CROSS VEIN、THOUSAND EYES、GAUNTLET@原宿アストロホール

"CROSS VEIN Presents" 『Theater of Romance 第三幕 ~Eternal Melody~』 原宿アストロホール劇場 (2016/3/19)

20160319_cv_theaterofromance3_eternalmelody.jpg

CROSS VEIN主催、THOUSAND EYESGAUNTLETとのスリーマン公演に行ってきましたじゅり。
フロアの埋まり具合は6割くらいだったかなぁ。う~ん、このメンツで満杯にならないとは厳しい…。。。
私は、一段高くなったところの中央柵で待機。ここの場所、アストロホールでは一番観やすい位置だと思うのよね。音響的にも有利だし。


GAUNTLET
福岡のツインGt型ヤマネリウス系メロパワ・バンド。観るのは2回目かな(前回レポは→コチラ)。下手側GtとDrが代わってる。

GAUNTLETと言えば、Bruce Dickinson(Vo/IRON MAIDEN)バリの勢いで登場するYu-ta(Vo)の開口一番の「トウキョォォォォオオオオ!!↑↑」ですが(笑)、この日はちと不発だったかな。Yu-taにはステージ袖から駆けこんでくるようなもっと勢いのある登場を勝手に期待してたし(無茶)、マイクの音量調整が上手くいってなかったのか、一発目のシャウトがほとんど響かなかった。というか、彼、いつの間にか髪の毛長くなって薄汚く ワイルドになっていたね。

何歌ってるのか歌詞をまるで聞きとれないのは相変わらずながら(笑)、熱いパフォーマンスと高い演奏力を楽しめる好演でした。とても良いバンドだと思います。
兀突骨でも叩いているKouki(Dr)は、想像と違ってパワフル&ラウドというよりシャープさを感じるドラミングでしたが、このバンドの音楽性には合ってる。技巧的な面が前に出るメタル・バンドの場合、ヴォーカリストとベーシストの動き方がパフォーマンスのキーになることがままありますが、彼らの場合もそう。Yu-taの(MCを含めた)真摯で前向きな態度と強烈な歌唱、Yoshio(Ba)の一際華のある動きが、耳目を引きますね。YoshioがBaを斜めに構えて弾くところカコイイ。Gt2人は演奏に専念、時々コーラスを担当という感じでしたが、もう少しフロアの方に顔を向けてお客さんとコミュニケーションを取る余裕があれば良いですね。

Aichi(Gt)が作ったという新曲は、モダンなリフに無理やり正統派HMっぽいドラマティックな間奏をぶち込んだ感じで、なかなかの良感触でした。歌詞は日本語なんだけど(らしいんだけど)、聞き取れないから一緒。←
40分ステージだったかな。Yu-taは一緒に歌ってくれるようさかんにアピールしていましたが、それが奏功したのか、前フロアは終始大きな盛り上がりを維持していました。Gt2人の絡みも聴き応えあったし、とても楽しめましたね。


THOUSAND EYES
安全なところで観る千眼は最高ッ!! (笑)
観るのは、初ライブ以来の2回目ですね。その時もCVと一緒でした。
転換時の音出しではギターがギャンギャン鳴ってて、「こんなバカデカい音で本番やるなよなー」とかビビってたんですが、始まってみるとびっくり、丁度良いバランス。そしてめちゃめちゃバンド・サウンドが締まってる!
迫力・音圧はあるんだけど、無駄に暴れ回っていないという。こりゃ凄いね。Fu-min(Dr)の精緻で冷徹なプレイすげぇ。KOUTAとTORUの一糸乱れぬGtコンビネーションすげぇ。時折入れるAKIRA(Ba)のコーラス(というかシャウト)の効果が大きく、また、若手メンバーを前面に出して後ろからしっかり支えてる感のある彼の存在感すげぇ。そして、国内エクストリーム・メタル界屈指のフロントマンである“ハゲ”DOUGEN(Vo)が、やっぱり逸材過ぎてすげぇ。
メンバー個々のミュージシャンとしての実力にイチイチ言及してもすげぇんですが、なによりバンド総体として、ステージにいる時の立ち姿・発している空気が尋常じゃなくカッチョイイってのはデカいですね。

DOUGENがMC少なめ短めに煽って、キビキビと進めてゆくライブ進行です。一息ついたのは告知のタイミングくらいですかね。
緊張感漂うステージングなんですけど、DOUGENの人柄や雰囲気に依るところも大きいんでしょう、(ステージ上は)殺伐とせずに楽し気な空気さえ漂っているところが面白いです。KOUTAなんてフロアの盛り上がり・狂乱状態を見ながら、ニコニコしながらギター弾いてるし(笑)。勿論、締めるべきところはビシッと締めているので、全く緩くはないです。Gtソロの入りのところなんて、音色・フレーズ共にカーッと熱くなりますからねぇ。
One Thousand Eyesのエンドセクションで、KOUTAとTORUが順番にソロを取った後、ツインリードに入る前に、互いにニヤッとアイコンタクトを交わしたのがクール過ぎて痺れた。漏れた。

