Scrambled Soul Circus「Scrambled Colors」

scrambledsoulcircus_scrambledcolors.jpg
Scrambled Soul Circus「Scrambled Colors」 (2015)

LIGHT BRINGERArt Of Gradationの作曲家Kazu(Vo&Gt)を中心にした、「ハブリー(ハーフ・ブリンガー)3人+たそ+ヤミー」的なバンドのデビュー盤。以前記事にしたように、販売はオフィシャルHPからの通販のみとなりますくらんぶる。

明るく丁寧に仕上げられたブックレットを見ると、一部楽曲の作編曲に群馬の変態系テクニカル・雑食ロック・バンド・MAHATMAのTsubasa(Gt)が携わっていますが、基本全ての曲はKazuが作曲。作曲と編曲の認識の違いや境い目は、バンドによって、コンポーザーによって違うのでしょうが、この「作編曲:Kazu」というクレジットは、彼の曲作りの方法や順序、編曲を蔑ろにしていないスタンスや、アレンジが作曲と同じように(もしかして、より?)重要であることを示しているような気もしますね。ラブリー脱退以降の彼の活動の中で、最も成長著しいと感じたのが、曲をどういう方向に持ってゆくかというアレンジ面での幅が広がったこと、ですし。
作詞はHaruka嬢単独か、Haruka&Kazuの共作。歌詞は、彼らの(とりわけラブリー組の)これまでの活動を知っているかどうかで響き方が異なってくる気がしますが、まぁ奇を衒っていないポジティヴで前向き、ストレートなものが多いですね。

前身の(というより正式バンド名決定以前の)K'z期からライブで何回か聴いた楽曲はありますし、このアルバム発売前の渋谷GUILTYでは全曲演奏もしていたので、個人的には特に新鮮味はありません。ただただそこに、ちょっとテクニカル(“ちょっと”じゃないか?w)で、思いっきりメロディアスなポップスが10曲収まっているだけ。


明るめのハードポップとしてはもう最強レベルなんじゃないかな?
スピード感溢れる曲からバラードまで、Kazuらしさが爆発した楽曲群。「軽さ」というよりは「軽やかさ」と表現したい、軛から放たれたような解放感と爽快感を感じるサウンドと音楽性。近いのは、90年代ビーイング系の音楽と、それ以降のアニソンでしょうかね? 歌い手のタイプが全く異なるというのもありますけど、ラブリーぽくはないのよね。でもKazuらしい。この違い、分かるかなー?
楽器隊はちょこちょこと技巧的なパッセージを盛り込んでいて、演奏の聴き応えとしてはHR/HMに通じるものもあるんですけど、サラッと流すように聴いている分にはそういうのはあんまり意識しないですね。不純物の少ない清涼感と、メロディの気持ち良さに浸ってるだけ。
でも何気なく聴いてる中に顔を出す演奏陣の個性、これがこのバンドならではのフックに結びついていることに気づくと、一気に楽しくなってくる。ラブリー時代から変わらない“表情のある”慧のDr(特に④WIND!!に顕著)。CROSS VEIN時代に惚れぬいた、テクニカルに抜けて来るYouskeのBaの存在感。メロディを最大限活かすように軽やかに疾るGt。そして、適度にドラマティックなKeyによる装飾。
(※2015/8/29追記:WIND!!はTsubasaがDrの時のテイクをそのまま使っているとのこと!つまり私の勘違い!ナハハハw)

KazuとSeiya、2人のGtプレイは実はラブリー時代の方が分かり易い特徴がありました。意図的に役割分担していた面もあるんでしょうけど、すんごく簡潔に言うと、「大きいチョーキング&ビブラートを駆使したエモーショナル・プレイのKazu」「粒の揃った速弾きを得意とするテクニカル・プレイのSeiya」
ただ、今は2人のプレイ・スタイルが近づいた。…というより、素養や幅が広がって、かつ音楽的な自由度が増したので、一口に「どういうタイプのギタリスト」とは言えなくなったということですかね。Kazuがラブリーを抜けた後のSeiya、めちゃめちゃ泣きのプレイが上達したもんなぁ。
また、SSCでは分かり易い形でのHR/HM的なGtプレイ、例えばリフを延々刻み倒したりとかツインリードのハモりとかがほとんど無いから、というのもありますね。より歌メロ中心になっているので、聴かせどころとしてのGtプレイは減ってますから。ちょこちょこ細かい仕掛けはむしろ増えてるのかもしれませんけど。

メイン・ヴォーカルの割合としては8~9割Haruka嬢、1~2割Kazuって感じでしょうか。パートナーであるHaruka嬢の声と音楽性に合わせるように、Kazuはだいぶリラックスして力を抜いた感じで歌ってます。Haruka嬢のVoは、曲調のせいもありますが、TEARS OF TRAGEDYよりはLOVE&MUSICPastomoに近い気がする。イメージとしては“Haruka”というよりは“吉川遼”というか。すんごく細かい感覚の差異ですがね。歌詞のモチーフや世界観にも依るかもしれません。いずれにせよ、「曲に余計な色をつけずにレベルアップさせる」という彼女のVoの特性が最大限に生かされた楽曲とパフォーマンスであると思います。
彼女のヴォーカルについては1点だけ、ア行の発音がハ行に聞こえる時が結構あって、それが非ッ常ォォオオに気になるんですよね。「忘れなひ」とか「涙ふひて」とか「はひたくて(逢いたくて)」とか…。コレ、なんとかしてほしいなぁ。ティアーズの時にはなかった(感じなかった)ことなんだけど。

