DREAM THEATER@横浜アリーナ

DREAM THEATER a dramatic tour of events japan 横浜アリーナ(2012/4/30)

DREAM THEATERのライブを観に横浜アリーナまで行ってきました。初めての横浜アリーナ。DREAM THEATERのライブは通算4回目。前回はMike Portnoy日本サヨナラ(?)公演だったSUMMER SONICフェスの時に行きました。

会場に着いたらリハーサルのせいか、入場がかなり遅れている様子です。建物をグルッと囲む程の行列を他人事の如く見物して過ごすことしばし。ゆったり会場入りしましたが、結局前座も初めから観れました。

前座のAndy McKeeが終了し、いよいよDREAM THEATERの出番です。Mike Manginiのドデカいドラム・セットが鎮座するステージ後方、立体的な3つのスクリーンに(日本人的には)陳腐なアニメーション(失礼!)が映し出された後、新作からの「Bridges In The Sky」でライブ開始です。事前にManginiとJames LaBrieの調子が良いと聞いていましたが、確かに。特にLaBrieは絶好調のようでした。

注目のManginiのドラムですが、特に出しゃばるわけでもなく引っ込むわけでもなく、他の楽器陣とよく馴染んでいる印象です。で、いよいよドラム・ソロ・タイムです。これがまた凄かった!両手両足がてんでバラバラの拍子で動きまくり叩きまくり。見ていると自分の手足が何だかムズムズしてきて攣りそうになる感覚を覚える始末。その職人と言うか芸人と言うか、曲芸のようなドラム・ソロを観ていて歓声と共に巻き起こるのは、何故か「ワハハハ」という笑い声。その場にいた方には理解していただけると思うのですが、凄過ぎてもはや笑うしかないという感覚ですね。
曲をグイグイ引っ張って「リード・ドラム」みたいな働きをする、奔放なPortnoyのドラムが“ドッカーン!”だとしたら、Manginiのドラムは“バッシャーン!”て感じですね。何言ってるか分かんないかもしれませんが(私もよく分かってないので/笑)、Portnoyが図太く抜けていくサウンドに対し、Manginiは金物系とスネアがもっとキンキンしてる/ピーンと張ってる感じかなぁ。これはもしかしたら会場の音響のせいかもしれませんが。 ※ちなみにこの日は場所によってかなり聞こえ方が異なっていたようです。私のいたセンター席後方は比較的バランス良かったように思いました。

このドラム・ソロの後が個人的に最初のハイライトでした。「A Fortune In Lies」です。メタリックなリフがカッコイイのなんの。アグレッションたっぷりのプレイで緊張感が高まったところにJohn Petrucciがダメ押しのようにタッピング・ソロ!ここで涙腺崩壊発生しました。CDで聴く分にはそんなに好みの曲ではないんですが、生で聴くのは別次元ですね彼らの場合。演奏陣は勿論みんなテクニカルなんですが、上手いだけじゃなくて「ロック」っぽい攻撃性がいささかも損なわれていないところが彼らの凄みかな、と思います。特にPetrucci。そのプレイも、大きく股開いて少し高めにギター構えるカッコも大好きなんですが、めちゃめちゃ技巧派であるにも関わらず、そのプレイからはジャズ/フュージョンっぽい小気味良さとは別種の“ロック魂”を感じるんですよね。最高。(私ジャズもフュージョンも少し聴きますので他意はありません)

しかし、このとき事件が起こる!(私に)

足攣った…

前日のライブの疲れが原因でしょうが、Manginiのドラム・ソロを聴いたのもダメ押ししてるはず(断言)。なんとか痛みを誤魔化しつつ土踏まずの機嫌をとり、なだめすかす。
そして続く「Outcry」も素晴らしかったです。

沸点に達した興奮を鎮めるようにここでアコースティック・セットです。LaBrieとPetrucciの2人だけで「The Silent Man」(ペト、歌うめぇ)、Jordan Rudessを加えての「Beneath The Surface」。ここでも泣く私。LaBrieの歌唱、ベロを突き出して爬虫類か両生類の如く声を張り上げるハイトーンよりも素晴らしいのは、バラードにおける絶妙なコントロールでしょう。特に囁き声は絶品。HR/HM界のウィスパー・キング(?)ですよ。目隠しされて耳元でこの声で囁かれたらオチるね、間違いなく。俺ならオチる(笑)。

