BAND-MAID®@渋谷eggman

BAND-MAID® 『New Beginning Tour 2016 追加お給仕』 渋谷eggman (2016/2/27)



追加お給仕の時間ですよぉぉぉぉおおお!!

ご帰宅してきました。
先日、アルバム「New Beginning」に伴うツアー・ファイナルを下北沢で行いましたが、この追加公演はARTEMAPassCodeとのスリーマンです。ソールドアウト。双方、名前は聞いたことあるけど音は聞いたことない、というバンド(ユニット)です。
しかし、てっきりPassCodeが一番手かと思ってたら、ARTEMAが先で、私がハコに到着したらもう半分以上終わってましたね…。考えてみたらPassCodeの方が集客あるのかしらね?Zepp DiverCity Tokyoでワンマンやるんですと。


ARTEMA
ご主人様の都合により、省略。


PassCode
ご主人様の都合により、省略。


自分の嗜好について、改めて再確認したのは以下の点。
・電子音の多用は苦手。
・生の人間による演奏の力強さが欲しい。
・翳りのある雰囲気やメランコリックなメロディが好き。
・楽曲展開の妙やメリハリが欲しい。

…まぁそういうことですよ(笑)。
十分に2バンド(ユニット)への感想に(も)なってるだろうw


BAND-MAID®
あ、聞いたことない曲だ…と思ったら、ORDERと題された新曲からスタート。モダンなタッチのヘヴィロック調の曲でした。サビにキャッチーさがあるのはこのバンドらしいところですけど。
元々スピード(だけ)で聞かせる楽曲は多くないバンドですが、こういうどっしり&ダイナミックな曲だと、「みなぎるゴリラ」こと廣瀬茜(Dr)とMISA(Ba)、リズム隊2人の存在感が映えますね。
下手側の一段高い端っこから観ていたこともあり、MISAの演奏姿はこれまでで一番見えました。派手な動きはしないし、プレイ自体はそれほどトリッキーじゃないのに(ただこのORDERでもそうですけど、途中でBaソロ的なフレーズをぶち込んできたりはする)、職人的に黙々と、そしてふてぶてしく引き倒す様はカッコイイですね。音的にも2本のギターよりも目立ってるし。
このバンドの出音がメタル寄りではなくハードロック寄りの感触が強いのは、みなぎるゴリラとMISAの音がごっちゃにならないで、かつそれぞれ前に出て来る音像だから、ということが挙げられるんじゃないかと思いますね。

ステージ反対側に位置する遠乃歌波(Gt)はほとんど見えませんでしたが、それでも音のバランスは良く、ハコの音響環境や視界の確保具合の関係もありますけど、ツアー・ファイナル下北沢よりずっと良いお給仕でした。
彩姫(Vo)と小鳩“ツインテ”ミク(Vo&Gt)のツインVoの絡みもよく聞こえました。お姐さん彩姫とお嬢さん小鳩というキャラ違いが明確になるライブの場ですが、曲によってはそれぞれの役割を逆転させるというか、異なる声の使い分けもできるわけで、Beauty and the beastはそんな感じでしたね。ギターを下ろした小鳩がメインVoを担当し、彩姫がそれにカウンタ-的に合わせるという分担なんだな。…と今回初めて気づいた。

しかし、この日から新しい衣装とのことですが、小鳩の“白い部分”が増えたくらいで、あとのメンバーはどこがどう変わったのか分からねぇ!(笑) 歌波の頭の白いヤツ(ブリムっていうのか?)の面積が増えたかしら? まぁこのバンドの場合、「メイド」って基本路線があるだけにガラッとイメチェンするわけにはいかずマイナー・チェンジしかないだろうな、ってのは想像できます。
そんなことより個人的には衣装よりも髪型をだな(ry

セトリは「New Beginning」からほとんど全てと(こうやって記事書いてて気づいたが、あの名曲Price of Prideをやってねーじゃんか!)、そこに新曲を交えたもの。
前回下北沢ライブの後にMV公開された新曲alone、事前チェックをしない私はこの場で初めて聴いたんですけど(生演奏もこの日が初めてかな?)、暗くシリアスなリフ物アップテンポ曲でした。初めてのメイドさん自身による作曲だそうな。演奏は結構面白いものの、ヴァース~ブリッジの歌メロがやや平坦かな。サビとのコントラストを生むためでしょうけどね。まぁ初聴でも響くものはあるので、これからジワジワハマってくるかもしれない。

小鳩による語尾に“くるっぽ”多用MCで、5月にアルバムが発売されることが発表されました。
あとは大事な「おなじないコーナー」な(笑)

ミ「萌え萌え!」
客「萌え萌え!」
ミ「萌え萌え!」
客「萌え萌え!」
ミ「アル、テマ!」
客「アル、テマ!」
ミ「ありがとー!」
客「ありがとー!」
ミ「パス、コード!」
客「パス、コード!」
ミ「ありがとー!」
客「ありがとー!」
ミ「バンド、メイド!」
客「バンド、メイド!」
ミ「萌え萌え!」
客「萌え萌え!」
ミ「キュンキュン!」
客「キュンキュン!」
ミ「バ~ン!バ~ン!バンドメイド………、、、くぁwせdrftgyふじこlp」


あぁ変わらぬバカっぷりが実に素晴らしい!(笑)
このおまじないの異様なテンションとキラーチューンFREEDOMだけでも、十分チケ代の元が取れるわー。

アンコールで出て来ると、「最後の曲で弦が切れたっぽー」と言う小鳩が歌波のギターでセッティングする間、“フロントなのにMCしない”彩姫が珍しく喋る。煽るのは珍しくないけど、喋るのは珍しい。このバンドの場合、MCはほぼ全てくるっぽ担当だからなぁ。「MCやれって言われたんだよ」「歌う曲ないんだよ」「新曲もう一回聴きたいでしょ?」と、変わらぬドS口調はもはやメイドではなく一人だけ女主人のようだ(笑)
結局、最初にやったORDERを再度プレイしましたが、直前にリハしていようがいまいが、給仕回数(?)は踏んでいるバンドのはずだし、こういう時にサラリと他の持ち曲をプレイするくらいの臨機応変さは欲しいところですね。同期音源にガチガチに縛られているバンドでもないですし。
あとはVoのコンビネーションと迫力が増して、歌波のGtがさらに華やかな印象を残せるようになれば、格段に良くなると思います。

<セットリスト>
01.ORDER
02.REAL EXISTENCE
03.Arcadia Girl
04.FREEZER
05.Shake That!!
06.FREEDOM
07.Beauty and the beast
08.Thrill
09.Don't apply the brake
10.alone
11.Don't let me down
ENCORE
12.ORDER


5月18日にリリースするミニアルバムで、日本クラウンからメジャー・デビューするようです。同じ事務所の同僚?お嬢様達?であるpredia姉さんは日本クラウンだし、PASSPO☆も今年そこに移籍した。もうスリーマン・ライブでもやっちゃっていいすよ。そしたらバックバンドをメイドさんが勤めて、フル出演でもいいし。 ←

つーか、メジャー・デビューを期に、小鳩ミクがツインテからポニテにチェンジしました!…とかないんだな。
スポンサーサイト

COMMENT 0