黒川博行『雨に殺せば』

黒川博行_雨に殺せば
黒川博行『雨に殺せば』 (創元推理文庫)

黒川博行の警察小説、大阪府警シリーズの2作目『雨に殺せば』を読みました。
1作目の『二度のお別れ』を読んだ時の記事には、「このシリーズは全部で3作かな?」とか意味不明なことを書いていますが、ンなこたぁない。何を根拠にこんなこと書いたんでしょうね、私は(笑)

大阪湾にかかる港大橋の上で現金輸送車が襲われ、銀行員二人が射殺された。その翌日、事情聴取を受けた行員が自殺する。さらに、捜査線上に浮び上った容疑者の死体が発見され、事件は複雑さを増していく…。大阪府警捜査一課の二人の刑事“黒マメコンビ”が、軽妙な会話を交わしつつ、日本画壇の内幕に迫り、金融システムの裏側に仕組まれた奸智に満ちた連続殺人事件に挑む!

前作から黒マメコンビの設定が変わっているようで。黒木刑事が独身になってる。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

マメちゃんこと亀田刑事、大活躍やんけ。
警察小説というより、探偵モノの雰囲気が濃厚でしたね。真犯人に向かって「警察の捜査能力いうのは、おまえが考えてるほど甘いもんやない」なんて言う台詞が出てきますが、いやいやめちゃくちゃ甘いですやん!(笑) 他の捜査陣、ほとんど役に立ってませんよ。黒木刑事は単なる語り部でワトソン役としても役不足だし、真相に辿り着くのはおろか近づくことができたのでさえマメちゃんただ一人。
唯一、警察小説としての面白さを感じたのは、知能犯を扱う第二課のデカ長、岡崎の存在ですね。彼の教授の下に、銀行・貸金の仕組みに踏み込んでゆくところが、本作で一番面白く感じた部分です。黒マメコンビの上司がダメダメなこともあり、岡崎の存在が作品の深みを増していました。

謎解きのカラクリとしての精緻さ、丁寧な取材が窺える事件の背景描写はなかなか読み応えがありました。ただ、真犯人を追い詰めるクライマックス部分が駆け足過ぎて事務的に感じられてしまい、それまでの文章が湛えていた雰囲気をブチ壊しているのは残念な点。

前作同様、表紙のデザインに気品があり、内容もさり気なく暗示してるのは◎。
スポンサーサイト

COMMENT 0