深町秋生『ダブル』

深町秋生_ダブル
深町秋生『ダブル』 (幻冬舎文庫)

女刑事を主人公とする警察小説・「八神瑛子」シリーズが面白かった、深町秋生の『ダブル』を読みました。書かれた時期は「八神瑛子」シリーズより古いですね。

薬物密売で急成長する犯罪組織で、刈田は名を馳せていた。だが、最愛の弟を守るため組織の掟を破ったことから、ボスの神宮に弟と元恋人を殺される。自身も瀕死の重傷を負った刈田は奇跡的に回復した後、顔も声も変えて古巣に潜る賭けに出た。全ては神宮への復讐を果たすため…。ミステリー界に新たな地平を切り拓いた一大エンタテインメント。

本書にも警察は出てくるけど、警察小説ではないかな。主人公は犯罪者側の人間であり、その苛烈な裏世界を描く犯罪小説。
面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

この作者は、残酷な描写があったり、登場人物に過酷な運命を負わせたりと、かなりえげつない作風が持ち味であると言われてるようですし、事実その通りだとも思います。ただ、そういうある意味目立ちやすい部分だけじゃなくて、細かな人物の機微や伏線、場面・舞台設定やさりげない状況説明等、それを支える周りの細々とした部分を疎かにしていないので、好印象なんですよね。自己陶酔しながら書いてるんじゃないかと、読んでいるこちらが訝しむことが無い(少ない)、バランスに長けた作家だと思います。

本作も実に読ませる。話の流れがスムーズで、登場人物の人となりが意識せずともスッと入ってくるし、前後関係の違和感や、登場人物の性格と行動の不一致等も無い。というか、私が気づかないだけかもしれないけど。
“ファミリー”のボス・神宮のキャラ設定の秀逸さを始め、チームの各メンバーに愛着を覚えながら(犯罪者なのに)、一気に読み切ることが出来ました。
スポンサーサイト

COMMENT 0