lynch.「TOUR '14 TO THE GALLOWS」


lynch.「TOUR '14 TO THE GALLOWS - ABSOLUTE XANADU - 04.23 SHIBUYA-AX」 (2014)

傑作「GALLOWS」(2014)リリース後のライブを収録した、lynch.の2枚組ライブDVD。
渋谷AXが閉館するちょっと前に行われたワンマン公演が、ディスク1枚目に本編、2枚目にアンコールという風に、丸々収録されています。この「丸々」という表現は正しく「ノーカット」ということであり、この日披露された全楽曲は勿論、アンコールを求める手拍子とコールの時間もそのまんま収録されているという仕様。MCやいくつか発生しているトラブルもありのまま。次曲への段取りを間違えて、アンコールのADOREを2回やるところまで、余すところなく収録されてます(笑)

私は彼らのライブは未体験ですが、これはとても素晴らしいライブであり、映像作品ですね。パフォーマンスの激烈さ、観客の盛り上がり、ストイックではあっても和やかな当日の空気がこちらまで伝わってくるようです。

リズムのタイトさが際立つ、締まった演奏。バンド全体の一体感/塊感を重視して、かつ歌メロがグッと浮かび上がってくるための彩りを加える役目でしょうか。
ツインGtの役割分担的には、玲央がひたすらカッティング、7弦Gtを操る悠介がアルペジオやら効果音的なものも含めてメロディを担当という感じでしょうか。双方共、自然と身体が動き、頭を振っちゃうような小気味良さがあります。玲央にはもっとリードの腕を上げてほしいですけど。テクにしろフレーズにしろ。元々このバンドってソロらしいソロが無くって、時々しかフィーチャーされない貴重な見せ場なだけにね。
明徳(Ba)は巧いですね。パーカッシヴな演奏も所々目立ってました。カウンター的にグロゥルのコーラス(というかシャウト)も担当。晁直(Dr)は細身なのに体力あるな、と(子供みたいな感想スマン)。スピード・チューンが連続するlynch.のライブで叩くのはほんと大変そうよね。

演奏陣はコーラスも担当する為、あまり定位置から動きませんが、中央にいる葉月(Vo)のカリズマティックな磁力が凄まじい為、まったく気にならないです。音楽的には彼が中心のバンドですが、ライブにおいてもそうであるよう。
音源通りのクリーン/グロゥルのチェンジの鮮やかさもさることながら、単純に声質がめちゃめちゃ素敵ィ!妖艶さ・色気・野太さ・頼もしさ…、それらがバランス良く同居しているのが全くもって驚異。比べるのもアレですが、葉月が歌わないパートで楽器隊のコーラスだけになると物足りなさが半端無くなりますからね。あと、MCと歌唱法の切り替えをシームレスにやるのがめちゃくちゃクールっす。歌と煽りが一体化してるのよね。MIRRORSでの、「のど自慢大会を!始めろぉぉぉおおお!」は名煽り(笑) ただ、ファルセットの捌き方とメロウな曲での歌唱が少々危ういですけどね。特にTHIS COMAあたり。
また、歌唱だけでなく、表情・立ち振る舞いがイチイチ魅力的なので、自然と画面内の彼の姿を追ってしまいますね。「現場」では、なおさらそうなのではないかな。
本編最後のLIGHTNINGでは、感極まったのか、歌唱に詰まる彼の様子が克明に記録されており、ちょっと(良い意味で)面食らいました。また、アンコールで出てきて演奏する前に、葉月の渋谷AXに対する思い、そしてバンド活動に対する思いを吐露する場面があるのですが、このMCが良い。実に良いんだよ。


lynch.って1曲1曲は短いものが多いからか、本作収録曲も自然と多くなっています。本編27曲、アンコール6曲。そこまで曲を並べるとさすがに雰囲気が似た曲も多く、通して見ようとすると飽きてくるのも事実です。
元々lynch.自体、音楽性の幅広さがウリなわけではなく、統一感のあるムードの中で各曲の色合いを微妙に変えて聴かせてくるのが得意なバンドだと思うので、しょうがないことではありますが。Gtソロがないから余計にそう感じるってのもあるかも。

ステージ後方のデカいスクリーンに映し出された映像以外の演出はさほどありませんが、それゆえにBE STRONGでのビル群を背景に雪が降る様を模した演出は綺麗。カメラの撮り方も綺麗。また、時折、一瞬だけスローモーションになる編集も良いですね。


これからさらの前進してゆくであろうバンドの一瞬を切り取った、充実の映像作品。素晴らしい。
難点は、パッケージがクソデケーために、置き場所に困るってことですね。


DISC1
01.INTRODUCTION
02.GALLOWS
03.NIGHT
04.I'm sick, b'cuz luv u.
05.DEVIL
06.EXODUS
07.GREED
08.GUILLOTINE
09.I BELIEVE IN ME
10.-273.15℃
11.ENVY
12.an illusion
13.THIS COMA
14.BE STRONG
15.PHOENIX
16.AMBIVALENT IDEAL
17.INVINCIBLE
18.VANISH
19.MIRRORS
20.JUDGEMENT
21.THE FATAL HOUR HAS COME
22.MOMENT
23.ALL THIS I'LL GIVE YOU
24.unknown lost a beauty
25.pulse_
26.DAZZLE
27.LIGHTNING

DISC2
28.UNTIL I DIE (ENCORE1)
29.NEW PSYCHO PARALYZE (ENCORE1)
30.discord number (ENCORE1)
31.ADORE (ENCORE1)
32.TIAMAT (ENCORE1)
33.A GLEAM IN EYE (ENCORE2)

スポンサーサイト

COMMENT 0