泣きのメロディを聞かせたりHR/HMらしいドラマ性を演出することに長けたバンドもあれば、このジャンルならではの熱や興奮を堪能させてくれるバンドもあるわけですけど、千眼の凄さってのはその両面を高次元で兼ね備えているってことなわけで、スタイルや個々の要素の好き嫌いはあれど、こりゃ理想のHR/HMの一形態じゃないかと。
素晴らしかった。
モッシュピットのごちゃごちゃには巻き込まれたくないから、観ることに集中出来る環境じゃないと足を運びたくはないけど。
まじでラウパに出て欲しいなー。音響面さえ整えば、一発でその凄みが伝わると思います。

<セットリスト>
1.Bloody Empire
2.Mirror Knight
3.Bleeding Insanity
4.Damnation Calling
5.Dark Slayer's Requiem
6.Cardinal Sin
7.Dead Sorrow Of Me
8.One Thousand Eyes
9.Last Rebellion


CROSS VEIN
野獣から貴族へ。
お馴染みのもっと前よ♡系前説からスタートです。これ、たしか去年のここアストロホールのワンマンからやってるから、もう1年間もっと前へって言い続けてるんだな(笑)
オープニングのSEはRoyal Eternityなので、1曲目はEternal Dream。序盤違和感を感じた出音(何かの楽器の音、鳴ってなかった?)でしたが、ってンなことたぁどうでもいいんだ!(よくない)グレイ系のドレスをお召しのJULIA姫、片側に流すような(サイド寄せっつーんですかぁ?)ヘアスタイルが可愛いからむをおおおおお!!

Yosuke(Dr)が入った新編成で観るのは2回目。
全体的には前回ワンマンほどの違和感を感じることはありませんでしたが、まだまだこの編成でカッチリこなれているとは言い難い出来だったと思います。細かい部分の話ですし、どうしても前編成と比較しての見方が強くなってしまいますが。
Yosukeのドラミングが(メロスピ調の曲で)やや後ノリに感じるという点は、私がStarLounge劇場で感じたことですが、前回観ていない友人も終演後に同じことを言っていたので、まぁそういう傾向はあるんだろうと思います。
DrとVoの(マイク)音量を含めたバンド・サウンド全体のバランスを、もう一度練り直した方が良いような気がします。端的に言うと、前任ko-sukeのDrよりYosukeのDrの方が音がデカいんだわ。
ま、これからでしょうね。前回感じた、同期音源の不釣り合いな音量とsandglassの危うさは修正してきてましたし。厳しいことばかり書いてるようですし、このままでも十分満足のいく水準のライブなんですけど、あたしゃあ欲張りなんですよ。Yosukeの大きなアクションの叩き方やパワフルさ、王子様への成りきりっぷりやブログ等で垣間見えるユーモア・センスは好きですし。

クラシカルなメロディが全開にも関わらず、優美なだけではなく演奏陣の鬼畜っぷりが試される未発表曲Masquerade。前述のテクニカル哀メロ曲sandglass。そして速度に捉われない情景描写力が他のシンフォニック・バンドと異なるユニークさを浮き彫りにする琥珀の誓いを経て、久々にプレイされたRed Starへ。やっぱこの曲、人気あるんだなぁ。フロアの熱がさらに高くなったのを感じました。

ここでリーダーYoshi(Gt)がMCを挟みましたが、
事件が起こる! ってゆーか、起こってた!

事件は会議室ではなく劇場で起こってるんだよ!
(って言い回し、前にも使ったことあるような気がしましたが、案の定、使ってた/笑
ワタクシ、その時まで全く気づいていませんでしたが。
むをおおおおお!してたので。

フロア上手側の天井のダクトから、ありえないような勢いで水がボタボタと降り注いでおる!
いつの間に対処したのか、水を受け止めるためのバケツと、堰き止めるための堤防の役割を果たすシートが用意されていましたが、ほとんど意味を為さないほどの勢いで水が漏れ出てます。水は上手だけに収まらず、徐々にフロア中央付近まで侵食しているようでしたね。
「え、外って豪雨?もう雨止んだはずだよね?」という思いがよぎりましたが、そんな悠長な事態ではなく、どうやら階上で工事していた関係で水道管が破裂したみたいです。そうこうしているうちにも、ステージ下手側の機材付近にも、そしてPAブース付近も(勢いは弱いものの)雨漏りのようにポタポタと……。。。。
止まらない誰にも止められない。

