TM NETWORK「RAINBOW RAINBOW」


TM NETWORK「RAINBOW RAINBOW」 (1984)

先日、日本武道館で久しぶりのライブをやったTM NETWORK。私が音楽を聴き始めて最初に好きになったアーティストの一つです。これはデビュー・アルバム。この時点ではメタルはおろか、ロックですらないですが。
ジャケットにメンバーが写っていない、裏ジャケの曲名やクレジットも全て英語表記、ということで海外アーティストの作品のようにも見えますね。鰐+少女+車+砂漠、というセンスは尋常ではないぶっ飛び具合ですが。

作曲は小室哲哉(Key)と木根尚登(Piano,Gt,その他もろもろ)が担当、作詞は小室の他、麻生香太郎と西門加里の外部ライターが担当です。西門加里は4番目のTMメンバーと言ってもおかしくない、小室みつ子さんの別名です。ちなみに小室みつ子は小室哲哉の奥さんじゃありません。
TM NETWORKというと一般的にはダンサブルなロック・サウンドのイメージが強いんでしょうか。小室哲哉は新しもの好きで、音楽的に幅広い素養があり(悪く言えば節操がない)、時代と共に前面に押し出すジャンルが異なっていたりしますが、本作では、なんだろうコレ、簡単に言っちゃえば「キーボード主体のポップス、ちょいファンタジーとSF風味」ってとこでしょうか。私はあんまり広いジャンルの音楽を聴いているわけではないので上手く説明できませんが、小室の作曲センスの凄さはTMを聴き始めた当初より今の方が理解できますね。

生粋のメタル野郎からすれば噴飯物の軟弱チャラチャラ・チューン(笑)が次々と流れてきます。曲がチャラチャラなら歌詞もチャラチャラです。特に麻生香太郎氏の詩は凄い。
「赤いマニキュア 目の毒 気の毒」
「古い冷蔵庫を開けるとセピアの老婆が微笑む」
「哀しみ色のジャングルでさまようオニシダに足をとられ」
何だこりゃ。常人の理解の及ばない領域です。
ちなみに私は生粋のメタル野郎ではないのでどの曲も割と気に入って聴いています。「チャラチャラ」は「キャッチー」というプラス要素に容易に転化します。

TM NETWORKのキャリアのスタート地点として重要な2曲が収録されています。一つはアルバムと同時発売のデビュー・シングル⑦金曜日のライオン(Take it to the lucky)。そしてもう一つがデビューのきっかけとなったコンテストで、グランプリに輝いた④1974(16光年の訪問者)です。1994年に行われた「終了」ライブでは2日間それぞれのオープニング・ナンバーがこの2曲でした。宇都宮隆(Vo)得意の歯切れの良いヴォーカルによって歌われるメロディが印象に残る、一度聴いたら耳に残るKeyサウンドが曲を引っ張るロマンティックな、共に大好きです。
TMのバラードといったら木根さん作曲ですが、本作にも③1/2の助走(Just For You And Me Now)という佳曲が収録されています。ダンサブル/ポップな曲での宇都宮のヴォーカルも良いが、バラードもいいなぁ。聴きやすく耳にすっと入ってくる心地よさがあります。
山あり谷ありの展開が聴き応えのあるタイトル・トラック⑧RAINBOW RAINBOW(陽気なアインシュタインと80年代モナリザの一夜)とラストの物悲しいコーラスが印象的な⑤クリストファーも良い。

【お気に入り】
⑦金曜日のライオン(Take it to the lucky) → PV。何から何まで凄ぇぇええええ!
「別れることは怖くない」
君は涙みせずに言った
生きる為のルールだから
ほんの少し悲しいだけ

④1974(16光年の訪問者) → PV。これも凄ぇええ!
③1/2の助走(Just For You And Me Now)
スポンサーサイト

COMMENT 0