誉田哲也『ドルチェ』

誉田哲也_ドルチェ
誉田哲也『ドルチェ』 (新潮文庫)

誉田哲也の警察小説、『ドルチェ』を読みました。
女刑事・魚住久江シリーズの1作目。

元捜査一課の女刑事・魚住久江、42歳独身。ある理由から一課復帰を拒み、所轄で十年。今は練馬署強行犯係に勤務する。その日、一人の父親から、子供が死亡し母親は行方不明との通報があった。翌日、母親と名乗る女性が出頭したが(「袋の金魚」)。女子大生が暴漢に襲われた。捜査線上には彼女と不倫関係の大学准教授の名も挙がり……(「ドルチェ」)。所轄を生きる、新・警察小説集第1弾。

作者の他の警察物と比較すると、「軽い」ね。それが特徴であり、長所でもあるんだけど、同時に物足りなさでもある、という。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

「軽い」というのは、テーマが軽いというより、読み応え/手応えが軽いという感じですね。短編集だからというのもあります。それぞれの事件自体は込み入ってないし、読んでいても紆余曲折しないで真相に行き着くという予感がありますし。
ただ、6編のうち最後に収録された『愛したのが百年目』だけは、事件の真相といい登場人物の心情の絡まり方といい、なかなか濃い。この一編のおかげで、爽やかな読後感を得られるのも◎。

主人公・魚住の設定/キャラ立ちはそれほど強くなく、また、若くもなくそれほど老けてもいないというもの。因みに、彼女の外見描写らしいものもない(部下から「全然若いですよ…可愛いし」と言われる場面はあるが)。そういった、主人公の魅力でグイグイ引っ張ってゆくタイプの小説にならないことで、逆に繊細な人物描写や心の動きの機微を捉えている文章が生きているような気はします。
あと本書、「女性の目線から見た女性像」を描いているようなところもありますね。多くは、魚住から見た被害者、という構図ですが。

先日文庫化されたばかりの2作目、『ドンナ ビアンカ』は長編のようなので、読み応えがありそうで楽しみ。

スポンサーサイト

COMMENT 0