ライブでも感じたように、音源からもメンバーの等身大であることが伝わって来るようです。ヘンに大きく見せていない、その「等身大」感、個人的にはこれが心地良くもあり、同時に物足りなくもある。
ポップスとしての耳馴染みは抜群だし、ツボを得た楽器陣の主張も気持ちいい。ただ、エンタメとしてのスリルや、ロック音楽としてのカタルシスを求めるとちょっと物足りない。ここらへんの感覚は、私がメロハーに求めているもの/物足りないと感じているものと同じだったりするんです。聴き手の日常生活に寄り添うような感覚と一緒に、どこか超人的なモノや憧れを感じさせて欲しいという願望があるんですよね。欲張りなんで、私。
それは歌詞についてもしかりで、「ルンルンハミング」という超絶フレーズが飛び出す⑨ハミング♪なんてその最たるところ。「オイオイそんな言葉使っちゃうんだ?笑」という驚きがあり、それを彼ららしいなと感じつつも、こういうセンスは自分の嗜好と相容れない部分だったりします。


②旅立ちの唄③“Shiny⑨ハミング♪あたりの弾けるように明るい楽曲にこそ、彼ららしさがあるような気もしますし、ライブを観ていても伝わってくるムードはそれらの曲に近いものがありますが、個人的にはその奇を衒っていないストレートさやハキハキとした歌唱、眩し過ぎるムードはちょっと苦手かも。
ただ、演奏面に目を(耳を?)転じると、そういう明るい曲におけるYouskeのBaプレイがかなりフックになっていたりするので、侮れないんですよね。中でもとか。

そんな根暗な管理人はやはり暗く重めの楽曲にヤラれるわけでして、その点では、⑤Hide myself⑦Re:START⑧Shade”の3曲はキラー・チューン。
今までのKazuにはあまりなかった重めのシンフォ曲は、初めてライブで聴いた時から「こりゃ凄い!」と思ったし、翳りのある哀メロを歌うHaruka嬢の響きが絶品。短いけど泣きのGtソロも聴き処ですね。
シリアスなスピード・チューンは本作一の技巧的な曲で、サビ裏のBaラインなんてえらいこっちゃですわ。言葉詰め込み気味のヴァースから、キメと切り返しを重ねつつ広がりのあるサビへと展開。緊張感漂う曲調の中で、「大地を踏みしめた~」からのセクションがもたらすひとときの爽やかさ。ここが、力強く走り抜けるラスサビに向かって、助走に入る前に深呼吸しているかのように感じられるパートで、実にKazuらしいセンスが溢れているところだと思う。
で、と対を成すようなタイトルの。このピアノ・バラード曲におけるHaruka嬢の歌唱が感じさせる気品・緊張感・凛々しさ・大らかさ、これは(ティアーズを含めても)彼女のベストワークではないのか、と思いますね。特にサビメロなー。溶ける。蕩ける。往年のトレンディー・ドラマ(死語)の泣かせどころで流れたら、その策にハマってまんまと泣くだろう系バラード、最高峰。


何でもアリなコンセプトのバンドですので、実験的な要素も盛り込みつつ、でもKazuらしく破綻せず上手~くまとめちゃったり、今後もより幅を広げてくるんじゃないかと思いますね。(良い意味でも悪い意味でも)あんまりガツガツしてるバンドじゃないから、ゆっくりじっくりとね。

【お気に入り】
⑧Shade”
⑤Hide myself
⑦Re:START
⑩Dream State~親愛なる仲間達へ~
④WIND!!


コンパクトな尺にアルバムを収めたかったゆえなのか、何箇所か、イントロや曲の入りが雑で性急に感じることがあったのが少々残念な点。
スポンサーサイト

COMMENT 4

お客様  2015, 08. 22 [Sat] 21:06

WindはTsubasaのテイク使っているかもしれません、以前野口先生と慧がそんな会話していたような気がします。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 08. 25 [Tue] 02:29

お客様、

あー、なるほど。今ではWIND!!のMVが公開されたのが随分前のように思ってしまいますが、たしかにTsubasaが叩いてましたね。思い出しました(笑)

で、あれば、私の耳が相当ヘッポコなのか、激ウマなTsubasaが“そういう”ニュアンスで叩いたのか、いずれかでしょうね。
(多分前者ww)

Edit | Reply | 

お客様  2015, 08. 25 [Tue] 07:20

見つけました

https://twitter.com/satoru_aog/status/589429639094751232

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 08. 29 [Sat] 20:33

お客様、

ありがとうございます。
遅ればせながら、追記しておきましたm(__)m

Edit | Reply |