喋ろうとしていたYoshiも明るくなったフロアを見てやや絶句状態でしたが、対応を会場スタッフを協議するため、ライブは一時中断に。こんな状態になったハコも初めてなら、ライブが中断になったのも初めての経験ですね。
因みに、私の居るところは一段高くなっている場所ですので運良く濡れませんでしたが、最終的にはすぐ下の足元まで水が来ていました。

砂時計

砂時計2

砂時計
(sandglassなだけにな)

振ってくる水の勢いが一向に弱まらないこの“大洪水”っぷりでは、再開は無理なんじゃなかろうかという空気だったので、「再開」のアナウンスがあった時はちょっと驚きましたし、なかなか大きい歓声が起こりました。
これ、汚水じゃなくて良かったよねぇ。(水道管じゃなくて)もし下水管破裂だったら問答無用で中断だったでしょうし、私のせいじゃないのに後で変態ついったらー諸氏に何言われるかたまったもんじゃないからな(笑)。ク○スカさんとか改名されかねないよほんと。

フロア中央~下手寄りにお客さんがちょっとずつ移動し、メンバーがお客さんを気遣いながら、Maid of Lorraineでリ・スタート。PA卓の方も浸水していたので、照明のコントロールもできず、明るく照らされた状態のままでのレア・ロレーヌでした。
後で判明したところによると、ほんとはこの前にforget-me-notを予定していたそうですが、カットしたようですね。また、本来ならロレーヌ後にアンコールでしたが、一回袖に引っ込まずに、“ハイトーン”Yu-ta王子と「デスラッシュハゲ王子」(byJULIA姫)を呼び込んでそのままセッション・タイムへと進行しました。
つーか、「DOUGEN王子」という何とも言えないミスマッチ感とキャッチーな響きにはニヤニヤせざるを得ないものがありますなぁw

セッションのゲストが楽器隊だったならば色んな楽曲が考えられますが(ANGRACarry Onはさすがに飽きたからもうやめてくれと思ってた)、トリプルVoならばアレしかない。JULIA姫が「マニアックかもしれませんが…」とか言ってましたが、微塵もマニアックじゃないAMARANTHEHungerです。
色んな人がAMARANTHEをカヴァーしますけど、なんでいっつもこの曲なんですかね? 個人的には大した曲じゃないと思うし、もっと良い曲は山ほどあるバンドなのに。まぁそんな不満も姫がすっげー楽しそうに歌っていればもうどうでもいいんです。あたしゃあJULIAたぁんが笑顔ならそれでいいんです。 ←
つーかね、DOUGEN王子、動きがめっちゃチャラくていいよ!すげぇイイ!(笑) 歌はしっかりド迫力だけど。

セッションがとても楽しい盛り上がりのなか終了、締めはいつものMoon Addictでした。
THOUSAND EYESGAUNTLETのメンバーと一緒に記念撮影(アン・ドゥ・トロァ)、みんなステージから掃けた後、最後に一人残ったYoshiがしばらくの間、深々と頭を下げて挨拶してから退場してゆきました。
お客さんへの「お詫び」という意味合いでしょう。Twitterでもブログでも、そして勿論その場でもメンバーから「申し訳ない」という謝罪の言葉が幾度となく表明されましたが、声を大にして言っておきたいのは、こんなトラブルは完全に不可抗力ですし、(当たり前のことですが)バンドは悪くありません。むしろバンド側が(も)被害者ですわな。まぁ、こういう場面で被害者面するバンドはイヤだけど。
まぁ会場側も被害者といえば被害者ですけどね。

DOUGEN王子の言葉にもあった通り「ポジティヴに考えれば伝説の場に立ち合った」ファンなわけですし、最後のYoshiの挨拶にも温かい拍手が返ってきてましたし、極めて珍しい体験ができてなかなか楽しかったですよ。メンバーが必要以上に思い悩まないことを祈るのみ。
前回ニコ生放送、今回大洪水と(笑)、「貴族+アストロ劇場」は忘れられない一夜を提供してくれます。
あ、そうえばJULIA嬢、MCの時に「アストロホール劇場」って言ってたな。「アストロ劇場」じゃないのか? つーか、JULIAたぁん、イベント・タイトル、めっちゃ間違ってた(笑)

<セットリスト>
01.Royal Eternity~Eternal Dream
02.Protect the Core
03.Masquerade
04.sandglass
05.琥珀の誓い
06.Red Star
***** 大洪水中断 *****
07.forget-me-not ※カット!
08.Maid of Lorraine
ENCORE ※引っ込まないでそのまま続行!
09.Hunger (AMARANTHEカヴァー、with DOUGEN王子 and Yu-ta王子)
10.Moon Addict


アン ♡
ドゥ ♡
トロァ ♡


スポンサーサイト

COMMENT 0