Mary's Blood「Bloody Palace」


Mary's Blood「Bloody Palace」 (2015)

4人組ガールズ・メタル・バンド、2ndフルアルバム。
メジャー第1弾である前作「Countdown to Evolution」(2014)は日本コロムビアからのリリースでしたが、本作からビクターエンタテインメントに移籍しておりますね。まぁ前作の時点で、(同じビクターの)LIV MOONCyntiaを手掛けた人脈が関わっていましたし、記憶がおぼろげながらレコーディングもビクター・スタジオで行われたんじゃなかったっけかな? そういう流れを考えると、自然かな、と(というかコロムビアは、メアリーにとって制作会社というより配給会社だったのか?)。因みに、クレジットを見ると、前作にも携わっていた岡ナオキ(「丘ナオキ」表記もアリ)が、本作では全面的にサウンド・プロデュース等手掛けているようです。

前作での乙女乙女してゆるふわな(笑)白いアー写イメージ(作風はゴリゴリだったが)から、ビッt…、いや、お姐風のタフなイメージの黒アー写へとトランスフォーム。その衣装やメイクがメンバーに似合ってるかとかそこらへんのセンシティヴな点には触れないが(笑)、そのイメージに合わせて中身の音の方が前作以上に攻めまくりングかというと、そうでもない。反対に軟弱になっているわけでもない。
まぁ「ゴリゴリ」と表現しつつも、前作には例えばCampanulaI, Lamentのような哀メロの映えるポップ寄りの曲があったり、ちょいジャジーなBlack★Catの存在が幅を広げていたわけなんですが、本作の作風もそこからそんなには変化していないように感じます。
作風の幅を広げたというよりは、個々の楽曲の色合いを明確にし、個性を際立たせてきた、と表現したいところ。前作より各楽曲群を自分達のコントロール下に置いて制御できているような気がする。まぁ前作が「制御できていなかった」と言いたいわけじゃないんですけど、楽曲のアレンジなり楽器陣のアンサンブルなり、そこにバンドの「確信」がより透けて見えるのが本作、とそういうことです。
1stと2nd、それぞれに魅力があるわけで、一口に言うと、「めいっぱいさが魅力だった1st、余裕や懐の深さが感じられるようになった2nd」といった感じでしょうかね。

バンドの一体感が増しているように感じる点、メンバー個々の貢献度がはっきりと把握できるところは成長といってよいと思います(何故か上から目線)。Gtだけじゃなくて、リズム隊の存在感が増しているのが分かる。特にMARIのDrに顕著で、色んな場面で「ドラムすげー」という思いが去来する。ただ、(Drの)この生々しい音作りは好悪分かれるかもしれません。私は好きな録音ですけどね。
アンサンブルが整理されたこと、曲毎にアレンジを大胆に変えていること、それによってSAKIのGtプレイの多面性が浮き彫りになっていることも特筆すべき点。「この人、(HR/HMの範疇なら)どんなスタイルでも弾けるんじゃないか?」とか思っちゃいます(錯覚?)し、Gtメロディがどの曲でも確実にドラマを作ってるもんなー。

収録曲は数十曲の候補の中から選んだといいます。(曲を)書くスピードにも依っているんだと思いますが、SAKIの曲が多い。前作でPromised Landという名曲を作ったMARIの書いた曲が無いですね今回は。
作詞は全てEYE(Vo)。これは前作からですけど、メロディに言葉をはめ込む彼女のセンスはなかなかのものがありますね(何故か上から目線パート2)。不自然な歌詞の切れ目や詰め込みが無いもん。


①The Gate of Palace
アコギとストリングスによるインスト。雰囲気 is 北欧。

②Bite The Bullet
メアリーなりの正統派HMを突き詰めたと言えるような、リード・トラック。このオープニングのインパクトは大きく、生々しくゴツゴツした演奏は前作より(さらに)振り切ってるなぁと思うこと必至。EYEのシャウトがやや薄いが、(良い意味での)フェイク気味の歌メロの“こなれ感”に成長を感じます。
そして間奏の悶絶過ぎる展開美を聴くのだ! クレイジーなまでに弾きまくる導入部、歌うように紡がれる滑らかなメロディ、ツインのハモリと、これでもかと美味しいフレーズが連続する様に漏らす。名曲やんけ。

