Unlucky Morpheus「affected」


Unlucky Morpheus「affected」 (2014)

LIGHT BRINGERのFuki(Vo)、妖精帝國および電気式華憐音楽集団の紫煉(Gt)による同人音楽ユニット・Unlucky Morpheus(あんきも)、初のオリジナル作となる7曲入りミニアルバム。
ふっきーことFukiはここでは天外冬黄(てんげふゆき)と、紫煉は平野幸村という名義で活動しており、クレジットもそのようになっています。ただ平野幸村は、次作「VAMPIR」(2015)から活動名義を「紫煉」に統一してますね。あぁややっこしい! つーか、未だに紫煉(しれん)って響き、なんだか耽美過ぎて違和感ありまくりなんだよなぁ。

「初のオリジナル作」ということは、今までに出してたCDはカヴァー作品だったわけで、何をカヴァーしていたかって言えば、東方Projectと呼ばれる上海アリス幻樂団の楽曲で(全部が全部そうだったか知らんけど)、
…ってもう説明めんどくさいので、そこらへんの簡単な説明は、同じくふっきーが歌っているCarbonic Acid(かにあし)の「カウントダウン」(2015)の記事でサラリと触れたので、興味があったら読んでみてください。
ということで、ここでは説明放棄いたします。

「ややっこしい」
名義にせよ活動形態にせよ音源販売形態にせよ、色々ややっこしい点が気に食わない(というより理解の範疇を超えている)同人音楽界隈なので、個人的にはあんまり広く手を出さないようにしているんですよね。そもそも流通も限られてる場合が多かったりしますし。まぁふっきー関連に関しては一通り押さえておきたいな、とは思ってますけど。


天外冬黄と平野幸村。
ふっきー&ゆっきー。
基本この2人が「あんきも」なわけですけど、録音やライブでは“お馴染み”の面々が起用されております。因みにDrは、THOUSAND EYESUNDEAD CORPORATIONのほか、つい先日、GALNERYUSに加入という驚きの人事異動が発表された、ふ~みんこと森下フミヤです。


音楽性は、「メロディック・スピード・メタルを愛する全ての者に捧ぐ、究極の名盤!!」という大仰な文句が帯タタキにある通り、
メロスピですね。ラブリーにもメロスピ調の曲はありますけど、ふっきーが歌ってきたバンド/ユニットとしてはDragon Guardianの方が近い音楽性でしょう。一番近いのはかにあしですけど。
というか、もしかしたらふっきーってのは「メロスピを歌ってる人」って認識の人もいるかもしれんなぁ…。

実は私、ふっきーのVoって、メタルメタルした曲、特にネオクラ調のメロスピとはあんまり相性が良くないと思ってるんですよ。そして、それが一番はっきりとした形で出てきちゃっているのが、あんきもの楽曲なんじゃないのかって。
上に挙げた音楽性自体は好みだし、事実あんきもの演奏部分もスリリングではあるし、ふっきーの歌声には問答無用に興奮しちゃったりもするんですけど、演奏と歌唱が乖離しているように、噛み合っていないように、融合していないように感じる時があって、そこに違和感を覚えるんですよね。高らか&伸びやかに歌うふっきーと、ヘヴィに刻み倒す演奏陣(特に弦楽器)がお互いに平行線を辿って、水と油のような…、、。。。
SEに続く実質1曲目の②Get Revenge On The Tyrantなんて、その最たるところ。2013年末に既にリリース済みの楽曲の再収録である⑦殺戮のミセリアも思いっきり同じ路線なんですけど、こちらはあまりにもメロディ・ラインが強力(特にサビ)なので、コロッとヤラれる。一瞬にして。もし2013年中に聴いていたら、年間ベストの楽曲部門には入っていたと思います。
余談ですが、同人モノって年末の即売会でリリースされる物も多く、それら商品が通販に乗ってきたり委託ショップに並ぶのって翌年にまたがることがほとんどなので、年間ベストには反映しづらいんですよね。私、コミケとか行きませんから。

