黒川博行『八号古墳に消えて』

黒川博行_八号古墳に消えて
黒川博行『八号古墳に消えて』 (創元推理文庫)

黒川博行の警察小説、大阪府警シリーズの3作目『八号古墳に消えて』を読みました。
2作目の『雨に殺せば』の感想は → コチラ。

大阪の遺跡発掘現場で、崩れ落ちた土砂の下から大学教授の死体が発見された。事故かと思われたが、死体の気管と食道から採取された泥は現場のものではなかった。警察の捜査が始まると間もなく、別の遺跡発掘現場で謎の墜死事件が…。大阪府警の二人の刑事、通称“黒マメコンビ”が、遺跡発掘と大学のポストを巡る連続殺人事件に挑む!「大阪府警捜査一課」シリーズ、第三弾。

1作目から順調に(?)面白さ右肩下がりだな…。自分が飽きてきただけかもしれませんが。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

黒マメコンビの聞き込みを軸にして物語が進むのは基本ながら、事件の解決に際してはマメちゃんこと亀田刑事の独り舞台であり、やはり私立探偵モノの匂いが濃厚ですね。

で今回、犯人が誰とかは分からずとも事件の構図は早々に判明するので、あまりスリリングさはありません。まぁ語り口は相変わらず巧いので、すらすらと読み進めることはできるんですが。また、真犯人を追い詰めてから動機や手段(ホワイダニット、ハウダニット)を聞き出す、という終盤の流れなんですが、犯人が分かっちゃうともう「どうやったか?」とか興味無くなっちゃうんですよね、私。ミステリのパズル的な側面にはあまり興味が無いので。

前作における画壇や貸金の話のように、物語の背景となる舞台/業界の知識を分かり易くすんなりと挿入しつつ読者に説明してくれる作法は見事でした。本作は、題名の通り、考古学や遺跡発掘関係ですね。

次に読む作品に期待かな。
スポンサーサイト

COMMENT 0