VELVET★CHERRY「Diverse」


VELVET★CHERRY「Diverse」 (2015)

デビュー・アルバム「CRUSH ON!!」(2013)の出来が素晴らしかった、国産R&R/HRバンドの2作目。ライブハウス吉祥寺CRESCENDOの元・名物看板娘さんが、アートワークを手掛けているようですね。
前作リリース後、リズム隊がチェンジしています。

前作はR&R的ドライブ感を保持したまま、同時にHR的整合感のあるカッチリとした作品でしたが、本作も同様の路線。この印象って、紅一点・Akane(Vo)の歌唱に依るところが大きいんだろうなと思ってます。赤というかショッキングピンクの髪とド派手なルックスからくるイメージに反して(?)、丁寧に歌い上げる歌唱が光っています。勢い任せの投げっぱなし歌唱ではなく、語尾まできっちり。
彼女が歌うメロディがウェットな叙情を湛えていることも要因としてありますかね。そこらへんが“女版ZIGGY”とも言われるゆえんでしょうか? ZIGGYもかなりHR色は強めでしたから。SNAKE HIP SHAKES期は特に。
「見た目に反して…」的なことは、Akaneだけじゃなくて他のメンバーやバンド全体についてもそう言えるかも。リズム隊の躍動感が目立つ⑤CRAZY?⑧Fakeでは、猥雑さやグラマラスな部分が現れていますが、そういうR&Rバンドらしい“基本”を押さえた上で、なお繊細なセンスが光るバンドだな、と。要はバランスが良いんでしょうね。

全10曲。コンパクトにまとめられたアルバムは流れ(曲順)もスムーズで、一気に聴けてしまう取っ付き易さがあります。
とりわけ冒頭の、フックのあるリフ物①Blowin'~ちょいダークでスピード感のある②Live in Vain~間髪入れずライブ会場限定発売シングルの③Star Dust(哀愁たっぷりの良曲!)、メロウな応援歌④It will work out!という4曲の引き込みは強いですね。

個人的にはラストの2曲がツボ。
⑨記憶の先はスピーディなリフ回しと起伏のある歌メロが映える曲ですが、駆け抜けるGtソロの鮮やかさがキラー。
どっしりとしたロック・バラードの⑩炎舞は、Akaneの魅力が最大限に活きてる曲だと思います。安定感のある歌い上げね。彼女自身によるバッキングVoの響きも美しい。そんでね、この曲もGtがYAVAIんですよ。特に、歌メロのクライマックスに合わせた泣っき泣きのエンド・ソロが。クッ…、このフェイドアウトが実にズルい…。
の間奏とのエンドソロ。同一人物のプレイとは信じられないほどで、☆Shinichi☆(Gt)の懐の深さがよく出ている名演だと思います。


音楽的な中心人物であろう☆Shinichi☆とAkaneのセンスが詰まった力作。
強いて難点を挙げるとすると、全体的に行儀が良過ぎることと、ちょっと歌唱が丁寧過ぎることですかね。後者については上述したように、このバンドの特徴でもあり強みでもあるところなんですが。曲によってはちょっとフェイク気味に歌った方が映えそうなものもあるし、ライブの熱をもっと(音源にも)込められれば良いかな、と(ってまだ一度しか観たことないような気がするが/汗)。

アルバムのトレーラー → コチラ。

【お気に入り】
⑩炎舞
⑨記憶の先
③Star Dust
②Live in Vain
スポンサーサイト

COMMENT 0