あんきもでの平野幸村の曲作りや演奏って、意図的だとは思うんですが、HR/HMの流儀の最も気持ち良いところを外さない、別の言い方をすると定石に則ったものであるように思います。その点が信頼に足る部分でもあるし、同時に私の嗜好からちょっと外れる部分でもあります。
ふっきーのことを徹頭徹尾メタル・ヴォーカリストではない、「メタルも歌えるヴォーカリスト」だと捉える私としては、要はもっとポップさが欲しいんですよね。HR/HMの中に潜むキャッチーさ・ポップさ。ゆえに、あんきもの諸作の中では陰陽座オマージュの「猫吟鬼嘯」(2010)が特にお気に入りの一枚だったりします。
平野流メロスピとふっきーの歌唱、双方の橋渡しとなるポップな要素が必要だと考えていて(単に私が欲しがってるだけ)、思えばラブリーでは、同じような役割を担っていたのがMaoのキーボードだったな、と。あんきもにしても、Voと演奏の乖離の傾向は初期作の方が強く感じました。ここらへんの(私にとっての)「改善」は、Keyの打ち込みのアレンジがこなれてきたからだと思います。

大雑把に「メロスピ」と括りつつも、初期のような陽性メロスピではなく、かなりダークでハードな色合いが濃いですね。その点は非常に好みです。⑤虚妄の恋人では幸村がデスVoで絡んでくるパートがありますし。
ふっきーも作風に合わせた歌詞と歌唱を提供しており、ここらへんの的確さはさすがですし、表現者として秀でていると思う点でもあります。ダーク&シリアスなVoが中心とはいえ、⑥落花流水では、彼女の力を抜いた柔和な歌声を聴くことが出来るし、アルバムの中でも良いアクセントになっていますね。

まぁ、演奏と歌唱のバランスについてこんなネチネチ&クドクドと評しているのは不毛なものでして、単純に超絶ヴォーカルと超絶演奏による超絶メロスピに身を委ねてしまえば、ある程度の高評価はせざるを得ない作品だったりします。
事実、下に挙げた楽曲は好きですし、うぉぉぉぉおおおおおおおおおふっきぃぃいいいいいいいいい!!!ってなります(笑)

  ↓

【お気に入り】
⑦殺戮のミセリア
⑥落花流水
③Gradient
⑤虚妄の恋人


ところでこのジャケの2人…、、、まさかふっきー&ゆっきーをイメージしたものじゃないよ…、な…??(震え声)

スポンサーサイト

COMMENT 6

しんえもん  2016, 07. 27 [Wed] 08:37

あんきも、かにあし・・・あんこう、さらにふぉれすとぴれお?に顔を出し、新参者&同人系に疎い者としては把握できない状態になってるんですが・・・。
みんな複数の名義があり誰と誰が同一人物かも分からなくなり。

Edit | Reply | 

とびさん  2016, 07. 27 [Wed] 09:06

お久しぶりです。
自分があんきもをなんとなくあまり好きになれない理由がこの記事を読んで分かった気がします。Fukiのへヴィーダークすぎる声は違和感を感じるというかあまり好きになれない。逆に明るく歌いきってる昔のSo That A Star Shines at Night Skyとかは好きなんですけれど。

やはりFukiには萌え要素があってこそ、なのかな、と思います。

Edit | Reply | 

かつ丼  2016, 07. 27 [Wed] 23:08

紫煉さんってプロジェクトやバンドを多くやっていますが引き出しが少ないような(失礼)
他にもラドックやXI(サイ)などにヴィジュアル系バンドもやっていた?気が…
このアルバムは好きなので改めてレビューを見ながら聴くと歌唱と演奏が平行線を辿っている気がしますね。
フルアルバムをリリースしてほしいですが各人、忙しいので夢のまた夢ですかね

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 07. 28 [Thu] 20:34

しんえもんさん、

ふぉれすとぴれおって何!?と思いましたが、もうゲスト参加的なのまでは追えませんですw
他に聴くのは山ほどありますし。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 07. 28 [Thu] 20:39

とびさん、

せっかくいただいたとびさんのコメントを裏切ってしまうような記事を次に上げます(上げました)笑

私としては萌えの要素が強いふっき-の方が苦手ですね。ポップさは彼女の声そのものにではなく、メロディにあってほしいという感じでしょうか。微妙なニュアンスですが。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 07. 28 [Thu] 20:50

かつ丼さん、

ふっきーが歌ってないインストのあんきもではフュージョンっぽいこともやってたりしますけどね。ただ、ことHR/HMとなるとあまり幅は広くないような気はします。

同人音楽の場合、どうしてもコミケ?例大祭?(違いとか、何たるかが分かってないw)の日程に合わせた制作スケジュールになりますから、がっつりフルとなるとなかなか難しいものがあるような…。

Edit | Reply |