃんは凄いですね。いちミュージシャンとしてとても高いレベルにあると思います。はなちゃん含めガチャピンは、近年生で観て最も驚かされたバンドの一つですね。

特派員さん、また6/9に関西方面に(偶然)出張とか決まっちゃうんじゃないですか?(笑)

Edit | Reply |