歌メロと強烈な演奏のバランスが良い楽曲が続き、さらなるクライマックスが待っていました。PetrucciとRudessのソロ・タイムの後、LaBrieが喋り始める。次が何の曲か分かっている私、曲コール前に早くもウルウルし始めましたが、LaBrieが「The Spirit Carries On」をコールすると耐え切れずまたも涙腺決壊、大崩壊。CDで聴いても泣くのに生は危険だ。特にギター・ソロがヤバい。武道館での「Hollow Years」のソロもヤバかったが今回もヤバい。生Petrucciのソロはもはや凶器です。涙腺破壊兵器。そしてそしてドリムシ全部入りな「Breaking All Illusions」で大団円。
観客みんなが一つになって合唱したアンコール「Pull Me Under」も最高でした。

今まで観たDREAM THEATERで一番良かったですね。ドラム・プレイとしては個人的にはPortnoyの方が好きだし、今のメンツじゃ神曲「The Best Of Times」はやらないでしょう。あまりにもPortnoyのパーソナル・ソングだから。Manginiが曲を体得していないからなのか、Portnoyがいないからなのか、セットリストはあまり変更せずにツアーをしたようです(Portnoyはかなり綿密にセットリストの管理をしていましたので)。それでも、バンドが良い状態であるのは感じることができましたし、歌唱もプレイも照明(コレ最高でした)も、これだけの人気・集客力に見合う、いやお釣りがくるほどの素晴らしいライブだと思いました。


<セットリスト>
01.Bridges In The Sky
02.6:00
03.Build Me Up, Break Me Down
04.Surrounded
05.The Root Of All Evil
06.Drum Solo
07.A Fortune In Lies
08.Outcry
09.The Silent Man (Acoustic)
10.Beneath The Surface (Acoustic)
11.On The Backs Of Angels
12.War Inside My Head
13.The Test That Stumped Them All
14.The Spirit Carries On
15.Breaking All Illusions

ENCORE
16.Pull Me Under


ちょい追記します。
  ↓
先述の通り入場に時間がかかっており、私は駅からの連絡通路の階段でボケーっと見物しておったわけですが、そこでとんでもない事態がッ!

LIGHT BRINGERのキ-ボード、Maoくんが歩いてくるではないか!

本人のTweetでこの日ドリムシを観に来るのは知っていましたが、まさかの遭遇!
おずおずと声をかける挙動不審のオッサン(←オイラだ)に対し、
Maoくん、超気さくッス!超好青年ッス!超雑談したッス!

「横浜アリーナ初めてなんですよね」
「入場遅れてるみたいですよ」
「あそこ最後尾でぐるっと行列回ってます」
「前座、間に合わないかもしれませんね」
「席どこらへんすか?」

、みたいな普通(過ぎる)会話を交わす。人見知りKINGのワタクシが。
何が信じられないって、その時の自分のテンションが信じられないッス。だって自分の隣にいるのが若手No.1キーボーディストなんすよ!BURRN!の人気投票のキーボード部門で私が2年連続投票した(ホント)人なんすよ!自分的にはその時横浜アリーナの中でスタンバッてたはずのJordan Rudessよりある意味、上。


あの瞬間、私はマオATフィールドに完全に取り込まれておりました(意味不明)


そんなこんなで記憶に残る日になりました。ありがとうMaoくん、ありがとうDT(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 2

kazz_asai  2012, 05. 02 [Wed] 21:57

Fortune in Liesとかもまだ演奏しているのですね。
私が好きなのはベスト3は 
1.Images and Words
2.When Dream and Day Unite
3.Metropolis pt.2 
と昔の作品ばかりで、どうも最近の彼らの作品にはあまり夢中になれないのですが、このセットリストなら私も充分に楽しめたものと思いました。
そして思わぬ邂逅…ライヴにはこういう嬉しいハプニングも多いですね。やはり多くのライヴに積極的に参加されていらっしゃるからこそのたまものだと思います。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 05. 02 [Wed] 23:00

kazz_asaiさん、

DTって定番曲っていうのが無いくらい色々プレイしますね。なので今回のA Fortune In Liesも次いつやるか分かりませんよね。特に今まではMike Portnoyがセットリスト決めていたと思うので、彼がいなくなった今どういう風に組むのか興味深いところです。特にManginiが馴染んだ次のツアー。
個人的には色んな時代のを万遍なく、ってのが良いですねぇ。初期の曲を上手く組み込むととても良いアクセントになるように感じました、今回。

ちなみに私のベスト3は、
1.Metropolis pt.2
2.Train Of Thought
3.Black Clouds & Silver Linings
おお、何とI&Wが入っていない!


Maoくんは良い人でしたよ。より一層ファンになりました。

Edit | Reply |