SABER TIGER「BYSTANDER EFFECT」


SABER TIGER「BYSTANDER EFFECT」 (2015)

11thアルバム。
結成35周年の記念アルバムだそうな。35年前っていうともうNWOBHMとかの時代なわけで、当時からのメンバーは木下昭仁(Gt)ただ一人ですが、メンバーを入れ替えつつ、そしてバンドの形を変えつつも、未だこんな激烈な音楽を奏でていることは驚き。技巧的には近年、さらに先鋭化しているような気もしますし。
今年になって、32期メンバー(アイドルみたいな表現だ/笑)から木本高伸(Ba)が脱退、夏以降はサポートBaとしてMardelas/LIGHT BRINGER/ALHAMBRAのHibikiがライブに参加していましたが、その流れで本作でもベース・パートは彼が弾いています。虎に狐。

このアルバム、発売する直前までリリース情報を知らなかったんですが、タワーレコード(店舗&オンライン)による独占販売形式になっております。この「タワレコ限定販売」、メジャーではMETALLICAのサマソニ・ライブ音源のCDパッケージがそうでしたし、超マイナーなところではプログレッシブヤンデレバンド・イチヂクのシングルがそうですね。
私は都内に出る用事があったついでに渋谷店に寄って購入してまいりましたいがー。

世界進出をにらんで制作された前作「MESSIAH COMPLEX」(2012)は、作詞に遠藤フビト氏を迎えた全編英語詞のアルバムでしたが、本作は英語詞と日本語詞の曲が混在しています。英語詞曲の作詞は引き続き遠藤フビト、日本語詞曲は下山武徳(Vo)が担当。作曲は、木下と田中康治(Gt)のギター・チームがちょうど半々くらいずつ受け持っています。

音楽的には今回、「キャッチーなもの」「合唱できるもの」を目指したようです。所謂、歌メロの強化、でしょうか。前作は“遠藤効果”なのか、メロディへの英詞の乗せ方がより自然になったように感じましたが、本作はどうか?と言うと…、
………、、
うん、確かに英語/日本語に関わらず、歌メロに意識は行きますね。一聴、メロディアスになっているように聞こえる。
ただ、「それにも関わらず」なのか「それゆえ」なのか定かではありませんが、どうも言葉選びの拙さが気になるなー。あと、メロディへの歌詞の乗せ方にぎこちなさを感じるところがチラホラ。言葉選びの違和感は「遠藤曲」に、歌詞の詰め込みや乗せ方の無理矢理感は「下山曲」に顕著なように思える。特に日本語詞に棒読み口調なところが多いんだよなぁ…。

歌メロに焦点が当てられていることが、逆にその不自然さや稚拙さ、“届かなさ”を目立たせてしまっているような気がしますね。①Dying Breed②Sin Eater⑥What I Used To Beあたりはなかなか耳を引くものの、「キャッチーなもの」「合唱できるもの」を想定して作ってこの程度のものしか出てこないんじゃ、歌メロを作るセンスに乏しいんじゃないかと疑ってしまうわけで。
ただ同時に、これは“サーベルなり”の歌メロへの探求であり、“サーベルらしさ”を堅持するためにはこの程度のキャッチーさに留めておく方がベターな気もするというのが痛し痒しなんですけどね。因みに、下山アニキの歌唱自体はかなり好きだったりします。キャッチーではないものの、Devastation Trailでの歌い上げる歌唱なんてなかなか聞かせますし。

歌メロに関しては「ちょっと厳しいなぁ」「(自分には)ハマらなかったなぁ」という感想ですが、それより演奏が良いですよ、演奏!
特に、間奏の展開が芳醇で、聴き応えが増してるかな。Gtメロディそのものが良いというより、ツインGt編成を生かしたフレーズの繋げ方にスリルを感じる。歌メロの感触との対比効果もあるかもしれません。歌メロ自体は気に入らなくても、【間奏を待ち望んで聴く → うぉーGtソロキタァァア!!】という感じで(笑)

バックの演奏と歌メロが乖離しているように感じるのもいつもの「(下山)サーベル」だし、とにかく演奏と音作りが硬質なのもしかり。モダンでゴリッゴリ。Gtサウンドが固く、しかもそれが2本あって隅から隅まで隙間無くフレーズがぎっしり敷き詰められているし、しかも水野泰宏のDrも固いから、正直どれがHibikiのBaの音なのか分からん(笑)
彼らの作品にしてはとっつき易いアルバムだと思いますけどね。前半が強力で、後半に行くに従って尻すぼみ気味ですが…。

歌メロに関しては久保田(陽子)時代や(下山アニキがやってた)SIXRIDEの方が自然だったと思うし、フックもあったと思います。演奏の充実度に関しては、現編成が一番かも。

【お気に入り】
①Dying Breed
⑥What I Used To Be
②Sin Eater

スポンサーサイト

COMMENT 2

うっきょ  2015, 12. 18 [Fri] 23:53

いつもブログ見てます‼️

はじめまして‼︎

いつもブログ見てます‼︎

サーベルタイガー タワレコで試聴したんですが 後半になるとダレてくるのを自分も感じたので 購入は見送りました(^^;;

サーベルタイガーのアルバムを全て持ってるわけぢゃないので たいそうには言えないんですが 毎度毎度 後半になるにつれ中弛みしちゃいますよね(^^;;

あと歴史が長いですけどメンバーチェンジが多いゆえか 今だに「サーベルタイガー」の音楽観が弱いというか 世界観が弱いというか 楽曲群に

これぞ「サーベルタイガー」だ‼︎というような個が いつまで経っても確立されてないように思えます(^^;;

でも なぜか毎回 新譜が出るたびに気にさせる不思議な魅力がありますよね(^^;;

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 12. 19 [Sat] 20:25

うっきょさん、初めまして。

ご訪問とコメント、ありがとうございます!

サーベルは確かに他のアルバムもダレるところを感じるんですよね。メンバーはよく曲の判別がつくな、と思うことも(笑)
このバンドの一番大きな特徴は、「そこまで凝らなくてもいいんじゃね?」と感じさせる木下御大の作る神経質なリフだと思っています。

私は一連のEternal Loopの曲が好きなんですが、毎回アルバムがリリースされる度に、その亡霊を追いかけているような気もしますw

Edit | Reply |