島田荘司『透明人間の納屋』

島田荘司_透明人間の納屋
島田荘司『透明人間の納屋』 (講談社文庫)

島田荘司の『透明人間の納屋』を読みました。
御手洗潔モノではありません。

昭和52年夏、一人の女性が密室から消え失せた。孤独な少年・ヨウイチの隣人で、女性の知人でもある男は「透明人間は存在する」と囁き、納屋にある機械で透明人間になる薬を作っていると告白する。混乱するヨウイチ。やがて男は海を渡り、26年後、一通の手紙が届く。そこには驚愕の真実が記されていた。

さすがのストーリーテラーっぷり。
しかし、こいつは重いね。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

密室からの消失トリックに関しては凡庸かつ強引なので、トリック物としては弱い。でもそれを補って余りある、物語としての魅力があるのが島田作品。

主人公の少年の視点を通した物語という形式を維持することによって、真鍋の抱えているどこかズレた雰囲気を“謎”としたまま結末まで引っ張れているし、それがクライマックスでの「この題材を持ち込んできたか!?」という驚きに繋がっているのが秀逸。加えて、この作品に限らず島田作品の多くに共通している切ない&やりきれない感情がテーマと密接に結びつき、相乗効果を上げています。かつ、そこに成長小説としての魅力もあるんだから、これは強い。実に“御大らしい”小説だわ。
一歩間違えばバカミスになりそうなところも“らしい”し、事実(今まで読んだ)肩透かし気味の作品には「こりゃ単なるバカミスだろ」と思うものもあるんですが、本作の関してはそのテーマの重さもあり、鼻で笑い飛ばせるような軽さは無いですね。

しかしこの読後感、厳しいなぁ。
相変わらず視点は鋭いが、やりきれないわ。
スポンサーサイト

COMMENT 0