香納諒一『心に雹の降りしきる』

香納諒一_心に雹の降りしきる
香納諒一『心に雹の降りしきる』 (双葉文庫)

香納諒一の警察小説、『心に雹の降りしきる』を読みました。
コイツ警察モノばっかり読んでるよな、と思ったアナタ、正解です(笑)

七年前に行方不明となった少女の遺留品が発見された。生存が絶望視される中で、少女の父親、井狩治夫の執念が実った格好だ。だが、井狩の自宅に呼び出された県警捜査一課の都筑は、情報をもたらした興信所調査員、梅崎を紹介された瞬間、確信する。ガセだ。報奨金目当てだ。つまり、こいつは自分と同類だ、と。都筑はかつて似たような手口で井狩から報奨金を騙しとった過去があった。やむを得ず手を結んだ二人だが、数日後、梅崎が死体で発見される。いったい梅崎はなにを掴んでいたのか?都筑はその死までの足取りを追うが…。「このミステリーがすごい!」ランクインの傑作警察小説。

こいつァ素晴らしい!
『贄の夜会』ほどじゃないけど。
しかし主人公の名前が「寅太郎」ってのはどうなんすかね?


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


冒頭に警察小説と書きましたが、ちとニュアンスが違うかも。警察の組織面には目を向けていなくって、主人公・都筑が二人一組で行動なんていうルールも無視して動く一匹狼ですし(まぁ終盤では都筑が謹慎状態になって、必然的に1人での行動になるんですが)。感触は一人称で語られる探偵ハードボイルド物に近いです。

人物描写が上手い。造形も見事ながら、それぞれの人物の人となりがストーリーの中で自然に漏れ出てくる、その語り口が上手いんだな。
大体において、最初印象の悪いヤツが物語の進行に従って段々違う面を(読者/視聴者に)見せてゆき、「お、コイツ実はイイ奴なんじゃね?」的カタルシスを生み出すのは黄金パターンなわけですが、本書でもその手腕が冴えています。それも嫌味がないようにサラリとやるから、心憎いのよね。
始めは「刑事(デカ)に大切なのは、口先だけの誠意だ」とか嘯いて斜に構えていた都筑が、並行する複数の事件を追う過程で徐々に(刑事としての/人間としての)情熱を取り戻してゆく描き方が見事。いや、「取り戻す」というより、元々彼の心の奥底にあったそういった感情を、物語の進行に従って作者が少しずつ表に出してきた、そう捉えるべきところでしょうね。単純に「過去を背負った男」の安易なイメージに陥らせていないところが◎。

そういった描写の仕方が抜群に上手いので、ストーリーの緊迫度合が増すのに合わせて読み手であるこちらもワクワクと盛り上がってきます。しかし、終盤の目まぐるしい展開と、心身共にボロボロなのに「まだやるの!?」って具合に活躍しまくる都筑の超人っぷりには翻弄される。ちょっと現実離れ気味になってくるので、この時点で冷めちゃう人もいるかもしれないですけど、矢継ぎ早にいくつもの謎が解決する過程はなかなかの読み応え。エピローグの手前ではウルウルきたよ…。

ステレオタイプじゃない脇役陣も魅力的ですね。都筑の上司・小池、捜査の過程で関係するヤクザ・津田、怪しげな興信所の人々、地方都市(とも言えない田舎のようですが)の政治経済の実力者を巡る人間模様…etc…。


コレ、好きだわ。
当たり外れのある作家ですが、これは当たり。オオアタリ。
スポンサーサイト

COMMENT 0