Veiled in Scarlet「Reborn」


Veiled in Scarlet「Reborn」 (2016)

神戸の異臭騒ぎ厳戒態勢・クサ・リーサル・ウェポン・メロディック・デスメタル・バンドによる、2ndアルバム。

メンバーが安定しないバンドとして有名で(?)、1st「IDEALISM」(2012)からも変わってますし、直近のリリースであるシングル「THE UNDERWORLD」(2015)からも変わってます。本作で新たに迎えられたメンバーは、俳優業の経験もあるMiku(Vo)、そしてVALTHUSANCIENT MYTHのメンバーでもあるIzo(Gt)の2人。BaパートはVALTHUSのSATOSHIがゲストで弾いてます。

良くも悪くも、新メンバーの力量や個性が、作品の出来に直結していますね。
天才メロディ・メイカーKeija(Dr&Key)の手腕は、今作でも冴え渡り、全編で悶絶モノの慟哭メロディを聴くことができます。マジ、このクラシカルなセンスは日本の宝。スピーディで即効性のある曲が多いことも、プラスに働くかもしれません。まぁ、彼らの強みは疾走曲のみではありませんけどね。
また、Izoの新加入により、Gtパートの流麗さと押し出しが増し、メタル・バンドとしての地力の強さを今までより感じることができるのは嬉しい点。

ただ、⑦Only Hope RemainsのMV(→コチラ)が先行で公開された時から物議を醸していたのは、MikuのVo。これがなかなか評価の分かれ目だと思います。
個人的にはかなり厳しかったですね。病気がちなグロゥラーが風邪ひいてマスクしたまま歌っているかのような、妙に籠った声(囁き声と評してもいいかもしれない)で、そのあまりの抜けの悪さに、聴いているともどかしいというか、だんだん気分が優れなくなってきます。
「THE UNDERWORLD」の2曲も丸々再録されて入っていますが(歌詞書き変わってますね)、見事にヴァージョン・ダウンしてますし(全然見事じゃない)。シングルで歌った、そしてライブサポでも参加したBleed Outの新行内芳明が加入してくれてたらなぁ…、、、と無い物ねだりをしてしまうところです。
この人選に関しては、リーダー・Keijaの、「これで良し」と音楽的ジャッジを下す基準に疑問を抱いてしまうなぁ…。


ただ、このバンドの音楽性はGtやKeyによる泣きメロが中心なので、Voがどうであろうと、それほど大きな影響はない。


…と言い切りたい気持ちは多分にあるが、そんなことは、ない(笑)

わー!やっぱりオイラ、自然とヴォーカルに耳が行っちゃうよぉ!!
グロゥルであれクリーンVoであれ。
インストであった方が良かったかも…。。


前作は年間ベストの上位に食い込んだ超傑作だっただけに、この失望感はちとデカいですね。前身であるSERPENT時代も含めて、Mikuに限らず、とりわけ秀でたヴォーカリストがいたバンドではないんですが、図らずもKeijaの作るメロディの殺傷力のみがバンドの武器であったことを証明してしまったような作品でもあるかな、と。
ただ、その「唯一の武器」の煽情力が凄まじ過ぎることと、前述したようにIzoの加入によって今はGtパートが強化されたことは強調しておきたいところです。武器は、増えた。ラストの、ViS流バラード⑩Whisper The Loud Silenceの泣きっぷり、間奏でこれぞKeijaたるクラシカル・センスが爆発する⑤Rebornの2曲は図抜けた出来だと思いますし。

因みに、音質は良くなっていますが、前作の時点で特に気にはなっていなかったので、個人的にはそれほどの影響はありませんでした。

【(メロディは)お気に入り】
⑩Whisper The Loud Silence
⑤Reborn
④Buried In Shadows
⑧The Ink Sinks
⑦Only Hope Remains

スポンサーサイト

COMMENT 6

ザ・ニート君  2016, 05. 09 [Mon] 21:51

このヴォーカル、まるで、紙が擦れたり、紙をクシャクシャに丸めるときの音のように聞こえます。

Edit | Reply | 

かつ丼  2016, 05. 09 [Mon] 22:41

このボーカルの人の評価は
不快になられると困るので簡潔に
少し大袈裟ですが
Keijaさんはヨハン・リーヴァの様なボーカルを入れたかったのでは?
声質は似ていませんが...
ただMikuさんは喉の不調を訴えているので
また悪い知らせがあるのではと心配です。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 10 [Tue] 23:10

ザ・ニート君さん、

コメントありがとうございますm(__)m

ああー、言い得て妙だと思いました!
ちょっとザラツキというか摩擦を感じる声ではありますね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 10 [Tue] 23:13

かつ丼さん、

ヨハンはピッチやリズムはアレですけど(笑)、低音域の絶望感が堪らないですからね。Mikuは…となると、、、今回の件…、無理にデスVoを出していたんでしょうかね。

因みに、以前ヴォーカリストの人から聞きましたが、デスVoってシャウトより喉に負担掛からないそうですよ。まぁやり方や人に依るんでしょうけど。

Edit | Reply | 

かつ丼  2016, 05. 11 [Wed] 00:06

デスVoよりシャウトのほうが負担が大きいのですか?

おそらくやり方や人(先天性とおっしゃる方がいました)のほかに
アルバム歌唱や喉の不調の原因は
いつから加入したか存じませんが、ボイトレ不足もあるのでは?
ちょっと上から目線になってしまいますが...
 シャウトは連呼しなければそんなに負担がないと思っていました。
初耳です。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 14 [Sat] 14:28

かつ丼さん、

私が伺った人はそのように仰ってましたね。まぁそれこそ身体的な問題に直結するので、人それぞれだとは思いますが。

Mikuに関しては(音楽的)前歴が無い(もしくは不明)なので、元々デスVoで歌える人なのか/そうでないのか、判断できませんね。仮にこのViSで初めてっていうんであれば、なかなかチャレンジングではありますが、結果は…。。。。w

Edit | Reply |