B'z「RED」


B'z「RED」 (2015)

シングル。
広島カープの黒田博樹選手の書き下ろしテーマ・ソングだそうな。管理人は、野球にも、カープにも、黒田投手にもなんら興味は無い(カープ女子についてはちょっとあるかもw)ため、B'zの新曲としての感想をちょこっとだけ。
因みに私が買ったのは、CD一枚一曲のみの通常盤。B'zの作品で初回限定盤を買わなかったのはいつぶりだろ…?

①RED
B'zがタイアップ先の商品のことを念頭において曲作りをして、歌詞にそれを反映させたことは過去にもありましたが、この曲はめっちゃ露骨ですなぁ。歌詞にせよ、曲調にせよ。

ヴァース~ブリッジを貫く手拍子。スタジアムでの歓声のような、「ウォーオ、ウォーオ、ウォー」というコーラス。この2点が曲のイメージを決定づけていますね。
「(野球の)スタジアム」を意識するならば、豪快なアメリカン・ロック調になるのは自然なことで、ゆったり重めのリズムで進行する曲調は正にそんな感じ。この時点でまず私の趣味とは相容れないわけですが(笑)、そこに、バンジョーによるイントロや、2番サビ前でストンと静寂パートに落とし込むことで、日本情緒を加えているのはB'zらしいところかな。それでも私はまるで楽しめませんでしたが。

歌詞もヒネリが無く、相当ストレートで、かつおもねり過ぎなように感じられて、萎えます。
サビの歌詞が(例えば)、
(R)楽はしない
(E)偉ぶらない
(D)誰のせいにもしない
という言葉遊びになっている仕掛けがあるようですが、その面白さよりそんな歌詞使わんでくれっていう拒否反応が先に来たり…。
ただ1点、「どんな闇にも差すlight」の“差すlight”が“流離(さすらい)”に聞こえるのは「オオッ!」と思ってしまった(笑)

う~~~~~ん、イマイチかな。
スポンサーサイト

COMMENT 0