UROBOROS「ANOTHER ARK」


UROBOROS「ANOTHER ARK」 (2015)

管理人がその始動に際して狂喜乱舞モノの記事を書いた、天才歌姫・上木彩矢を擁するUROBOROSのデビュー・ミニアルバム。
再度メンバーを整理しておきましょう。

 上木彩矢 (Vo)
 黒瀬圭亮 (Composer,Manipulate)
 大村孝佳 (Gt)
 中村泰造 (Ba)
 笹渕啓史 (Dr)


あらためてメンバー名を並べてみても、しゅごぉぉぉおおおいッ!
おまけに元DELUHI・現Far East DizainのLedaが、多くの曲で“Another Guitar”としてプレイしており、なんだこりゃBABYMETALの神バンドのギターが2人いるのか!?

このバンドの音に触れるにあたってまずポイントとなるのは、黒瀬の作る音世界に上木のヴォーカルがマッチするのかどうかってことでしょう。このバンドの出発点として、黒瀬が想い描く「完璧な音楽」を具現化するという構想がまずあったようですし。次に気になるのは、演奏陣がそこにどういう色を添えるのか(特に大村のGtが)というところでしょうか。
私は(黒瀬がやっていた)Asrielをちゃんと聴いたことがないのですが、ざっくりと言うと要はシンフォニック・メタルでしょう。一方、上木が歌っていたのは、ポップス~ロック。もっと踏み込んでハードロックっぽい曲もありましたけどね。いずれにせよ、世間一般からみればどちらもそう大した違いは無いのかもしれませんが、質感の違いは明らかにある。

「メタルを歌う上木彩矢」

イントロSEを含めた全6曲。全作詞:上木彩矢、全作曲:黒瀬圭亮。
リード・トラックの②Black Swallowtailが、このミニアルバムの、そしてこのバンドの名刺代わりの1曲となります。退廃的なシンフォニックなイントロを口火に、疾走感のあるバンド・サウンドが入ってくる。舞い踊るKeyの旋律に、重心は低めで爆発力のあるリズム隊、鋭く切り込むGtと、うんこりゃあHR/HMだわ。上木が歌うメロディは、(この曲に限らず)ヴァース~ブリッジが英語詞、サビで日本語詞になるという構成で、これはサビを際立たせるための工夫でしょうかね。事実、アレンジとも相まって、この曲のサビの爆発力は素晴らしいです。超カッケー。
Gtソロも短いながら相当テクニカルな印象で、嬉しくなりますね。シャープで現代的なプレイが大村で、それに合わせるように太めの音で鳴らしてるのがLedaかな?

続く③Red Moonがすんごい。この曲が一番好きかな。アコギから始まり上木が気だるげに歌うダークな激重ミドル・チューンですが、歌い上げるサビ、そして間奏のダイナミクスが映えまくりです。なんだこの狂おしいまでの昂揚感は。各メンバーの主張・貢献・持ち味の発露等々、コレが最もバランス良く仕上がっているんではないかな。しっかし、この曲の間奏はヤヴァい。Gtだけじゃなくて、唸りを上げるリズム隊がヤヴァい。そしてそこからサビへと回帰し、寂寞感漂うラストまでの流れがさらにヤヴァい。もう名曲と言い切りたいですよあたしゃあ。


とりあえずこのバンドの最初の作品として、またバンドの自己紹介を兼ねた音源として、わざと曲調を散らして幅広い楽曲を揃えてきたような気がしますね。
黒瀬のKeyが楽曲をまとめることで、やや暗めの作風(これが完全にオイラの好みにぴったりだわ!)に仕上がっているとはいえ、は勢いのあるスピード・チューンだし、は劇的なミドルテンポの曲。続く④IGИISは、目まぐるしく技巧的な演奏の上に、猥雑な雰囲気のあるコーラスと“くだけた”歌メロを配した曲だし、⑤十二夜はピアノをバックにしたしっとりとしたバラード。

インタビューを読むと、黒瀬本人の音楽志向はメタルだけに収まるものではないようですが、その雑食性が(アレンジを全て手掛ける)Tom-H@ckの下、たった6曲(実質5曲)ですがしっかり聞き手に伝わってくるのではないかな。バンド・イメ-ジとしての統一感を(ある程度は)保った上でね。
また、楽曲的にも音作り的にも、各メンバー/楽器の持ち味がちゃんと収まっており、それが均等に押し出されているところが、J-POPとHR/HMのいいとこどりに感じますね。