③Crime and Punishment
前曲からさらにアクセルを踏み込む攻め攻めの曲。でも歌メロはメロディック。この疾走感は、メロスピというよりスラッシュの感触なんだよな。Drがドッカンドッカン暴れ回ってるし、Gtもしかり。端正さよりも制御された凶暴さみたいなものを感じるから。ソロもトリッキー極まりなくてスリリング。

④Song for You
キラーチューンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 本作随一の胸キュン曲の登場です。イントロの歌いまくりのGtメロディから既に涙腺を刺激してきやがりますが、絶妙なライン取りで進行する歌メロの懐かしさとひたむきさの同居、そしていきなりスピードアップするGtソロがとどめを刺します。この間奏、そしてエンドソロは、アルバム全体の中でもハイライトとなる名演だと思いますね。サビでのファルセットの捌き方が甘いことだけが気になるけど。

⑤Ready to Go
ウチのブログを日常的に読んでくれている人からすれば、私の好みからは外れるだろうとすぐに分かるタイプの曲。曲名からしてそんな感じがプンプンしますが、アメリカ~ンな明るさを持ったチャラめな曲です。80年代アメリカン・ロック調というか。歌メロと歌唱と歌詞は特にそんな感じね。ただGtソロは魅かれるし、アルバムの中でこの1曲の果たす役割は大きい。

⑥Grayish World
この曲好きですわ。歌メロも演奏も歯切れよい&小気味よいメロディックHR。サビが全編英語詞だからってのもあるかもしれませんが、言葉のハマり具合とか板についてる感満載のノリとか、洋楽っぽさはかなりのもの。舶来臭全開でございます。
アルバム始まってからこの曲まで、EYEの声の表情や歌唱法がどれも違っていて、たいしたもんだなーと感じるのですが、一番感心したのはこの曲のサビメロのハマりっぷりなんですね(何故か上から目線パート3)。

⑦Bloody Birth Day
ここから後半って感じ。どっかで聴いたようなメイン・リフでトリッキーに攻めること攻めること。演奏はかなりテクニカルです。歌詞や歌メロからもピリピリとした緊張感が漂う曲。

⑧I'm Dead
ドコドコ・スラッシュ・ドミネーション。重いわー。意図的にメロディを排除しているような曲ですが、それでもなおもう少し叙情が欲しい。

⑨Sweet Trap
RIO作曲。歌メロを作ったのはEYEらしい。叩きつけるような豪快なリズムを持つ曲で、聴き手としては前曲から鞭入れられっぱなしって感じ。ただ歌メロと歌い方にどこか浮遊感があることが、妖艶さを醸し出してる。もう少し叙情が欲しいパート2。

⑩Infinite Love
EYE作曲、面食らうほど真っ当で素直なメロディを持つバラード。まるでGLAYのようだ。Gtソロ前のフレーズなんて、あなたを彩る全てを抱きしめてゆっくりと歩き出しそうだもん(笑)。振り幅の大きさを象徴する右翼みたいな曲で(左翼はか。つーか右&左って譬えが悪い?w)、アルバムの中での機能面はともかく、曲単体とすれば真っ当過ぎて面白みには欠けるというのが本音。ただ、泣きまくりの雄弁なGtソロ(間奏&エンドソロ)は素晴らしい。

⑪Moebius Loop
EYE作曲。大仰なまでに正統派メタルのエッセンスを注入したスピード・チューン。Keyの演出によりスケール感が生まれていますね。同時に歌メロにはJ-POPのような親しみやすさと軽やかさがあり、演奏の苛烈さ&聴き応えと曲を包み込む爽やかな空気とのギャップが新鮮で、これは押し出すイメージをどのようにでもバンドがコントロールできることを証明した曲なんじゃないかしら。
サビの「メ~ビ~ウ~スゥ↑」のところの歌い回しがちと気になりますが、あのPromised Landのような聴後感の良さでアルバムを締めくくります。


WingsPromised Landの2大キラーチューンの存在が大きかった分、前作の方がほんの少しだけ好きかな。曲の錬度や平均点は本作の方が上だと思います。ヴォーカル・パートの振り幅は広いし。
まぁ諸々考え合わせるとアルバム全体の個人的評価としてはほぼ同等でしょうかね。
つまり、傑作。

【お気に入り】
④Song for You
②Bite The Bullet
⑪Moebius Loop
⑥Grayish World
③Crime and Punishment

スポンサーサイト

COMMENT 0