麻耶雄嵩『隻眼の少女』

麻耶雄嵩_隻眼の少女
麻耶雄嵩『隻眼の少女』 (文春文庫)

麻耶雄嵩の『隻眼の少女』を読みました。

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

最近は謎解きに主眼を置いたミステリにはあんまり食指が動かないのですが、この作者のひねくれっぷりは並外れたものがあると思うので、気になるんですわ。
フーダニット物ですな。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

麻耶作品って、登場人物の個性に着目した人物造形をしないんですよね。読者の登場人物への感情移入を拒絶し、あたかも「記号」のように扱う感じ。本作では違いますが、メルカトル鮎のシリーズでは、それぞれの人物が作中でどういう役割を与えられているか、名は体を表していることがよくありますし。
「記号」でなければ、作者の「駒」と言ってもいいかな。作中の人物達が物語を動かしているというより、作者(=麻耶本人)のシナリオ通りに操られている感覚。まぁ本格ミステリなんてたいていそういうものですけど、麻耶作品には特にそれを強く感じる。

本作でも他の作品と同様、読んでてちょっと引っ掛かるようなところが頻発します。その気持ち悪さや違和感は、ミスディレクションされてるからなんですけど、どこにどうミスディレクションされてるのかサッパリ分からないんですよね。あとは伏線っぽいような気もするけどまったく関係ないような、そんな曖昧な印象を引き摺ったままストーリーを追ってゆくのも、いつもの通り。
フーダニットで、かつ叙述トリック物。
ホワイダニットで、かつ叙述トリック物。
ハウダニットで、かつ叙述トリック物。
…麻耶作品にはそんな疑りが常につきまとう。

で、見事に騙される。
ま、私の場合、ほとんど考えながら読んでいないので、たいていの場合は騙されるんですけど。要はその(トリックの)切れ味の鋭さですよね。
本作はなかなかのトンデモ・ミステリでした。バカミス一歩手前なんですけど、作者の思うが儘に動かされている感じのする麻耶作品なだけに、一笑に付すこともできないという。
探偵の「論理の不整合」を見つけ出す技術に着目した捜査方法も、なかなか面白かった。


少し前に、代表作である『夏と冬の奏鳴曲』のネタバレ・サイトをあちこち見ていました。初読時には居心地の悪さだけがズドーンと残ったものですが、その感想のモヤモヤがそこでだいぶ晴れた気がするので、再読してみたいですね。
どっかにしまってあるはず。
スポンサーサイト

COMMENT 0