RICHIE KOTZEN「哀戦士 ZxR」


RICHIE KOTZEN「哀戦士 ZxR」 (2006)

所有しているCDをプラスチック・ケースからソフトケースに入れ替えて整理しています。ちょうどアルファベットの「R」のアーティストに取りかかっていた時、このCDを見つけてですね、聴き直してみました。

MR.BIGのRichie Kotzenが何故か「機動戦士ガンダム」シリーズの主題歌を英詩カバーした代物です。何で私がこれを持ってるかと言ったら、単にガンダム好きだったからなんですね。べ、別にRichieが好きだったんじゃないんだからね!勘違いしないでよねっ!

ブックレットにRichieの言葉でこうあります。

「長い間の僕のこの想いが本当に実現するなんて、運命としか思えない」
「ここに選んだ曲はどれも、僕にとって特別の思い入れがある曲なんだ」


ウソくせぇ。
限りなくウソくせぇっすよ。


当初参加予定だった(?)あのCyndi Lauperによる、参加できなくなった旨の謝辞の紙っきれが封入されていましたが、これもウソくせぇ。「親日家」であるのと「ガンダム好き」は別物でしょ。本当にガンダム好きなのかもしれないですけど。

さて、MR.BIG時代の盟友Billy Sheehan(Ba)も参加、ジャケットも妙に気合の入ってる本作ですが、「ガンダムもの」としてはイマイチな出来、ネタとしては上々、という評価でしょうか。

「機動戦士Zガンダム」の主題歌として森口博子が歌った切ない名曲をカバーした①Blue Star(水の星へ愛をこめて)でいきなり物凄い違和感が。ロック・ヴァージョンとしてギター・プレイは実に素晴らしいのですが、Richieのヴォーカルが何とも曲に合っていません。ブルージーでソウルフルな彼のヴォーカルは、キラキラ哀愁ポップスを歌うには適していませんね。これはこれ、別物として考えればよいのかもしれませんが、原曲に思い入れのある人は受け入れられないかも、です。
続いては②Take Flight Gundam(翔べ!ガンダム)。1stの「も、え、あ、が、れー もえあがれー」のアレです。ここはアニソンらしく勇壮にいってほしいところ……、って何でそんな爽やかなのォー?ハードポップにアレンジされていますが、適度にというか何故かRichieのVoが力が抜けていて「ガンダム!」っていうところで特に脱力してます。間奏ではRichieゴキゲンに弾きまくりですね。
ガンダム関連ソングの中でも随一の名曲をカバーした③Soldiers Of Sorrow(哀戦士)はとても素晴らしい出来です。原曲より明るい感じですが、サビで視界が一気に開けるような感覚を再現できていますし、哀愁ハードッポップの良曲として生まれ変わっています。この曲にはRichieのVoがとても合っていると思います。Billyのベースも効果的。続く④Alone Against The Wind(風にひとりで)もそうですが、「ブルージー」「エモーショナル」というRichieの魅力に合致する方向の原曲はなかなか良いカバーになってますね。同じく⑩Encounter(めぐりあい)もサビのやや「字余り」気味な歌詞が残念ですがそれ以外は◎。なんで「Yes,my sweet, Yes my sweetest」を「Can't you see Can't you see that」に変えちゃったんだろ。やはり「めぐりあい」ならデーモン小暮閣下のが至高。
Gacktの曲も2曲カバーされていますが、原曲を知らないだけにどうにもコメントできません。またオリジナル曲も収録されていますが、RichieとBillyが自己主張するフュージョンっぽいロック・インストが2曲と、アコースティックをバックにRichieがファルセット声も操って熱く歌い上げる曲(歌メロ自体はたいしたことない)が1曲です。やっぱこっちの方向性の曲がやりたいんでしょうか?

【お気に入り】
③Soldiers Of Sorrow(哀戦士) → コチラで聴けるよ!
⑩Encounter(めぐりあい)

【苦笑】
①Blue Star(水の星へ愛をこめて)

【脱力】
②Take Flight Gundam(翔べ!ガンダム)


何故ガンダムのカバーなのか、という質問に対しRichie先生はこう答えたという…。
「あの時は狂っていたんじゃないかな」(Wikipediaより)
スポンサーサイト

COMMENT 0