Mardelas「Mardelas Ⅰ」


Mardelas「Mardelas Ⅰ」 (2015)

DESTROSEのVo・蛇石マリナのソロ・プロジェクトの延長として、4人組バンド編成になったMardelas。KING RECORDSのNEXUSレーベルから発売されたメジャー・デビュー・アルバムです。次作のタイトルが「Mardelas Ⅱ」じゃなかったら怒る。

LIGHT BRINGERのリズム隊、hibiki(Ba)と弓田"Yumi"秀明(Dr)を擁するバンド編成になったものの、楽曲制作はマリナと及川樹京(Gt)の2人が全て手掛けているようです。(Ba&Drの)個々のフレーズについてのインプットはともかく、このバンドの制作面での中心人物はマリナ&樹京のコンビだと言ってしまってよいでしょうね。2人は同じ大学の出身だとのこと。
※メンバー名表記はオフィシャルHPに準拠。

期待通りの素晴らしい作品ですね。
マリナは、正統派HR/HMを歌わせたら、若手女性ヴォーカリストの中では他に並び立つ者のいない逸材でしょう。そう言い切ってしまいたくなるほどの、圧倒的実力。歌唱力・表現力だけでなく、フロントマンとしてのステージでのカッコ良さと強力な磁力も備えていますしね。まぁ、元々同じタイプのヴォーカリストが少ないってこともありますが。
そんなマリナの強み、そして既に(このメンバーでの)ライブ・パフォーマンスを体験してそこから期待したものが、忠実にパッケージされている感じはします。予想を裏切るような新鮮な要素はありませんが、それほど剛速球一辺倒で来なかったのは、個人的には嬉しいポイント。ストロング・スタイルのみが彼女の魅力ではないですしね。

マリナのVoを最大限に生かすような楽曲群であり、方向性。
今までの作品やライブレポでは何度も言及してきましたが、彼女の歌い回しって非常にクセが強いです。DESTROSE「霖 -Rin- / MAZE」の記事でも書いたように、「声」というより「歌い回し」にクセがある。特に力強く歌う時の、語尾のビブラートの効かせ方。浜田麻里もかなりクセの強い歌い方をする人ですが、個人的には、所々でそれよりさらに強烈に感じますね。

そういうタイプの歌い手だからして、正統派HMにはぴったりハマります。インディーズ時代の唯一作であるシングルにも収録されていた③Daybreak⑧Phantasiaはそういう楽曲ですし、アルバム発売に先駆けてフルMVが公開された①Eclipseもしかり。そして、アルバムを締めくくる⑩Scapegoatが同路線での決定打。こいつは凄まじい。蛇石マリナというヴォーカリストに求めるイメージ通りの歌メロと歌唱で、正にこういう曲を求めてました。演奏陣の踏ん張りも見事で、弦楽器隊はかなりキメキメです。素晴らしい! で始まりで締めるというアルバム構成も、ギュッと力強さが凝縮されたようなイメージと統一感を創出するのに一役買っているのではないでしょうか。

で、MVになったなんですけどね、このリードトラックがアルバムの中で一番弱くないですかね?これをMVにしたのは失敗じゃないですかね?…そういう思いがフツフツと湧き上がってくるんです。少なくともウチのブログ的には、剛直さばかりがストレートに伝わってきてメロディが全然面白くない。2番の英詞フェイク風Voのこなれ方はカッチョイイけどねー。でMV作れば良かったのに。
というわけで、既にこのアルバムを購入済みの人にとっては「余計な事言うなよ」って感じの情報ですが(苦笑)、もしMVを見て/聴いて「イマイチかも」って感じてまだ買っていないという、私に近い感性の方にとっては参考になるかもしれません。いざ買ってみて「金返せー!」ってなっても知らねーけど(笑)

しかし⑧Phantasiaは化けたなぁ。シングルVerもなかなか良かったですが、ここで結構変わりました。Drを(打ち込みじゃなくって)Yumiが叩いていることも大きいんですけど、印象がよりドラマティックになってます。緩急の落差も大きく目立ち、弦楽器の聴き応えが増しました。聴き比べしたわけではないので分からないんですけど、曲構成も変わってる? というか、凄み溢れるこのアルバムVer.を聴いた後では、シングルVer.はとても聴けないっす聴いてないっす(苦笑)。

…と書きつつもですね、ワタクシ、先述の「Voのクセの強さ」、これが部分的にはやっぱり苦手でして、「そこまでやらんでもいいのになぁ」と感じるところはアチコチにありますね。という一部楽曲を除いて、ストロング系の楽曲よりはもっと力を抜いた歌唱を聞くことができる曲の方が好みです。

