イチヂク「朱」

イチヂク_朱
イチヂク「朱」 (2015)

プログレッシブヤンデレバンド・イチヂクの、3曲入りシングル。今回もタワーレコード渋谷店限定発売です。
「黝(くろ)」「皎(しろ)」ときたので、今回は「朱(あか)」と読むんだろうな。次は「あお」かな?

とにかく出水健一(Ba)の存在感が凄い。元々彼のベース・プレイが肝となるバンド・サウンドを出してはいましたが、この1枚ではよりそのことが伝わってきます。もうバキンバキンいってますわ。スピード感で聞かせる曲やアッパーな曲が無く、割と隙間感のあるアレンジの曲が揃っていることで、相対的に他の楽器より目立っているからかもしれません。

「プログレッシブ」というだけあって、通り一遍のロック・チューンは少なく、ちょいちょい小技を効かせてくるバンドです。1曲の中に緩急の波があり、歌メロに関しては「そこそこ」ってレベルの曲にも、演奏でしっかり聞かせどころを設定してある。MVが作られた②枕営業なんて、ひょうきんですっとぼけた歌とインパクトのデカい歌詞に意識を持って行かれますが、押し引きを心得たバックの演奏の旨みが肝だと思いますし。しかしこのMV(→コチラ)はひでぇ出来だなw

今回のこの「朱」、Baと並んでピアノのフレーズが印象に残りました。その2つのおかげか、ジャジーな印象も強いです。の中間部もそうだし、①カウントダウン(歌詞のモチーフは「学校におけるいじめ」かな)にしても、バラード調の③累にしても、ピアノのメロディと音色が曲の中で重要な要素になってる。お洒落ですらある。特には出色の出来で、菊池梢のエモーショナルなVoと盛り上げるピアノの旋律が(意外にもw)感動を誘う佳曲に仕上がっています。

スポンサーサイト

COMMENT 0