『スター・ウォ-ズ EP7 : フォースの覚醒』、観てきました。



ようやっと『フォースの覚醒』、観てきました。

予習してないから事前の知識はほとんど無し。ルーカスが監督してないとか、EP4~6のあんな人やこんなキャラが出てくるとか、主人公ってどうやら女性?ってことくらい。ストーリーについてはさっぱり???? 私ってスピンオフにはあまり興味ない人間ですし。
…というのも、公開されて色んな「声」が聞こえてくる前はそれほど期待していなかったので。以前、ルーカスフィルムがディズニーに移る時には、新たなシリーズについてこんな記事を書いていましたね。 → コチラ。

では、ごくごく簡単に感想みたいなものを。


決定的なネタバレは書いてないつもりですが、「まだ観てないんだけどそのうちにね」という方は気をつけてくださいませ。
 ↓


むをおおおおおおおおおおおおおおおお!!

面白いよぉぉぉおおおおおおおおおおお!!


「二番煎じ」としてはサイコーじゃないですかね?

オマージュ。
オマージュ。
最初っから最後まで、全編オマージュで出来てるんじゃないかってほど、過去作の名場面を彷彿とさせるシーンだらけですわ。各登場人物の役割もしかり。特に連続性を保つという意味でもエピソード4~6をパク、、、いや、借yo、、、、いや、似せたところは多いですね。
今作だけ観ても楽しめるとは思うけど、EP1~6を事前に知っていると楽しみの度合いは段違いだと思います。過去作のストーリーが頭に入っているかどうかっていうよりも、「あぁ…ああいうシーンや台詞があったなぁ…」ってボンヤリと思い出せるとめっちゃ楽しくなってきますから。

もうね、途中何度となく涙したよ。
純粋に本作のストーリーに感動したっていうよりも、上記オマージュ・ポイントでジ~~ンとキたというのが正しいですが。まぁ私の場合、ハンが「チューイ!」って言うその口調だけでウルウルきちゃうくらいですけど(笑)

主人公レイの髪型が横から見るとどうもサザエさんっぽいとか、「敵」が弱そうだとか、そのほかにも色々と気に食わない点はあるんですけど、それらが些細に思えるほどオマージュ連発が楽しい作品。かつテンポも良いし、EP8への期待を高めてもいる。
また、引き続き御大ジョン・ウィリアムズが音楽を手掛けていますが、既存の名曲群が絶妙にリアレンジされて再利用されているってのもポイントでしょうかね。劇中で一回聞いただけなんでアレですけど。

まぁ全体的には“守り”の作品で、その“守り方”が面白いという感じでしょうか。この「新シリーズ」ならではの持ち味が出て来るのは次作かな? まぁ個人的には、ヘンに壊されるくらいなら“守り”のまま新たなトリロジーをまとめてもらった方が良いですけど。
上でリンクを貼った記事にチラリと書いた、スター・ウォ-ズの背景というか、バックボーンというか、構造について、本作ではどう描かれてどう描かれていないのか、書き始めるとネタバレに一気に近づくので止めときます。


オープニングは思ったよりもディズニー前面推しには感じなかったけど、やっぱりルーカスフィルムのロゴが輝く前には20世紀FOXのファンファーレが欲しいなぁ…。


スポンサーサイト

COMMENT 0