伊坂幸太郎『マリアビートル』

伊坂幸太郎_マリアビートル
伊坂幸太郎『マリアビートル』 (角川文庫)

殺し屋ばかりが登場する小説、『グラスホッパー』の続編にあたる、『マリアビートル』を読みました。

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!

『グラスホッパー』の内容はほとんど覚えてないんですけど、かなり面白かった記憶はあります。
で、本作もめっぽう面白い。
さすが伊坂幸太郎である。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

最もハズレの無い作家と言っても過言ではない、そんな風にも思える伊坂幸太郎。それくらい私の好みと筆者の作風の相性は良いんでしょうし、作品毎の出来/不出来のブレが少ない。たとえメインの筋が面白くなくても、登場人物の魅力と会話の妙を以って、読者(=私)の興味をいくらでも引っ張っていけるのが強みですね。

で、本作はそんな「メインの筋」もめちゃめちゃ面白いんだから、その高評価は保証されたようなもの。
東京駅から、終点・盛岡駅に向けて出発した新幹線。そこを舞台に設定することで、ある種の“密室”状態とし、思惑の読めない個性豊かな「殺し屋」を配置する。それだけでワクワクしまくる。
終点が決まっているためにタイムリミットの要素も付加している点、あとは途中乗車/下車が可能であるという“密室の緩さ”、この2点がとても効いていることも、特筆すべき。

読者の共感を拒否したような登場人物・「王子」の存在が本作の肝でしょうね。彼(というかこの糞ガキ)の言動と行動と思考に対して、同じ列車に乗り合わせることとなった、これまた世間の“常識”からしたら正常ではない人々がどのように考え、話し、行動するのか。そして、物語はどこに向かうのか。
凄まじいページターナーっぷり。
凄まじき面白さ。
そして、テーマは深い。


「われらは滅びゆく、おのおの一人にて」


いつも通りとはいえ、登場人物達が愛おしいですね。クソ「王子」は抜かして。
ほんわかするはずのラスト・シーンで、おもわずウルッとキてしまったよ。
スポンサーサイト

COMMENT 0