lynch.「D.A.R.K. -In the name of evil-」


lynch.「D.A.R.K. -In the name of evil-」 (2015)

名古屋出身、ツインGt編成・5人組ラウドロック・バンド、lynch.のメジャー4枚目のフルアルバム。
前作「GALLOWS」(2014)は、“lynch.らしさ”をギュギュギュッと凝縮したような傑作でした。ウチのブログでも年間ベストにランクインしましたし。
そこから短いスパンで届けられた本作は、かなり印象が異なりますね。バンド、というか、バンドのイニシアチブを握るであろう葉月(Vo)が意識的にそうしたのどうか定かではありませんが、実験的とも言える作風に感じました。それほど突拍子もないことをやっているわけではないし、どの曲も「lynch.ミュージック」という枠の中には収まっているので問題作というほどではない。ただ要所々々で、「なんじゃこりゃ!?」と驚くような曲が配置してあり、それらの強い印象がアルバム全体を覆っているようです。振り幅は広いです。

美しいジャケットには、炎に包まれるグランドピアノがあしらってあります。そのイメージを投影したかのような、厳粛なピアノの響きに導かれる①INTRODUCTIONでアルバムは始まります。そのイントロをそのまま引き継ぐように②D.A.R.K.がどっしりゆったりと続く。バックで鳴るピアノと大鉈のように振り下ろされるヘヴィなリフのコンビネーションに、妖艶な歌声による叙情的なメロディ。メランコリック・ドゥームっぽさもあるこのオープニングが描き出す風景からして、前作とは別物の匂いがプンプンしますね。

続く③ANTARESはアップテンポの“らしい”曲ですが、ちとインパクトが弱いです。けれど、先行シングルの④EVOKEでグッと引き込まれる。交錯するGtワークがかっこいいスピード・チューンで、吹っ切るようなラストが白眉。アォチッ!
③④で聴き手を安心させておいて、不意打ちの様に炸裂する5,6曲目が異形です。陰鬱ダンサブルとでも表現したくなる⑤GHOSTのグラマラスさとエロティックさ(忙しなく展開するDrが◎)、様々なパーツをコラージュしたようなヘンテコな⑥ILLUMINATIが、このアルバムの評価を戸惑わせるんだよなぁ。良い/悪いって評価ではなくて、どう捉えたらよいか迷わせるというか。

「V系+メタルコア的なスピード・チューン」ってのが私の考える“lynch.らしさ”(の主たるところ)ですけど、これら王道の曲(ただ、これが数少ない)に混じってチラホラと奇妙なノリを持つ曲やセクションが挿入されてます。アルバム後半に激烈さは増すものの、全体的には暗くて耽美、大人しめの作風でしょうか。前作のようなギュッと凝縮された塊感は無く、多面的で様々なタイプの楽曲が並ぶので、一口でどういう作風と言い難い/アルバム全体の色を見出しにくい、そんな捻った一枚。

あと本作、グロゥルがやや少なめですかね。歪み系のVoワークは、ここぞという時や掛け声っぽいコーラスとしてカウンター的に使うことが多い印象です。ライブでは葉月以外のメンバーが担当するであろうこの漢っぽいコーラスの増量は、本作の大きな特徴だと思いますね。必然的に葉月のクリーンVoの魅力が前面に出ているアルバム。
「吼える葉月」というより「歌う葉月」。
もう一つの先行シングル⑦ETERNITYは、そんな彼の歌心を最大限引き出した名演だと思うのですよ。色気全開、淡々としてるんだけどこれ以上ないほど切ない歌メロに、クリーンGtとピアノの清廉なる響きのバラード。これは名曲だろ。

アルバム後半も、“らしい”曲と異色な曲との交じり合い。
悠介(Gt)作曲の⑧FALLEN⑫MELANCHOLICは、どう聴いても彼が作ったとしか思えない歌謡曲的メロディ回しの切な系ポップス調の曲で、「あぁ彼はこういうが好きなんだな」と思う反面、「こういうタイプの曲しか書けないのか?」とも…。もしくはそういう曲を提供するという、バンド内での役割分担なのかな?

後半の王道ナンバーで素晴らしい出来なのが、⑨BEAST。この攻め攻めのヴァースと滑らかに走るサビの対比こそlynch.って感じ。パッと聴き、サビの歌詞が何言ってるか分からないんだけど、それでも口ずさみたくなるクセがある。
反対に異色ナンバーで光っているのが、⑪COSMOSでしょうか。短いながらも前半と後半でガラリと曲調が変わるこの曲、異様に凝ったリフが◎。
この曲だけでなく、リズム面の強化(DrとBaだけでなくGtリフも含めて)ってのも本作の特徴かもしれません。④⑤⑥とか、バキンバキンのBaが目立ちまくる⑩INVADERとかも。終曲⑬MOONもクリーンVo多めの王道パターンで締めるかと思いきや、リズムが凝ってるから一筋縄ではいかない感じの曲ですし。


意欲作で、内容も面白いし本作ならではの収穫もあるんだけど、前作の方が好きかな。
ただ長く楽しめそうな一枚ではある。そして、“その後”が気になってくる作品でもある。

【お気に入り】
⑦ETERNITY
④EVOKE
⑨BEAST
②D.A.R.K.
⑬MOON
スポンサーサイト

COMMENT 0