ICED EARTH「Burnt Offerings」


ICED EARTH「Burnt Offerings」 (1995)

おなじみのフロリダはタンパのモリサウンド・スタジオで、Tom MorrisとJon Schaffer(Gt&Vo)の共同プロデュースで作られた、米国産質実剛健HMバンド、ICED EARTHの3rdアルバム。その後長く活動を共にする、Matthew Barlow(Vo)を迎えての第1弾です。

ICED EARTHと同じような音楽性のバンドって、いそうでいないんですよ。というか、私の知ってる範疇ではピッタリとハマるバンドが無い。
JonがHansi Kursch(Vo)と組んだDEMONS & WIZARDSというバンドもありましたし、ドラマティックな装飾という面ではBLIND GUARDIANとの共通点はありそうです。同じアメリカのバンドならNEVERMOREとの距離は近いかもしれませんし、ドラマティックなスラッシュ・メタルという点ではHEATHENっぽさもあるかも。勿論、IRON MAIDENJUDAS PRIESTMANOWARあたりのオリジネイターからの影響はあるんでしょう。あ、パワーメタルとしてはMETAL CHURCHSAVATAGEと似た感じもあるかも?
…とは言いつつ、スラッシーなんだけどヴォーカルは歌い上げて曲展開は起伏があってドラマティックで、でもツインリードGtには頼らないで…etc…、という質感はICED EARTHならではのもの。この音楽性 イコール (メイン・ソングライターである)Jon Schafferの世界観、と言えることができると思いますが、優れた歌唱力と表現力を持つMatthewの加入によって、その世界観はひとまず完成されたような気がします。

とにかく暗いアルバムですね。
元々あまり明るいメロディを奏でるバンドではないですが、それにしても彼らのカタログの中では特に暗く重い一枚かと思います。既にICED EARTHICED EARTHたる要素は一通り揃っており、それら全部を盛り込もうとしたのか、ちょっとトゥーマッチで消化不良の感が無きにしも非ず。楽曲展開がチグハグなところもありますし。でも、このダークでシリアスな雰囲気はとても好みですね。

中でも、16分半に渡ってダンテの『神曲』をテーマにした様々な展開を叩きつけてくる力作⑧Dante's Inferno、オープニングを飾る①Burnt Offerings③Diaryあたりの曲が好き。全部長尺ですね。

【お気に入り】
⑧Dante's Inferno
①Burnt Offerings
③Diary
スポンサーサイト

COMMENT 0