さて、上木のヴォーカルについて。
彼女のヴォーカルに触れるにつけて、「才能」という二文字が強烈に意識されます。それはこのUROBOROSだけじゃなくて、ソロの時からそう。声が出るとか、音程が確かとか、そういう次元を軽々と飛び越えて、彼女のこの発声、節回し、溢れ出るロック感、そこに見え隠れするキュートさ(これ大事)。それらが、努力とは無縁の天性のモノであるように感じるんですよね。努力してないってことじゃなくて、努力では獲得し得ないであろうニュアンス。
ポイントは、彼女の持つ“ロックっぽさ”ってのは、周りを排除するような類いのものじゃないってことですね。よくあるじゃないですか、ロックのイメージとして「多数派への拒絶・差別」、ひいては「マイノリティゆえの団結」みたいな感じ。あと、女性ロッカーの場合には、「男勝り」的イメージ。ロック・ミュージックがマイノリティってことが言いたいんじゃなくて(むしろマジョリティだ)、イメージの話ね。
私にとっての上木彩矢は、そういった“ロックっぽさ”からは距離があるのよ。彼女について私と同じように捉えない人も勿論いるでしょうけど、私にとってはココ重要なんだなー。それは多分、彼女が“ロックであること”に対して突っ張ってる感じがしなくて、自然体であるように見えるから。自然な有り様、それ自体から立ち上るロック感ですわ。

で、そういう上木彩矢の「才能」が今まで音源としてちゃんと表出している時もあれば、そうでもない時もあったわけです。それは彼女が作曲者ではないということや、その時々でやりたいことをやれてたかどうかってこととも無縁じゃなかったように思えます。
この“らしさ”の表出、歌ってた曲のジャンルがロックかどうかってことは、実は関係ないです。禅問答のようですが、「ロックを歌うから上木彩矢」なんじゃなくて、「上木彩矢が歌うからロック」なのだから(勿論、「上木彩矢が歌わないならロックじゃない」ってことではない)。ポップスを歌おうが、ジャズ・スタンダードを歌おうが、R&Bを歌おうが、彼女がマイクを取りゃあそこにロック感が否応なく滲み出るんだよきっと(あ…、言い過ぎたか?w)

そして、嬉しいことは彼女の良さがこのUROBOROSではしっかり引き出されているように感じること。UROBOROSは黒瀬がメンバーを集めて作った「バンド」なので、そもそもヴォーカリストを立てるためのプロジェクトではないわけですが、メンバーの良さが引き出されれば良い音楽集団になることは必定なわけで、特にバンドの“顔”となるヴォーカリストならばなおさらそう。その意味でも上木の魅力が映える楽曲と環境が整えられた段階で、「勝利」は確定したようなもんだ。商業的な面で売れるかどうかは別にして。
まぁ、私としても思い入れのあるメンバーつったら上木だけなんで、どうしても彼女目線でUROBOROSを捉えちゃうところはあるんですけどね(笑)。

「マイナーな音に乗るメジャーな声」

これはキーがメジャーかマイナーかってことじゃなくて(正直コードのことは分からんw)、アンダーグラウンドとメインストリームという感じですかね。収録された歌入り5曲、上木の声によってもたらされたメジャー感というかスケール感が凄いことになってます。ある意味マイナー臭を放つシンフォニックなHR/HMという音楽が、彼女の声が内包する「華」によって違う色味を帯びていることが分かる。

(英語詞よりも)日本語詞の割合がもう少し多い方が自然だなと思う楽曲もありますが、上木の歌メロへ言葉を乗っけるセンスは英詞だとしても健在。海外HR/HMへの憧憬を滲ませて英語で無理にカッコつけてる感が無いものな。
また、彼女がここまで英語の多い曲を歌うのは初めてだと思いますが、上木らしさがいささかも失われていないどころか、溢れまくっているのはさすが。ビビりましたね。歌い回しの端々から溢れ出てくる彼女らしさとロック感に痺れまくる。

ラストの、ふっきれたように明るく締めくくる⑥Luminousを聴いて、こういう曲も書けるんだな、と思わせてくれたところにバンドとしての可能性を感じます。「明るい」といっても他の曲との比較の上での話だし、実際「能天気」とは程遠く、湿り気はありますけどね。Keyが乱舞するところとか、味付け的にはと似た感じなんだけど、歌メロの質感が異なるため、こちらはスピード感増しましで聴後感は抜群。アルバムの締めくくりに相応しい曲です。


傑作。
「技巧的でシンフォニックでメロディックなHR/HMに歌モノVoが乗る」という(大枠の)方向性もMy好みド真ん中。
だがしかし、その期待値ゆえに全6曲ではヴォリューム不足ですし、本作によってさらに次作への期待と私の中でのプライオリティが急上昇しております。
また、収録曲の全部が全部自分の好みのアレンジに仕上がっているかというとそんなこともないし、①ARKがイントロとしてはあんまり有効に機能していない(の冒頭にもそれらしいパートがあるから)、曲調を散らしたゆえにバンドのカラーがイマイチ定まっていない等の不満点はあれど、ここはとにかく、
Awesome、上木彩矢!
おかえりなさい!

とシャウトしたいのだ。

【お気に入り】
③Red Moon
②Black Swallowtail
⑥Luminous
ま、全部いいんだけどさ。

因みに、LedaはFar East Dizainを脱退して、UROBOROSに合流してくれても一向にかまわんよ!(オイ)
スポンサーサイト

COMMENT 0