伊東潤『巨鯨の海』

伊東潤_巨鯨の海
伊東潤『巨鯨の海』 (光文社時代小説文庫)

伊東潤の歴史小説、『巨鯨の海』を読みました。
本書、直木賞の候補作になったのと、あと山田風太郎賞を獲ってるんですねぇ。

江戸時代、紀伊半島の漁村・太地に、世界でもまれな漁法「組織捕鯨」を確立した人々がいた。磨かれた技を繰り出し、集団で鯨に立ち向かう「鯨組」は、仲間との強い絆と厳しい掟により繁栄を極めた。命を削る凄絶な戦いゆえに、鯨にも畏布の念をもって立ち向かう彼ら。江戸末期から明治へ、共同体の熱狂の季節と終焉を躍動感溢れる筆致で描く、全六編の一大クロニクル!

初めて読む作家で、予備知識もゼロだったのですが、文庫化された際の本書の説明文↑にえらく魅かれたので買ってみました。
うん、これが大当たりだった。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

江戸から明治に掛けた時代の組織捕鯨に纏わる物語を、(おそらく)時代順に六編収めた短編集。それぞれ登場人物が違う話になっており、全体で紀伊半島・太地地方における組織捕鯨の盛衰を描いた力作です。

最初の一編である『旅刃刺の仁吉』で、専門用語というか当時の言い回しを注釈付きで「~は○○のことを言い…」みたいな文章が連続するのがちと辛いし、登場人物の方言にクセがあって何言ってるのか文脈から判断せざるを得ないところがありますが、それに慣れてしまえば実に読みやすい文章です。
鯨を「夷様(えびすさま)」と敬う文化背景、太地の特異な立地と条件がもたらす一種の治外法権的歴史事情、数百人の役割分担による鯨との戦いの臨場感等々、組織捕鯨に纏わる部分でも実に読ませますが、同時に一編一編が人間ドラマとしてとても面白いです。どのエピソードもトリッキーなどんでん返しは無く、結末がほぼ予想できるんですが、それでもキャラが生き生きとしているのでグイグイ引き込まれますね。
『旅刃刺の仁吉』『訣別の時』は泣かせるし、ラストの『弥惣平の鐘』の緊張感はただならぬものがあります。

別に歴史小説が好きなわけじゃないんですけど、コレはおすすめ。

スポンサーサイト

COMMENT 0