横山秀夫『64(ロクヨン)』

横山秀夫_64_1 横山秀夫_64_2
横山秀夫『64(ロクヨン)』 (文春文庫、上・下)

横山秀夫の警察小説、『64(ロクヨン)』を読みました。

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が―。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。


各ミステリ・ランキングの上位にランクインしまくりだった本作ですが、こいつァ激烈面白かったですぜ旦那!


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

私にとって横山秀夫って当たり外れが激しい作家なんですね。それはこの人の警察小説に限っても、そう。特に短編だと、切れ味の鋭さは目立つ分、容赦ない描写や主要な登場人物が自身の職務に対する矜持に酔ってるようなところが逆に鼻についたり…。あとはトリックが決まった時の作者のしたり顔が想像できてしまって、それに萎えたり…(苦笑)。

本作でもそういうところは感じられるし、「コイツらそもそも何を一生懸命仕事してるかって、キャリア組の便宜を図るためだったり、“システム”を維持するためなんだよな…」とか考え出すとモンモンとし始めるわけですが、それよりも長編である強みを生かしてか、それぞれの職種の特徴や登場人物各人の立場や心情を丁寧に描いており物語にググッと引き込まれるので、長所の方が軽く凌駕する作り。
コレは当たり。
大当たり。

県警の広報官という警察小説としては珍しいポストを主人公に据えたこと、またその主人公・三上が元刑事だという設定が最大限に生かされているのも強みでしょう。そこに三上の家庭模様、過去の誘拐殺人事件と現在の警察庁長官視察の交錯、「広報室 vs 記者クラブ」「刑事部 vs 警務」の対立等々、山ほどの要素を無理なく盛り込み、かつ破綻せず描ききった筆力は見事の一言。

物語りのクライマックスまで謎とドキドキ感と読者の興味を持続させ、そこで提示するトリックの衝撃度も凄まじい。
横山秀夫全部入り。
いやぁ、警察小説としても、トリック物のミステリとしても、職業物の小説としても、家族小説としても、傑作だわ。


ただ一点、どうしてハードボイルドっぽさを感じさせる男性作家の描く女性像って、オッサン連中が「こうあってほしい」と思う願望がそのまんま投影されたような人物ばっかりなんだろうな、って。広報室の部下・美雲も、三上の妻・美那子も…(名前からして何をか言わんや的な/笑)。
私も男性である以上、女性登場人物をちゃんと描けているかどうかって判断はできないのかもしれませんが、故・打海文三氏以上にそれができてる男性作家っていないのよね。
スポンサーサイト

COMMENT 0