ちょこっと感想 2015年 vol.1

【ちょこっと感想 2015年 vol.1】

cainsoffering_stormcrow.jpg
CAIN'S OFFERING「STORMCROW」

STRATOVARIUSのフロントマン・Timo Kotipelto(Vo)と元SONATA ARCTICAのJani Liimatainen(Gt)によるバンド(ユニット?)の2ndアルバム。KeyがMikko HarkinからJens Johanssonにチェンジ、ストラト成分多めの陣容になりました。
とても良く出来たメロスピ/メロパワ作品。ただ、1stもそうだったんですけど、全然ときめかない。好きなタイプのサウンドのはずなのに。どうもJaniのセンスって優等生過ぎるきらいがあって、私と相性が良くないようですね。もっと狂おしいほどの哀感が欲しいです。それは小ティモの歌唱に余裕があり過ぎることも無関係ではないでしょう。メロディに魅かれる部分がないと、演奏面でそれほど光ることをしているグループではないだけに、ちょい厳しいですね。まぁ、もし客観的に評価するならば、高得点付ける作品ですけど。



cyntia_woman.jpg
CYNTIA「WOMAN」

メジャー3枚目、通算4thアルバム。前作「Limit Break」は傑作でした。が、そこから方向性を変えてJ-POPへとシフトした本作の出来は、かなり厳しいですね。ポップになろうがEDM要素の導入があろうが個人的にはどうでもいいんですが、歌メロがつまんないのが致命的です。哀愁も減。楽器陣の活躍の場も不足してるし。
共作曲がゼロになりましたが、こういう方向性こそ外部ライターを入れるべきだと思いますね。ついでに言うと、ジャケや衣装・メイク等々のセンスも見ちゃいられないほど酷い。
武内いづみ様ぁ(Violin)が参加したバラード、⑤君が居ない世界の存在が唯一の救いかな。



lucifer_luciferi.jpg
LUCIFER「LUCIFER I」

スピード解散してしまったTHE OATHのJohanna Sadonis(Vo)を擁するバンドのデビュー作。Gtは元CATHEDRALのGary Jennings。当然のように『Rise Above』レーベルからのリリースです。
THE OATHと同様、音楽性はレトロ志向のHR/HMですが、あっちの方が躍動感はあったかな。こっちの方が浮遊感があって雰囲気モノでメリハリに乏しい。Johannaの歌唱や声質は相変わらず魅力的ではあるものの、楽曲の出来は(THE OATHと比べると)物足りないですね。勇壮なムードがありながら陰鬱であるという、不思議な引力のあるリフ/曲調を持つ①Abracadabraはかなり良いですけどね。⑤White Mountainもそこそこ。



stevehackett_wolflight.jpg
Steve Hackett「Wolflight」

GENESISのギタリストによるソロ、何枚目か分からないくらいいっぱいあるけどとりあえず2015年作。本人が犬系顔のためか、狼さんと並んでいるジャケが全く違和感無いですな。
コレは傑作ですよ。様々なゲスト・プレイヤーを迎えつつも(先日亡くなってしまったYESのChris Squire(Ba)も1曲で参加)、中心にあるのはHackett先生のギターと歌、そしてそれらを最大限に生かした楽曲群。幻想的で、優しく朗らかで、シンフォニックで大らかで、流れるようにスムーズで、でも起伏があってドラマティックで…。想像力を刺激するプログレらしいプログレだけど、全く小難しくはないという。
なんて雄弁なGtプレイとメロディなんだろう…。素晴らしい。

スポンサーサイト

COMMENT 0