今野敏『宰領 -隠蔽捜査5-』

今野敏_宰領
今野敏『宰領 -隠蔽捜査5-』 (新潮文庫)

今野敏の隠蔽捜査シリーズ、『宰領 -隠蔽捜査5-』を読みました。
前作『転迷 -隠蔽捜査4-』の感想は → コチラ。

衆議院議員が行方不明になっている。伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと本庁に入電が。発信地が横須賀市付近という理由で、警視庁・神奈川県警の合同捜査が決定。指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。反目する二つの組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた!

「用件を言ってくれ。俺は忙しいんだ」

(笑)
こと忙しさに掛けては、御手洗潔と竜崎伸也が日本ミステリ界のツートップだな。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
面白い。
いつも通りの面白さなんだけど、この水準の面白さを毎回維持してるってのが驚異的なわけで。

もうあまりに面白くって、できるだけ長く読んでいたいからわざとゆっくり読もうとしてみたり。でもこの作者の文章って異様にテンポ感が良いからどんどん先に進んじゃうのよね。因みに、このテンポの良さは、登場人物の性格が伺える会話と、主人公・竜崎に次々と降りかかってくる難題の、その順番と配置が絶妙だからですね。巧過ぎる。

主人公の圧倒的な個性と、その主役の存在を際立たせる脇役の魅力でグイグイと引っ張ってゆく作風は安積班シリーズと同様ながら、謎解きの読み応えではこのシリーズが勝っています。そこが好き。
安積班では“太り過ぎ”須田がキーマンになりますが、こちらでその役割なのは、“生意気”戸高。ただ、本作では事件の最前線が横須賀に移動することもあり、相対的に大森署メンバーの重要度は下がり、「神奈川県警の中での竜崎」にスポットが当たっているのが特徴ですね。その点が新鮮で、とても良かったです。

このシリーズなだけに終盤のミステリ的どんでん返しは必要だったとは思いますが、切れ味はやや鈍く、まとめ方は強引だったかもしれません。その前に誘拐事件としてのクライマックスが訪れますし。ノンシリーズ物なら物語の最後に盛り上がりどころを持ってきて欲しいものですが、これはシリーズ物だからまぁそんなに気にはなりませんけどね。

このシリーズ、竜崎と会話を交わすことによって、(竜崎本人だけでなく)その相手方の個性や魅力がどんどん浮き彫りになってゆく過程がめっぽう面白いわけですが、これはもう作者の筆力なんだろうなー、と思います。伊丹を始めとするキャリア同士のやり取りもニヤニヤするんですが(竜崎が“変人”だから)、現場の人間と任務を一にすることによって徐々に生まれてくる連帯感や信頼感の描写はサイコーですね。特に、クライマックスでのSTS小牧係長と交わす会話は、あまりのクールさに涙した。『果断 -隠蔽捜査2-』でも登場したSIT下平係長の存在も良いですね。

ここまで(私の感性との相性という意味で)ハズレ無しのシリース物はそうそうないなぁ。
最高のシリーズ。
最高の主人公。
傑作。

スポンサーサイト

COMMENT 0