Mary's Blood@原宿アストロホール

Mary's Blood Tour 2015 "Invasion of Queen" 原宿アストロホール (2015/10/25)

Mary's Bloodのワンマン公演に行ってきました。
2ndフルアルバム「Bloody Palace」発売前の時期だったにも関わらず、原宿アストロホールが早々とソールドアウト。すんごいね。

一般発売日にチケットを購入した私はDチケットの並列入場だったため、かなりフロア後方からの観戦でした。入場すると、私が言うのもなんだがお客さんの年齢層が高い。雰囲気のみでの判断ですが、私が普段行くライブでの客層のほかに、昔ジャパメタ聴いてましたって人が(も)来ている感じ。『NAONのYAON』出演の影響とかもあるんでしょうかね。メアリーに対する「“女の子”がこんなに激しいメタルをやっちゃうんだ」という驚きやギャップの大きさってのは、現行国内ガールズ・ロック・バンドの中でも屈指のものがありますし。また、歌唱や演奏に伴う不安が極めて少ないバンドでもありますしね。

定刻10分押しくらい、ステージを隠していたスクリーンが上がって並び立つメンバーのシルエットがあらわになり、新譜のオープニング・チューンであるBite The Bulletから勢い良く開演。いきなり音がすこぶる良い。
多くのHR/HMバンドがライブの幕開けは勢いある即効性の高い楽曲で始めますが、初っ端ってのは各楽器のバランスが安定していないことも多く、せっかくのキラー・チューンを残念な音響で聞かされることも少なくありません。この日はそんなこともなく、リズム隊がガッツンガッツン前に出てくる音像だし、かといってGtとVoのウワモノが引っ込んでいるわけでもないという、理想的なもの。その音響を以ってこの曲の大きな聴き処である間奏のツインGtのハモりフレーズも綺麗に決まるわ、その後にCrime and PunishmentParanoid Delusionと激しい楽曲を一気に畳み掛けるわと、序盤でフロアの温度を一気に上昇させましたね。
事実、観客の反応は熱狂的かつ興奮過多気味で、終始曲に合わせて拳が上がったり手拍子が起こったり、GtソロでSAKIがお立ち台に上がると大歓声になったり、時折感極まったような叫び声が発せられたり(ウルセーw)、MCの時にはEYE(Vo)が喋ってるのに被せるように返答の声があがったり(ウルセーw)…etc…。

メアリーの躍進ってのは、元々の演奏力・突進力・攻撃力に加え、ツインGt体制を念頭に置いたことでライブ/音源共にギター由来のドラマ性が大幅に向上したことと、メロディ作りがより洗練されたことに依っていると思うんですが、この2つが同時に起こったのがデビュー・アルバムの「Countdown to Evolution」(2014)。ライブでのサポートGtを加えたギタリスト2人体制の構想が先にあったのか、曲作りの過程でツインGtが求められたのか、その順番は定かではありませんが。

ギターの本数が増えて、より「やりたいことができるようになった」こととも無縁ではないでしょうが、SAKIのGtプレイが“歌う”ようになったのは非常にデカいと思いますね。以前から技巧面では図抜けている人でしたが、メジャー・デビュー以降の楽曲にスピードには頼らないメロディアスなプレイが増えたことが嬉しかったです。そこに綺麗綺麗し過ぎないタッチが加わることにより、フラッシーさをも堅持しているところがまた素晴らしい。
そんなSAKIの“歌う”プレイを堪能できたのが、WingsSong for YouInfinite LoveCampanulaというメロディックな曲の流れ。前半のハイライトでしたね。また、そういうメロディを丁寧になぞるプレイとテクニカルなプレイとの配分/コントロールがいいのよね。一辺倒に感じなくって。

SAKIが大口開けて歌メロを歌いながら(ルーク篁流/笑)ギター・ヒーロー(ヒロイン)然として弾きまくったり、激しいヘドバンで髪が!髪が!みたいになったり、そうやって活躍できるのも、社というサポートGtがいるからこそで、アンサンブルに安定感をもたらし、コーラスでも強力にEYEをサポートする彼女の存在は、今やメアリーに無くてはならないものに感じられます。2人のコンビネーションの良さは素晴らしく、ツインのハモりはぴったりと綺麗に合うし、SAKIを前面に押し出した役割分担も的確。
あと感じたのは、メアリーってギターは2本になれど、「わぁいツインギター、めありーツインギター大好き」って感じにはハモリを多用しないのは肝だと思いましたね。テーマメロや間奏のクライマックス等、ここぞという時にのみハモりが登場するから、よりその存在が際立つという仕組みですね。隙あらばハモっちまおうぜという節操の無い、かつアイデアの不足したバンドには是非見習っていただきたいところですわ。
そうそう、SAKIが歌うようなフレーズを奏でている裏で、RIO(Ba)がそれを補強するようにメロディックなラインを弾いてるのがとても良いですね。彼女、淡々とク-ルな面持ちでそういう細かなテクを出してきたりするから油断ならんのよなw

