デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』

デイヴィッドベニオフ_卵をめぐる祖父の戦争
デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』 (田口俊樹 訳、ハヤカワ文庫NV)

デイヴィッド・ベニオフの『卵をめぐる祖父の戦争』を読みました。
作者は映画の脚本書きで有名な人みたいですね。

「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父レフの戦時中の体験を取材していた。ナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた十七歳のレフは、軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された。饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索を始めることになるが、飢餓のさなか、一体どこに卵が?逆境に抗って逞しく生きる若者達の友情と冒険を描く、傑作長篇。

ところどころ面白く。
全体としてはそこそこ。
でもラストが最高に素晴らしい。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

「ンなばかな!?」的流れの果てに、結婚式のケーキを作るために必要な卵一ダースを求め、レニングラードを脱出してドイツ軍がウヨウヨしている極寒地を彷徨う主人公2人。ウブで生真面目な「わし」ことレフと、 口から先に生まれてきたようなイケメンチャラ男・コーリャ。
このコーリャって男がウザいんだ。実にウザい(笑)。でも憎めないんだよなぁ。

物語の舞台は、レニングラード包囲戦。
ただでさえ苛烈な戦時下の物語という条件に加え、やたら雰囲気が暗くなりがちな「ソ連」という要素(偏見か?)。残酷な描写ややりきれないシーンも数多い作品であるにも関わらず、どこかあっけらかんとした空気やユーモアも感じるのは、このコーリャの存在と、「こんな状況なのにマジで卵っすか!?」というヘンテコなストーリー、そして作者の語り口によるところが大きいです。
このヘンテコ・ストーリーテリング、途中で「卵なんて探してる場合じゃねぇ!」っていう手に汗握りングな展開になって、読者の方も卵の存在価値なんて忘れるような流れに…。
…なんだけど、絶体絶命の場面であってもそこから元の筋道(卵ストーリー)に戻すコーリャの作戦、というか口車がまたヘンテコで面白い。

こりゃあバカミスだろ、と。
ただ、バカミス的要素もあるんだけど、悲惨な描写の数々が易々とそこに着地することを許さず、反対にバカミス要素が徹底的に暗く沈む作風に陥らせない。このバランスがなかなか興味深い作品ですね。

途中、話の流れや行き着く先が見えなくなって退屈を覚えるところもありましたが、プロローグに繋がってくるラスト・シーンの見事さが最高の読後感を提供してくれるため、読んで良かったな、と。
スポンサーサイト

COMMENT 0