DIE IN CRIES「VISAGE」


DIE IN CRIES「VISAGE」 (1992)

D'ERLANGER解散後にヴォーカルのKYOがZI:KILLのYUKIHIRO(Dr/現L'Arc~en~Ciel)と結成したバンドのメジャー1stアルバム。他のメンバーは室姫深(Gt/ex:THE MAD CAPSULE MARKET'S)とTAKASHI(Ba)。このバンドとD'ERLANGER、ZI:KILL、前のエントリのCRAZE辺りのバンドは人脈が非常に絡み合って訳分かんなくなってます。例を挙げるとこんな感じです↓

XのHIDEによる伝説のバンド横須賀SAVER TIGERのヴォーカルがDIE IN CRIESのKYOで、ドラムが菊地哲で、その2人と瀧川一郎が一緒になってD'ERLANGERで活動して、菊地と瀧川はそのままBODYとCRAZEをやって、後にそのCRAZEに加入するTUSKは元ZI:KILLなんだけど、そのZI:KILLには菊地とDIE IN CRIESに加入するYUKIHIROが在籍していたことがあって、でCRAZEはベースも元ZI:KILLで……

って訳分かんないでしょ?!そこらへんの人間模様は→コチラのサイト様がとても詳しいです。

さて、DIE IN CRIESですが、メンバー4人ともなかなかの個性派揃いでして、超簡単に説明するとこんな感じです↓

KYO(Vo) → あまり歌上手くないけどやたら情熱込めた歌唱。低音がセクシー。
室姫深(Gt) → 軽めの無機的なギター。ギター・シンセで変な音を出すのが好き。
TAKASHI(Ba) → 動きまくるベース。かなりのテクニシャン。
YUKIHIRO(Dr) → 音は軽いが正確無比で無機的なドラム。

ヴォーカルとベースが有機的ギターとドラムが無機的です。我ながら乱暴だが。
このアルバムの後、KYOのヴォーカルを中心にした音楽性に徐々に移行してゆきますが、この時点では暗~い耽美ロックに様々なエフェクトをカマしたような感じです。LUNA SEAに近い感触がありますが、ドラムのせいかロック的なうねりや重さがほとんど感じられません。ただ、ベースはそうとうウネウネしてますので独特の感触ですね。ちょっと似た感じのバンドが思い浮かびませんわ。ちなみに音楽的なブレインはKYOと深。時々変なSE的なのをYUKIHIROが担当、という感じです。

収録曲はこの手の耽美V系ロック好きなら諸手を挙げて歓迎の出来だと思います。
おっかないイントロに導かれて始まる②FUNERAL PROCESSIONから名曲。雰囲気はとても根暗ですが歌メロはキャッチーとさえ言えます。低い音程で噛みつくように歌うKYOがかっこいい。③RAPTURE THINGではさらに凶暴さを増したヴォーカルで迫ってきます。派手に動くベースに横から飛び込んでくる効果音といい、彼らの音楽性が端的に現れた曲ですね。⑪WEEPING SONGも同タイプの曲(サビでの解放感が素敵)です。
⑤水晶の瞬間(トキ) ~to immortality...はメロディ展開が絶品で一番のお気に入りです。抑えたヴァースからシャウト一歩手前の熱唱のサビまで主役は完全にKYOのヴォーカル。スコンスコンと軽過ぎるドラムでさえ気にならぬ。イントロが完全にクサメタルな⑦MELODIESや、アコギのカッティングが爽やかな佳曲⑩INSTEAD OF KISSもファンの中では人気の高い曲。これらの曲の合間にマニアックで変な曲が配置されており、ポピュラリティとマニアックさのバランスはLUNA SEAで言えば「IMAGE」に近い感触に感じます。

全編通してKYOの歌い回しが大好きなのですが、それと同じくらいTAKASHIのベース・プレイが物凄いことになっていて耳を奪われます。彼といい、飯田成一(CRAZE)といい、TAIJI(X)といい、SEELA(D'ERLANGER)といい、この時代のV系/ジャパメタ系のベーシストはテクニカルな人が多かったようですね。LIGHT BRINGERのHibikiはここらへんからも影響受けてると思うんだが。

【お気に入り】
上記の曲全部。特に、
⑤水晶の瞬間(トキ) ~to immortality...


②FUNERAL PROCESSION → PV、YUKIHIROがイジメ状態。
⑦MELODIES → PV
スポンサーサイト

COMMENT 0