皆川博子『倒立する塔の殺人』

皆川博子_倒立する塔の殺人
皆川博子『倒立する塔の殺人』 (PHP文芸文庫)

皆川博子の『倒立する塔の殺人』を読みました。
表紙が綺麗。

戦時中のミッションスクールでは、少女たちの間で小説の回し書きが流行していた。蔓薔薇模様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記されたその美しいノートは、図書館の書架に本に紛れてひっそり置かれていた。ノートを手にした者は続きを書き継ぐ。しかし、一人の少女の死をきっかけに、物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになり…物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリー。

傑作ですよ、これは。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

この作家は以前『死の泉』を読んで、雰囲気は好みであるものの、何をどう追って読み進めていけばいいのか判然のしない文章を前にして、あんまり楽しめなかったんですよね。ただ、読書好きにとっては評判の良い作家ではあるし、本書なら『死の泉』のような大作ではないので読みやすいかなと思い、購入。

これは大当たりですわ。

美しい。
そして、気品がある。

何が謎なのか、よく分からないまま物語が進むのは『死の泉』と同様の趣がありながら、登場人物達の細かな心理描写や入れ子構造になった作中作の不思議な魅力に囚われつつ、興味は最後まで逸れない。
幻想的な儚さや美しさと同時に、戦時下~戦後すぐの東京を淡々と描写することによって浮かび上がるリアリズムがあり、この雰囲気とバランスは読書という行為によってのみ得られる快感。

しかし、勧善懲悪とは無縁のところで、この作品の登場人物達に対して湧き上がるシンパシーの表現しがたい甘酸っぱさは何だ?所謂“悪役”であるところの「ゲビタコ」先生ですら(ちょっとだけ)愛おしい。

二重に仕掛けられたトリックの切れ味もさりながら、様々なモチーフを散りばめつつ消化不良に陥らずに美しさを保った作品世界こそ至高。
素晴らしい。


なんで土管に似た体型だと「ベー様」ってあだ名になるのか、サッパリ分からなかったんだけど。
スポンサーサイト

COMMENT 0