VEILED IN SCARLET「IDEALISM」


VEILED IN SCARLET「IDEALISM」 (2012)

国産メロディック・デスメタル・バンド、SERPENTのメイン・ソングライター・Keija(Dr,Key)が体調不良のためバンドを抜けてから3年ちょい。ここに新たなバンドを結成して戻ってきました。SERPENTで一緒だったHiroki(Gt)も在籍しています。ヴォーカルにShun、さらにギタリストとしてSyoを迎えてツイン・ギター体制となっています。※ベースはKeijaがプレイ。そしてSERPENTのオリジナル・ギタリストAkiが4曲でサポートしており、ギター大盤振る舞いの体制となっています。

その音楽性に関してもSERPENTと同様、「ギター大盤振る舞い」のメロディック・デスメタルとなっていますが、一口にメロディック・デスメタルとは言っても、彼ら流のメロデスはちょっと感触が独特です。イエテボリ産のメロデスのように曲を牽引するリフがメロディックなため「メロデス」と言われるというタイプではなく、ギターが常に甘美なメロディを奏でているため「メロデス」と呼ばれる、といった印象でしょうか。もちろんデスヴォイスがあるから「メロデス」なんですが、彼らの場合「デス」が「メロ」に完全に寄り切られています。熾烈な鍔ぜり合いとかする間もなく一瞬で「メロディ」の勝利です(笑)。これがまるでマイナス点ではなく、彼らの強みになっているのが個人的にはポイント高いです。反面、攻撃性や背徳性を求める人にはもの足りないかもしれません。ちなみにヴォーカルが低音ヴォーヴォー声になったのは私はちょい苦手です。
ワルツっぽいリズムを使う曲がありますが、例えば初期IN FLAMESのように「ココでワルツだ、聴きやがれ!」的な感じではなく、曲の展開の中に自然に馴染ませているような印象です。どっちが優れているとかいう話ではありませんが。また、クラシック音楽からの影響の導入方法、ピアノ等Keyのアレンジも実にスムーズにメロディ展開の中に溶け込んでおり、そのクサさを助長しています。

数多のクサメタル・バンドの中でも、彼らほどクサいメロディをクサい展開で続けざまに聴かせてくれるバンドはいないでしょう。SKYLARKHEAVENLYといった海外からの刺客でさえ、あっさりと葬り去るほどのクサ・リーサル・ウェポンであると言えます。その臭気指数レッドゾーン

臭気指数
臭気指数とは、メタルのおけるメロディの臭気濃度を指数尺度のレベル表示したもの。数値の大きさの差異が感覚的クサさの強烈さの差異と同程度になるように臭気濃度を対数表示したものである。単位は「Xa」。
測定方法は、国が認定した臭気判定士(別称:クサメタル判定士)による、「失禁」「脱糞」「悶絶」の三段階判定方式による官能試験法。臭気判定士としては元B誌のF木氏が著名である。(Higepediaより)

 -この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。-


【お気に入り】
全編ニオイ過ぎですが、特に、
④Idealism 絡み合うツインリードが悶絶モノのキラー・チューン
⑨Dividing Line ギターとピアノとオーケストラが大挙して泣かせに来るんですッ!
⑤Drift 泣き過ぎ
①Desire クサキングの帰還を高らかに告げるアンセム
⑥Night Befall ドラマティックな展開が聴き応え満点

スポンサーサイト



COMMENT 2

kazz_asai  2012, 05. 10 [Thu] 21:04

SERPENTの2nd「Cradle of Insanity」はIn Flamesの2ndやEbony Tearsの1stなどと並ぶ、メロディ重視型メロデスの一大傑作と思っています。
特に彼らの場合は、歌謡曲にも通じるような日本人の心に訴える要素を知りつくしているという点がポイントです。
こういうバンドはややもすれば「IRON MAIDENの曲をデス声にしただけ」などと揶揄されてしまうのですが、何と言われようと私はこういうバンドには無条件で惹かれてしまいます。
このバンドはチェックしていませんでした。
早速購入して聴いてみます!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 05. 10 [Thu] 21:34

kazz_asaiさん、

EBONY TEARSの1stいいですね!

仰る通りメイン・ソングライターのKeijaはホントに純日本人的な感覚で曲を書ける逸材だと思いますね。

SERPENTのKen(Vo)が高音ギャウギャウ声だったのに対して、このバンドのShunは低音ヴォーヴォーなので、そこが一番の(唯一の?)違いですね。

Edit | Reply |