最初1周目を聴いている時、ラブリー組の演奏について、Drは“らしい”プレイがしっかり収められてるなぁ、でも②D.D.C.ではBaソロがあるものの、hibikiの良さがそれほど出ていないか?、とか思ってたら④MOONSTONEでキた!(嬉)
Baバッキバキだ!この曲はイイネ!
非常にバンドっぽい。いや、そもそも「バンド」なんだけどさ。
リズム隊の強靭さがしっかり出ているうえ、隙間のあるどっしりしたメロディなので、マリナの力強さと繊細さ両方を兼ね備えた歌唱が味わえます。歌メロの展開が絶妙だし、英語詞と日本語詞の配分が申し分ないサビでは哀愁が全開になっていて、超好み。Gtソロ後のアレンジはかなり聴き応えありますし、こりゃ凄いわ。キラー・チューン!

続く⑤DEEP-Gがメロハー調の爽やかな曲ながら、これまたしっかり演奏陣にもスポットが当たっていて嬉しいです。サビでスッと力を抜くパートの色気あるVoが◎。サビの最後はちとクドいけどね。

異色なのが、まさかの胸キュン・チューン(?)⑦Waves。この曲が一番好きだわ。ノスタルジックで爽やかな哀愁。こういう、柔和で素直な歌い方でも聞かせられるところがマリナの凄いところよね。だからこそ、「そこまでやらんでもい(ry………ってのはもうやめましょう(笑)
この曲に限った話ではないですけど、マリナの作詞センスはとてもしっかりしてるなぁ、と感心します(←エラソウに)。曲のイメージに即した的確な言葉選びと譜割り。心を鷲掴みにされるようなフレーズがあるわけじゃないんですが(これは相性や感性の問題)、とても自然で良いですね。ただし、この曲の「二人の秘密基地」ってのは一瞬で曲のイメ-ジを決定づける必殺フレーズだと思います。


ということで、中盤~終盤に割と好きな曲があるアルバム。
作曲クレジットは、マリナ:3曲、樹京:6曲、共作:1曲、となっており、最初の方にも述べた通り、曲調としては割と幅広い。ただ、バラエティに富んでいて、アイデアの引き出しも少ないとは感じないんだけど、どこか優等生的で類型をなぞっているような曲作りに感じちゃうのも事実。
この感覚、Gtプレイについてもしかりで、気持ち良いし所々ではスリリングなんだけど、やっぱり綺麗にまとまり過ぎてる感と個性の薄さは感じます。リフもそうですけど、特にソロに顕著で、(例えば)間奏の出口をツインGtのハモリで締めくくる曲が多過ぎるんだよなぁ。

反面、基本は手堅く押さえているな、とも感じるんですけどね。これ、楽曲を取りまとめている樹京の性格が出てるんでしょうかね、もしかして。手堅い出来なので、安定感はありますし、最終的にはマリナの「規格外」のVoが枠からはみ出させるから、バランスは取れてはいます。良いコンビっちゃあ良いコンビなのかも。
狙ったようなロック感の演出があざとい(笑)⑥Hyperflyやバラード⑨Amnesiaも、曲を一段上のレベルに持ち上げてるのは、(曲の良さではなく)彼女の気だるげで妖艶なVoだったり、感情の込め方の巧みさだったりしますから。

個人的には、基本を押さえつつも、ヴォーカル以外の点でもっとぶっ飛んだ意外性が欲しいところ。その点は2ndに期待かなぁ。
贅沢な注文だとは思わないですね。キャリアのある人達だとはいえ、いきなりこれだけのアルバムを出してきましたから。

【お気に入り】
⑦Waves
④MOONSTONE
⑩Scapegoat
⑧Phantasia
⑤DEEP-G

この5曲はかなり気に入ってまでらす。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Metal88  2016, 05. 12 [Thu] 12:08

レンタルで聴きました。
低音から高温までパワフルに歌える、まさに逸材ですね!

SHE-JA の StandProud のような80年代曲の正統派HMのカバーアルバムをだしたら、オッサンたちに結構売れるんじゃないでしょうか?

Dokken , Vandenberg , Alcatrazz , JudasPriest , IronMaiden , Dio , Riot, Queensryche , WASP などなど

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 05. 14 [Sat] 14:35

Metal88さん、

時に歌い回しのクセをそこまで出さなくてもいいんじゃないか?、とは思いますが、ステージングも含めてこのレベルに達している女性HR/HMヴォーカリストってのは同列に語れる人がいないと思います。

前のバンドでロニーSABBATHのDie Youngは歌ってましたね。当然のようにすごくハマってました。カッコ良かったです。あとは彼女のイメージに近いSHOW-YAも。
このバンドになってからはDEAD ENDのSpider In The Brainとか。

Edit | Reply |