Nameless One「黎明を告ぐ者 ~Teller of the Genesis~」

namelessone_黎明を告ぐ者
Nameless One「黎明を告ぐ者 ~Teller of the Genesis~」 (2015)

京都出身のメロディック・デスメタル・バンドの1stフルアルバム。

このバンドのことを初めて知ったのはTwitterで流れてきた寂寞のファントムのMV(→コチラ)だったんですが、これがクセェぇぇええ!ダセェぇぇえ!っていう感想でして(笑)、ちょっと気になってはいました。そんな折、キャプテン和田氏絡みのライブイベントで2回ほどそのライブ・パフォーマンスを観た(コチラコチラ)らなかなか良かったので、ちょうど良いタイミングでリリースされたこの作品を買ってみました。

で、聴いてみたら、こちらはさらにクセェぇぇええ!ダセェぇぇえ!って感想でした(笑)。大体にして、「黎明を告ぐ者」ってタイトルからしてくせぇ。
ライブでは(無駄に)武器をブンブン振り回しながら登場したり、衣装や小道具、歌詞世界まで含めて、ファンタジックかつRPG的な世界観が下地にあるバンドです。コンセプト作である本作にしても、メンバーが創作した物語世界の中での出来事を基にした楽曲が並んでいるようですし。要するに、剣と魔法とドラゴンと冒険と異臭ですよ(適当)

まぁストーリーやコンセプトについては置いといて(置いとくのか)、音楽的な部分にのみ言及すると、ツインGtを主軸にしたメロディック・デスメタルです。ヴォーカルだけデスメタルのメロスピみたいな曲だったり、フォークメタル調だったり、チルボドっぽさのあるパンキッシュなメロディラインを持つ曲があったりと、それほど幅広くはない音楽性の中で各曲の個性を出そうという試みは窺えます。Key奏者がいないこと、そして同期音源もそんなに使っていないことは特徴でしょうね。なので、RHAPSODY (OF FIRE)等の“剣と魔法とドラゴン”志向(?)のバンド群に比べると、アレンジはそれほど大仰で壮大な感じはしません。ただし、メロディ使いは多分にヒロイック。いわゆる「クサメロ」と言われる類のものですが、このセンスは日本人らしいものだなぁと感じます。Dragon GuardianGYZEGALNERYUS(特に初期)とかが持つクサさを想起させるタイプね。

このバンドの最大の特徴は、Jawによる弾きまくりのリードGtでしょう。相方GtのKoichangにバッキングを任せて、常にメインのメロディを弾いてる(という印象)。あちこちでGtソロをぶち込んでくるというよりも、歌うようなテーマメロをいつも奏でている(という印象)。サビ裏でも弾きまくっているというより、リードGtのフレーズこそがサビなのだ!…という逆転現象が起きてますなぁ。NGTのVoはそこに彩を加えている程度(という印象)。
確かな技巧を持つJawですが、彼以外のメンバーの演奏もとてもしっかりしています。録音がクリアに仕上がっているから、ちゃんとそれが伝わってきますし。因みにマスタリングは、Finnvox StudiosでMika Jussilaによって為されているという、“本場”仕様です。


バンドから色物臭が漂ってくると言えば確かにそうだし、改善点もある。
NGTのグロゥル/シャウトは厚みや迫力に欠けるので、ヴォーカル面にタフさを求める人は物足りないでしょうね。現時点ではVoが演奏と拮抗して相乗効果を上げるというより、メロディを邪魔しないという位置付け。物語の語り部としての役割も果たせてるとはまだまだ言い難いかな。
また、次々とメロディックなフレーズが畳み掛けられる楽曲の快感度とインパクトは強烈ながら、やや垂れ流し気味なリードGtメロディに頼りきってる場面が多いです。アルバムを頭から聴いてると、だんだんとクサメロへのありがたみが薄れていって、アルバム後半には感覚が麻痺してることもしばしば。大作の⑩月影を映して~クサメロが滾々と湧き出て来るスピード・チューン⑪旅人のトロイメライというラストの流れで盛り返すところが救いでしょうか。
引くべきところは引いて、曲にメリハリが生まれるともっと良いのになぁ、と感じます。強力なリフをメインに据えたり、JawとKoichangのプレイスタイルの違いを押し出した楽曲作りをしたり(⑥蒼い羽衣と一角獣ではツインGtのハモりがスパイスになってるけどね)、Voワークを多彩にしたり(クリーンVo導入ということではない)と、別の方法論での聴き処の設定に期待しますね。


ただ、全体が総じてバランスの良いバンドよりも一芸に秀でているバンドの方が面白いと思える場合も多いわけでして、このバンドの「一芸」は勿論、歌い上げるようなリードGtのメロディ・センス。それをどう聞かせるかは、アレンジ次第でこれからいくらでも良くなる余地はあるんじゃないかな、と。まずはバンドとしての強みが無いとね。
良いバンドだと思います。

【お気に入り】
②黎明を告ぐ者
⑪旅人のトロイメライ
③紫電のセンチュリオン
⑧アダマンタイトの蹄鉄
⑤灼熱のジャガーノート
⑩月影を映して

スポンサーサイト

COMMENT 2

しょうや  2015, 11. 26 [Thu] 21:42

お久しぶりです。
偶然にも自分も先日のピュアメタルフェスにおりました。

クサイのはもちろん、年代的にも近く(と言っても全然彼らのが下ですが)今後も注目していきたいバンドです。
年明けに再び"帝都の地"でライブを行うそうなので、行きたいと思ってます!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 11. 28 [Sat] 10:08

しょうやさん、

お久しぶりでございまする。
このバンドはなかなかインパクトのあるメロディ使いですよね。
1月のCYCLONEのやつですね。Nameless One以外にも「もうこのハコ臭過ぎだろ!」ってなりそうなラインナップですよねw

Edit | Reply |