ワンマンならではのソロ・コーナーは、ギターとドラム。SAKIがマイクを通さずに「原宿ゥウウ!、腹から声出せェェエエ!」と煽りつつ超高速ソロをバシバシキメると、MARI(Dr)と一緒になって会場の8割くらい(もっと?)が知ってるであろうリフを刻み始める。うぉ、Painkiller(勿論プリーストね)のカヴァーに突入かと思いきや、そうはならずDrソロへ。MARIは、どちらかというと曲芸的なプレイより曲中での音の凄みを味わうタイプのドラマーだと思いますが、ソロでも魅せますね。小さい身体とそれを取り囲むデカいドラム・キット、そこから放たれる重い音という、なんかよくわからない組み合わせの不可思議さがある。あと、スティックを天井に向かってスッと掲げる時の所作がイイね。

ソロ・コーナーが終わると、先ほどのPainkillerに似た導入部を持つMarionetteから後半スタート。ツインGtで聴くのは初めてな超高速チューンVeronicaを含め、メジャーでの楽曲の中でも一際激しい曲ばかりノンストップの畳み掛けですわ。いや、MCを挟んでるから「ノンストップ」ではないか。
EYEが喉も枯れよとばかりにシャウトをかましたり歌い上げたりする曲が続きましたが、中盤にはタオル回しのReady to Goがあったりと、彼女、誰にでも化けられるというタイプじゃないけど、「EYE」という個性を貫きながら様々な曲調の楽曲を歌い上げる様は見事でしたね。シャウトしててもバラードを歌い上げてても、それぞれの歌唱がちゃんと板についてるのよね。
フロアを凍りつかせ居心地の悪さを生むことが心配されたMC問題(苦笑)も無難に、いや、熱気を保持したまま切り抜けましたし。

でもMCで一番喋ったのはEYEじゃなくてSAKIか?
「元気かぁ~~!?」「元気かぁ~~!?」「私も元気♪」という、まさかの聖飢魔Ⅱ@東京国際フォーラムでのルーク・パクリ オマージュから口火を切ったMCタイムのほとんどが、聖飢魔Ⅱへの想いを語ることに費やされるという異例の事態(笑)。あ、あと社との「東京の地下鉄でどの路線が好きか?」という鉄ヲタ話もあったか…。つまり、MCを総括すると、「悪魔と電車」です(笑)
今後、真摯なMCはEYEが短めに、くだらないMCはGtチームがダラダラと、という役割分担は有効かもしれない(←全然褒めてないw)。

Promised Landで本編を、Moebius Loopでアンコールを締めるというのはとても良かったです。2曲共、激しさと爽やかさと演奏の聴き応えが同居する楽曲で、ラストに相応しいですから。


2時間半くらいだったかな、素ン晴らしいワンマンでしたよ。間違いなく今までで一番良かったです。3,500円というチケット代を合わせて考えると、こんなに満足感のあるライブはそうそう無い。
ただし、物販話は長過ぎだ(笑)

<セットリスト>
01.Bite The Bullet
02.Crime and Punishment
03.Paranoid Delusion
04.Wings
05.Song for You
06.Infinite Love
07.Campanula
08.Ready to Go
09.Grayish World
10.Sweet Trap
11.SAKI Gtソロ
12.MARI Drソロ
13.Marionette
14.Veronica
15.I'm Dead
16.Bloody Birth Day
17.Coronation Day
18.Promised Land
ENCORE
19.Shout the Truth
20.Burning Blaze
21.Moebius Loop


このアストロホール公演が速攻ソールドアウトになってしまったため、追加公演も決定したようで、ステージ上で発表になりました。来年1月24日に初の福岡公演(対バン形式のよう)、そして1月31日にはなんと新宿BLAZEでワンマンですとー!
デ・カ・い。
すんごいね。

スポンサーサイト

COMMENT 0